『Dear deer』レビュー。

以前からこのブログでも賞賛していた写真家、佐藤和斗氏のシカ写真集『Dear deer』が発売された。読者は本書を通して、やわらかいトーンで捉えられた奈良公園のシカたちとともに、表情豊かな四季折々をめぐることができるだろう。

これまで、奈良公園を舞台にした写真集は、公園の自然美を不自然なまでに強調したり、園内のシカたちを純粋な野生動物であるかのように捉えたものが多かった。しかし、そのような奈良は、あまりにも神々しく美化されすぎて、個人的にはかえって安っぽく思えてしまうのである。誰もいない朝霧の奈良公園。シカのフンだらけの芝に片膝ついて「おい逃げるなって、お前、ひさしぶりじゃないか、ほら食べな、い、いててててっ! 指まで噛むなって!」という、神秘さと滑稽さが混在する場所、これこそが奈良公園の醍醐味ではないのか。

この意味で『Dear deer』は、比較的身近でカジュアルな奈良公園へと誘ってくれる。もっとも、それは素人の観光客が容易に撮れるものではない。本書における撮影者とシカの距離感は「遠すぎず、近すぎない」パースが多い。そこに絶妙な「間」が存在している。例えば、ヒトに慣れていない野生動物は超望遠で撮るために「遠すぎる」場所からの一方的視線になる。他方、東大寺境内のシカたちは、あまりにもヒトに慣れすぎて、まるで飼い犬を撮ったかのような「近すぎる」写真となってしまう。またシカを玩具のようにおちょくり、小馬鹿にしたような下品な動画もネットに散見される。ヒトとシカの緊張感を伴った共生関係は、そのどちらでも捉えられない。

半野生動物との「間」は「遠すぎず、近すぎない」関係に宿るはずだ。写真家が、北海道のエゾシカでもサバンナのインパラでもなく、ここ奈良公園のシカたちを撮ることの意義は、まさにこの独特の距離感をめぐって、各々の写真家が創意工夫できるという点にある。『Dear deer』がもつパースの「間」は、古典的なシカ写真集に対して、改めてこのことを気付かさせてくれるものだ。

 


ところで、最近の私は、もっぱら「アンチフォトジェニック」な立場をとっている。先の「間」は、写真ではなく動画において、より徹底できるはずだ。それゆえに『Dear deer』に賞賛をよせる一方、私は本書がもつ「止め絵の楽園」に隠顕するフィクションを告発したい。以下の三点の写真への批判は、未来のシカ写真家のためのものでもある。

本書の20ページにシカがウインクしている(かのような)写真があるが、これは止め絵ならではの擬人法である。現実のシカがウインクすることはない。ヤブ蚊がシカの顔付近に近づいて、片目を瞬きさせることはある。しかし、その瞬間を切り取って「ウインク」と解釈させるのは強引であり、演出的にも低俗なものを感じる(他の写真が良いだけに)。

33ページの木陰から片足を上げた子鹿は、明らかに撮影者を警戒した心理状態にある。おそらく、この子鹿はロボットのように硬直した歩みをしていただろう。だが、あまりシカの生態に疎い素人が見れば、その止め絵のシルエットは「絵画的でかわいらしい」と思うかもしれない。一方で、シカを知るものからすれば、それは怯えた子鹿を凝視した写真でしかない。素人を欺すだけの写真ならば、表層的な作品に陥ってしまうだろう。

61ページに霜が降りた飛火野で二頭が仁王立ちして殴り合うショットがある。なぜサブタイトルに「楽園」と銘打った写真集に、わざわざ遣り合う写真を入れたのだろうか。百歩譲って、それが自然の営みのなかで起こった偶発的シーンであるならまだ分かる。しかし、このショットは明らかに人為的なものが介在した結果である。

そもそも、シカは霜の降りた芝など食べない。朝日が差し込んで、霜が溶けた日向の芝で朝食をとるのだ。さらに飛火野のような広いフィールドでは、シカは互いに距離をとって芝をはむので、めったにケンカは起こらない。白銀の飛火野でシカが殴り合うとき、それは撮影者がそこに餌をまいたときだけである。その餌をめぐってシカは争ったに違いない。

 
以上。もし、シカ写真というジャンルが確立されていくのなら、シカ写真家の次回作は以上の点が克服されるべきである。

GPSを付けたシカ。

朝の飛火野で見つけた、GPSをぶら下げたシカ。奈良県が調査している模様。

そういえば去年は奈良教育大がもっと大きな装置でやっていたような。動物虐待にしかみえないんだが・・・。

調査目的が「交通事故の抑制」なら、シカよりも先に速度超過の自動車の多さを調査対象にするべき。この道、制限速度は時速40kmだぞ。人間だって怖くてなかなか渡れないんだからさー。

GW奈良公園、煉獄と天国。

日本は貧乏になった。GWに動物園行く金もないので、安上がりの奈良公園に殺到しちゃうんだ。中国人の方がさあ、良いカメラもってるんだぜ。もーダメだわ、この国。

そもそも、そういう貧乏くさい発想で奈良なんか来ても、満喫できないと思うなー。そんなコスパ乞食どもがゾンビのように群がるGW奈良公園は、もはや地獄の一歩手前の有様です。ああ、大仏様、この煉獄を彷徨う人々を救い給え!あ、仏教に「煉獄」なんてないから無理かw

GW奈良公園、東大寺前【煉獄編】
P5070545

バス代・タクシー代をケチって駅から歩いて東大寺行くから、そこで息切れしちゃうんだよ。ホントばかだなあ。東大寺から歩いて20分先にある若草山に行けば、人も少なくなって、初夏の楽園を満喫できるというのに・・・。

GW奈良公園、若草山南ゲート【天国編】
P5070562

若草山ではカラスですらのびのびしてる。パンのミミもっていくと、カラスとシカを交えてキャッチボールできるぞw ちなみにシカの背後にある建物が大仏殿ね。キャッチボールに疲れたので、ここの南ゲート前にある喫茶店で一服です。雰囲気だけの店かと思ったら、意外にもアイスコーヒーうまかったわ。また行きたい。
P5070567
P5070569

前にも書いたような気もするけど、シカせんべいを買うなら、シカをちゃんと可愛がっている店で買ってあげたいね。このブログのイチオシ店は南ゲート前の「杉本物産店」です。シカが店番してますw 写真集『しかしか』でも有名な店ですな。
P5070570

野生のフジとおはぎ@高畑。

高畑の禰宜道付近の駐車場には野生のフジが群生している。GWの奈良公園の路地裏風物詩です。まあ、動画にしてしまうと退屈なんだけど、実際に目撃すると思わず歩みを止めてしまうほど綺麗だった。公園内の人工的に整えられたフジを見慣れているせいか、大樹に絡みついて空高く咲き乱れる、ちょっと野蛮なフジ(笑)を前にするとちょっと意外な感じがするし、まあ、これはこれで魅力的だ。

ちなみに、駐車場の手前には土日限定で開業しているうらぶれた料理店があって、店先で田楽とかおはぎを売っている。私はここの「おはぎ」が好きだ。老舗の和菓子屋のような上品さはないけれど、ちゃんと作っている感じがする。野生のおはぎ、二個で400円也。

消費税やめて通販税導入したらいいかも。

Amazonや価格.comで価格だけみてポチっとしたあとに、ふと気が付く。商品を購入したその販売店が関東であることに。確かに値段は安いし、翌日に問題なく届く。しかし、その商品のためにトラックは東京から大阪、そして奈良まで運んでくる。日本中の消費者が商品の物理的な移動距離を何も考えないで毎日ポチ、ポチ・・・縦横無尽の発注の結果、すでに物流はパンク状態。そして、ここ奈良公園も物流トラックが猛スピードでかけぬけて、世界遺産の杜は排ガスまみれになるわけだ。

ということで政策提言します。遠くの場所から購入する場合、送料だけでなく遠隔地通販税(環境税)を入れたら良いかも。Amazonや価格.comで買うより、ジモトで買った方がお得な状況をつくりだすのが目的だ。小回りの利く中小零細店の面目躍如になるだろう。さらに、ジモトの商圏の再生につながっていくと思う。ふるさと納税とかw 地方公務員なんか親戚の土建屋に金流すことしか頭にないのでダメです。

これまでのITは、物理的空間感覚を麻痺させる形で進んできたけれど、ひるがえって、これからは目の前の「この空間」の質や密の向上に関係してくると思うね。