カメラざっかん@動画AF。

動画撮影時のオートフォーカス(AF)にとても関心がある。これまでスチルカメラにおけるAF性能は、人間離れした合焦スピードが争点だったけれど、ムービーの世界では合焦スピードは遅いほうがキレイに見える。フォーカス移動を時間軸上で表現する以上、そのスムースさも重要な技術要件となっている。そんな観点から、昨日、梅田のヨドバシカメラの二階をうろうろしていた。

オリンパスのE-M1 MK2は高速連写と追尾性だけでなく動画AFもなかなら良い感じだった。合焦までの前半はコントラストで最後の詰めを象面位相差でやってるのだろうか、そこの合焦システム切り替え時にがちょっとカクつく。まあ個人的には許容範囲内だ。手ぶれ補正ばっかり褒められる機種だけど、動画AF性能も地味に優秀である。 

ソニーのα99 MK2は、もともと動画屋だけあって、動画時の追尾性能に安定感がある。しかしF3.5縛りがあって「一眼動画のアイデンティティ的にどうなのよ?」というがっかり感はある。あとタッチパネルだったらなあ。

パナソニックのGH5は動画界のスタンダードだが、一眼動画系プロ機だけあって、そんなにAFに力を入れていない(ような気がする)。そもそも「プロ」とは保守的な世界を意味するのであって、動画をAFで撮影するという発想がそもそもないのだから。こういう「プロ」の既成概念をこわしていくところに、真のイノベーションがあると思う。

キャノンの1DX MK2は、動画機としてまったく期待されていない機種だけど「個人的にはこれしかない」と思っている。デュアルピクセルは動画でその真価を発揮するセンサーだ。もっとも、それだけなら5D MK4でもいいが、地面すれすれで撮ったり、日差しが眩しくてカメラの液晶が見れないような撮影条件では、iPhoneによる遠隔コントロールが必須となる。動画撮影でこれができるのは1DX MK2だけだ(ただし2009年以降発売のレンズに限る)。

キャノンはAF音がガーガーうるさいのが致命的欠点だったが、遠隔から録音・操作できるならそれほど問題ではない。

バブル・クリティーク。

東洋経済の特集「バブル全史」を読んでみて、イマイチつまらないと感じた。この「イマイチ」な気分を下記もうちょっと具体化する。

今、30年前のバブルの意味合いは大きく二つある。

  • 一つは「昔の好景気はすごかったんだぞ」という現代とは異質な過去として
  • もう一つは「どこか今と似てないか」という現代と相似した反復の過去として

東洋経済の記事のつまらなさは、あえてこの時期にバブルを語ること=現在進行形のアベバブル検証、を匂わせながらも実質的な記事内容は「昔はすごかった」で終始していた点だ。

だがこの二つのバブルは全くの別物だ。昭和のバブルは、その後の先進各国のライフスタイルを刷新するような商品やサービスが数多く生まれたけれど、アベバブルには何もない。

数値の算出方法を変えて好景気感を演出しているだけで、みんな薄々きづいてるけど、同じアホなら踊らにゃ的道化に興じている。見よ、このアベらしい偏差値低めの数字遊びを!

 

昭和バブルと今回のバブルのもう一つの差異は、バブル崩壊以後の状況にあるのではないか。過去の崩壊では、まだ再起動可能な雰囲気があったけれど、今回のバブル崩壊後は立ち直れないな、と。悲観しすぎか?

死ぬほど退屈な動画なのに案外ニーズがある3つくらいの理由。

うううぅ。自分でも退屈すぎて、ついアクビをしてしまう動画をアップしてしまった。カエルの合唱・・・ってゆーか輪唱してる動画ですw 誰得やねん。否、Youtubeはむしろ退屈で良いのかもしれないぞ。

2017年5月現在、ニコ動の時代が終わり、代わってユーチューバーが隆盛を極めているわけだが、恐らくこの状況もそう長くは続かないと思う。これからのネット動画は、「テレビ的なもの」と「それ以外」に大きく枝分かれしていくに違いない。そのとき、現在のユーチューバーたちの素人臭いノリは、ニコ動よろしく中途半端で稚拙なものと見なされるだろう。結局のところ、ネットもテレビ的なコンテンツに進化(退化?)していくのは必至だ。ユーチューバーも極めれば普通の芸能人だし、既存メディアもネットに活路を見出すだろう。

他方、未来のネット動画における「それ以外」とは何か? それはラジオ、水槽、換気扇のことである。ネット動画のもう一つの在り方は、もはやテレビの代わりではない。むしろ声中心のラジオや熱帯魚の水槽に近いものだ。例えば、熱帯魚は積極的に見るものではない。部屋を演出するための、ちょっとお洒落なオブジェである。今やPCモニタは、ラジオや水槽のデジタル版代替機である。このことの意味が分からない人は、YouTube上で”nature sound”と検索すればいい。ただの川の音なのに、ケタ外れの再生数に驚くことだろう。


 

死ぬほど退屈な動画への3つのニーズ。

理由1 「絵の出るラジオ」的な動画
ネット動画はチラ見程度の、ラジオのような「ながら視聴」スタイルが案外多い。その場合、きっちりと内容を詰め込んだ10分動画よりも、だらだらと続く60分トーク番組のほうが都合が良い。実際、YouTubeで音声ファイルのみのトークで有名になった配信者がいる。しかもその内容はデジイチ動画なのにw

 
理由2 「熱帯魚の水槽」としてのディスプレイ
熱帯魚の水槽のように、ディスプレイ上に動画がただ流れているだけでよい、というニーズがある。その場合、エリック・サティの動画版ように、オチもヤマもイミもない、つまらないコンテンツが許容される。もっとも、つまらないなりに、基本内容はポジティブで、ちょっとした癒やし効果などが求められる。漠然とした自然音や環境映像などがこれに相当するだろう。いわば、インテリアとしての「家具の動画」コンテンツである。私のシカ・ムービーとか、どお?

 
理由3  無音こそ、最大のノイズである
無音恐怖症ニーズ。「無音が嫌、不安になる」という理由だけでテレビをつけてきた人が結構いる。無音じゃなければなんでもいいので、換気扇でもよかったりするw 実際、世間ではなぜか暖炉の動画が大人気だ。世界は・・・病んでるw 夏はひたすらかき氷を削る動画あげようかなー。

 

ってなことを考えれば、カエルの輪唱動画なんて、オチはないけどイミにあふれているわけです。そもそも退屈の定義なんて人それぞれだし、いわんや退屈動画自体に一定のニーズがあるわけだから、ださないよりはまずアップしてみんなの反応見て考える方がいいかもしれないな、っと。

雨の日を、雨の日らしく撮ることの難しさ。

ドラマや映画を見ているとき、雨のシーンで「なんか不自然だなあ、ウソっぽいなあ」と思うことが多い(まあ実際セットなんだろうけど)。プロの世界でも雨の表現はその程度なんだから、素人によるレイニー・ムービーはかなり敷居が高いと思う。そもそも一般ピーポーが、雨の日にカメラを持ち出そうとする時点で狂気じみている。高級機やプロ用カメラだと「防塵防滴」仕様なのが多いけれど「そんな防塵防滴仕様の高級機を雨なんかに濡らしたくないぜ」と思うものだ。庶民はなw 矛盾してるけど、まあ、ある意味でマトモな感覚だろう。

で、ナポリタニスト兼超絶プロシカ写真家であるところのモリマチさんは、雨の日にわざわざ高価なカメラとレンズを担いで、のそのそと奈良公園に赴くわけですよ。しかも写真じゃなくて動画をとるためにね。動画になると「音響面」で飛躍的に難易度が増すんだよ。プロの世界では音声は別撮りが基本だけれど、私の場合は、カメラ内蔵マイクで同時録音です。その場の映像と音場が一体となった臨場感を、同時にかつシンプルに収めたいわけだ。

その際に問題となるのが、自身がさす傘の雨音。下記の動画冒頭、シカの顔アップのシーンで「ボッ・・・ボッ」っていう不自然な雨音が二回ほど入ってます。レインコートに代えても「バタ、バタ」と雨の跳ね返り音が入ってしまう。結局、自然な雨音を記録するには、傘もレインコートも駄目で、バスタオルを頭にかぶって撮ってます(不審者そのものw)。カメラの上にもハンドタオルをかけてます。雨よけだけでなく、カメラのボディ上で弾く雨音を抑制するためです。おばあちゃんの知恵袋っすなあ。

↓これは単にコンデジがずぶ濡れのままで撮ってます。こわれたw