カレーは玉ねぎがとけてる派の路地裏聖地、コハルカフェ。

 

どーでもいい野郎とのトークは、
ラーメンの話をふっておけばいい。
親しくなくても、それなりに盛り上がるだろう。

東大のつけめんはどうだ、
天下一品の本店のスープが云々・・・

ラーメン・トークで一頻りの間をつないだ後、
さりげにに私は相手に問いかける。
じゃあ、カレーは、どうよ?

彼は答える。
え、ココイチでいいじゃん?

ア、ウン、ソウダネー、アハハハッ。
しかしそのとき、ならねこの賢明な読者諸君なら見逃すまい。
私の瞳に嘲笑するジョーカーの姿が映っていることを!
おまえの舌はバカなの?死ぬの?w

作り手のポリシーや手間暇が色濃く反映されるのは、
ラーメンよりもカレーである。
ムダに辛いカレーは舌がバカなだけだっつーの。

はい、前置きが長くなりました。
私のカレー、
奈良きたまちの路地裏で見つけました。

 
辛すぎず、
かといってフルーツで辛さを誤魔化すのでなく、
もちろん、きどったホテルのシチューくさいやつでもなく、
ふつーに庶民的で、
しかし「カフェごはん」みたいな雰囲気で逃げるんでもなく、
ちゃんと焼いた野菜をゴトゴト煮込んで、
玉ねぎもトロトロにとけている・・・
そんなカレーが食べたいっ!

はい、どーん。
コハルカフェにて。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前々回の「大仏の背中」、
前回の「カフェ バルドー」に続いて、
この店もきたまちエリアにあります。
だけど、路地裏のさらなる裏にあるので、
かなりの隠れ家です。

まず看板・・・道ばたに、にょこって出てますけど、
まったく目に留まりませんw

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この看板の向こうのさらなる路地裏に・・・え?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この奥にあるんですが・・・えええええええ?
あのー、カフェ バルドーとはまた違う勇気がいるんですけど。
電灯がある、右側の扉が入り口です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし、この試練を乗り越えた暁には、
おしゃれ雑貨とカレーがまっておるのぢゃ。

さあ行くがよい、「とけてる派」の勇者よ。
そなたなら、たどりつけるはずぢゃ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
 

3 thoughts on “カレーは玉ねぎがとけてる派の路地裏聖地、コハルカフェ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください