カメラざっかん@動画AF。

動画撮影時のオートフォーカス(AF)にとても関心がある。これまでスチルカメラにおけるAF性能は、人間離れした合焦スピードが争点だったけれど、ムービーの世界では合焦スピードは遅いほうがキレイに見える。フォーカス移動を時間軸上で表現する以上、そのスムースさも重要な技術要件となっている。そんな観点から、昨日、梅田のヨドバシカメラの二階をうろうろしていた。

オリンパスのE-M1 MK2は高速連写と追尾性だけでなく動画AFもなかなら良い感じだった。合焦までの前半はコントラストで最後の詰めを象面位相差でやってるのだろうか、そこの合焦システム切り替え時にがちょっとカクつく。まあ個人的には許容範囲内だ。手ぶれ補正ばっかり褒められる機種だけど、動画AF性能も地味に優秀である。 

ソニーのα99 MK2は、もともと動画屋だけあって、動画時の追尾性能に安定感がある。しかしF3.5縛りがあって「一眼動画のアイデンティティ的にどうなのよ?」というがっかり感はある。あとタッチパネルだったらなあ。

パナソニックのGH5は動画界のスタンダードだが、一眼動画系プロ機だけあって、そんなにAFに力を入れていない(ような気がする)。そもそも「プロ」とは保守的な世界を意味するのであって、動画をAFで撮影するという発想がそもそもないのだから。こういう「プロ」の既成概念をこわしていくところに、真のイノベーションがあると思う。

キャノンの1DX MK2は、動画機としてまったく期待されていない機種だけど「個人的にはこれしかない」と思っている。デュアルピクセルは動画でその真価を発揮するセンサーだ。もっとも、それだけなら5D MK4でもいいが、地面すれすれで撮ったり、日差しが眩しくてカメラの液晶が見れないような撮影条件では、iPhoneによる遠隔コントロールが必須となる。動画撮影でこれができるのは1DX MK2だけだ(ただし2009年以降発売のレンズに限る)。

キャノンはAF音がガーガーうるさいのが致命的欠点だったが、遠隔から録音・操作できるならそれほど問題ではない。

死ぬほど退屈な動画なのに案外ニーズがある3つくらいの理由。

うううぅ。自分でも退屈すぎて、ついアクビをしてしまう動画をアップしてしまった。カエルの合唱・・・ってゆーか輪唱してる動画ですw 誰得やねん。否、Youtubeはむしろ退屈で良いのかもしれないぞ。

2017年5月現在、ニコ動の時代が終わり、代わってユーチューバーが隆盛を極めているわけだが、恐らくこの状況もそう長くは続かないと思う。これからのネット動画は、「テレビ的なもの」と「それ以外」に大きく枝分かれしていくに違いない。そのとき、現在のユーチューバーたちの素人臭いノリは、ニコ動よろしく中途半端で稚拙なものと見なされるだろう。結局のところ、ネットもテレビ的なコンテンツに進化(退化?)していくのは必至だ。ユーチューバーも極めれば普通の芸能人だし、既存メディアもネットに活路を見出すだろう。

他方、未来のネット動画における「それ以外」とは何か? それはラジオ、水槽、換気扇のことである。ネット動画のもう一つの在り方は、もはやテレビの代わりではない。むしろ声中心のラジオや熱帯魚の水槽に近いものだ。例えば、熱帯魚は積極的に見るものではない。部屋を演出するための、ちょっとお洒落なオブジェである。今やPCモニタは、ラジオや水槽のデジタル版代替機である。このことの意味が分からない人は、YouTube上で”nature sound”と検索すればいい。ただの川の音なのに、ケタ外れの再生数に驚くことだろう。


 

死ぬほど退屈な動画への3つのニーズ。

理由1 「絵の出るラジオ」的な動画
ネット動画はチラ見程度の、ラジオのような「ながら視聴」スタイルが案外多い。その場合、きっちりと内容を詰め込んだ10分動画よりも、だらだらと続く60分トーク番組のほうが都合が良い。実際、YouTubeで音声ファイルのみのトークで有名になった配信者がいる。しかもその内容はデジイチ動画なのにw

 
理由2 「熱帯魚の水槽」としてのディスプレイ
熱帯魚の水槽のように、ディスプレイ上に動画がただ流れているだけでよい、というニーズがある。その場合、エリック・サティの動画版ように、オチもヤマもイミもない、つまらないコンテンツが許容される。もっとも、つまらないなりに、基本内容はポジティブで、ちょっとした癒やし効果などが求められる。漠然とした自然音や環境映像などがこれに相当するだろう。いわば、インテリアとしての「家具の動画」コンテンツである。私のシカ・ムービーとか、どお?

 
理由3  無音こそ、最大のノイズである
無音恐怖症ニーズ。「無音が嫌、不安になる」という理由だけでテレビをつけてきた人が結構いる。無音じゃなければなんでもいいので、換気扇でもよかったりするw 実際、世間ではなぜか暖炉の動画が大人気だ。世界は・・・病んでるw 夏はひたすらかき氷を削る動画あげようかなー。

 

ってなことを考えれば、カエルの輪唱動画なんて、オチはないけどイミにあふれているわけです。そもそも退屈の定義なんて人それぞれだし、いわんや退屈動画自体に一定のニーズがあるわけだから、ださないよりはまずアップしてみんなの反応見て考える方がいいかもしれないな、っと。

消費税やめて通販税導入したらいいかも。

Amazonや価格.comで価格だけみてポチっとしたあとに、ふと気が付く。商品を購入したその販売店が関東であることに。確かに値段は安いし、翌日に問題なく届く。しかし、その商品のためにトラックは東京から大阪、そして奈良まで運んでくる。日本中の消費者が商品の物理的な移動距離を何も考えないで毎日ポチ、ポチ・・・縦横無尽の発注の結果、すでに物流はパンク状態。そして、ここ奈良公園も物流トラックが猛スピードでかけぬけて、世界遺産の杜は排ガスまみれになるわけだ。

ということで政策提言します。遠くの場所から購入する場合、送料だけでなく遠隔地通販税(環境税)を入れたら良いかも。Amazonや価格.comで買うより、ジモトで買った方がお得な状況をつくりだすのが目的だ。小回りの利く中小零細店の面目躍如になるだろう。さらに、ジモトの商圏の再生につながっていくと思う。ふるさと納税とかw 地方公務員なんか親戚の土建屋に金流すことしか頭にないのでダメです。

これまでのITは、物理的空間感覚を麻痺させる形で進んできたけれど、ひるがえって、これからは目の前の「この空間」の質や密の向上に関係してくると思うね。

EF-S/E AF ND・・・うーん・・・。

KIPONのNDフィルター内蔵のコンバーターを使ってみたのだけど、ボケが汚くなるね。

そもそも動画でND使う理由って、開放でボケを見せたいから。

しかし、ND入れてボケが汚くなっちゃうんなら本末転倒だあああ。

残念。。。

彼の耳近くの点光源を拡大。

ブラインドみたいに線が入ってるんだわ。

vlcsnap-2017-03-20-19h16m30s444

修行したぞ修行したぞ修行したぞ@東大寺二月堂。

東大寺二月堂で1000年以上続く宗教行事、お水取り。

選ばれし僧侶たちの厳しい修行に立ち会うことができる。

そして、これをちゃんと撮る側にとっても修行なのです!

もー春なのに、奈良の夜は寒いのなんのって。

しかも三脚が使えないから撮影後は腰が痛いー。

一番迫力のある場所は、三時間前から陣取る必要アリ。

ちなみに私は60分前から待機でまあまあの場所を確保。

ソニーのボディに、チャイナのアダプター介して、キャノンのレンズをはめて撮った。

それって、なにがうれしいのか。要は肉眼に近い撮影が可能になったのだ!

ところで知ってた?

お水取りでフラッシュたいてるバカは寿命が1年づつ縮むんだぜ。