DSC01318

チョビチョビでんなあ。

モリマチ:このブログの管理人。生粋のナポリタニスト・・・なのだが最近は味噌バターラーメンにはまる。

チョビチョビ: 奈良公園在住のシカ。鹿せんべいを一束一気にたべてみたいそう。


 

モリマチ前回、幸福の科学をオチにして終わったんだけども、話の続きがしたくてさあw

チョビチョビでんなあ。

チョビチョビ清水富美加さんのことでしょ?

モリマチ:そうそう。あのニュース、チョビチョビはどう思う?

チョビチョビ:まあ、テレビ見ないんで、どうでもいいよ。

モリマチ:まさにそれ!やっぱりね、最近のアイドルが鬱なのって、YouTubeのせいだと思うんだわ。

チョビチョビ:いやYouTubeも見ないから・・・シカだし。

モリマチ:そっか、でもネットじゃおまえたちが大人気だぞ。日本観光といえば奈良公園、みたいな。

チョビチョビ:あっそ。こっち(シカ界)じゃ東大寺でバカ騒ぎする中国人が大人気だよ。

モリマチ:人間動物園の珍獣・・・的な?

チョビチョビ:そう、人間にもいろいろおるねんなあ、って。なんであんな声でかいの?

 

モリマチ:ま、それはいいとして、芸能人にもいろいろおるのよ。清水くんに言わせれば、幸福の科学より芸能事務所の方がはるかにカルトだったわけでしょ。

チョビチョビ:それをいっちゃあ・・・もともと芸能界なんかヤクザな世界なわけで。タレントやる以上、それは百も承知だったのでは?

モリマチ:もちろん、でも、いまや彼女の同世代のトップ・ユーチューバー(素人)が何千万と稼いでいるわけよ。しかもゲームとメイクするだけでいいw

チョビチョビ:なんじゃそりゃ。

モリマチ:でしょう? アホらしくてTVタレントなんかやってられるかって話。彼女がユーチューバーだったらトップは間違いないし、水着の自費出版写真集をキンドルで出せば、何千万の売上げがダイレクトに入る。 もう、そういう時代なんだよ。

チョビチョビ聞けば電通もけっこうな減益らしいし、いまメディアの転換期にいるのかなあ。

モリマチ:そゆこと。

チョビチョビ:でも結局、ネットがテレビのマネするだけじゃないの?

モリマチ:いやいや、テレビでやらないようなニッチな内容をだらだらやる方がウケると思うね。今後は大衆から分衆化していくと思う。

チョビチョビ:清水さんはもうテレビでれないけど、ネットで活躍するのかな?

モリマチうん、幸福実現党の議員としてねw

チョビチョビ:おー、公明党より華があっていいかも!あ、こんな本もでてる・・・

モリマチてめーの信者なんだから、本人に直接インタビューしろよw

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さむい日が続きますねえ。

明日の奈良公園も雪らしい。

今日の早朝に撮った雪シカ動画は未編集。

近日中に、また。

みぞれっぽい雪だったのでOM-Dがずぶ濡れでしたよ。

防塵防滴ってやっぱり、めちゃ大事な性能だと思ふ。

ソニーなんか防塵防滴に「配慮」だもんなあ。

なんだよ、その役人臭い言い訳わw

使い勝手はソニーがいいんですよ。

動画ではピント拡大を多用するからね。

ところで、ソニーのEマウントにあの伝説のSTFレンズが発売される。

どうやら桜には間に合わなさそうだけど、たぶん買うな。

DSC01232

つれづれ日和。

雑感です。

auのWiMAX2+の速度制限が三日3GB縛りから10GBへと緩和された。

いとうれし。もうね、家の光ファイバーとiPhoneを解約しようと思ふ。

あ、最初からしてなかったやw

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これでキッズたちのネット動画シフトが加速するらむ。

そしてテレビと共に電通もオワタなり。アーメン。

先週号のプレイボーイの表紙と裏表紙に末法の兆しを垣間見ん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アイドルネタと放射能w

あやしいお魚、トンキン湾。

た べ た ら 死 ぬ で 。

そして裏表紙は懐古厨ムック

あわれ今やこの国は、過去の思い出のみを貪る餓鬼道なり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

共同幻想っていうのは「それ、幻想だよ」と教えても、

かたくなに幻想をシェアしつづける愚民によって維持される。

ディックの『時は乱れて』は、(深読みすれば)そういう社会心理を描いているんだぜ。

パニックにならない、というパニック。

ま、これをネタにした『トゥルーマンショー』はしょーもない映画です。

誰もがYouTuberになってつまらん人生を公開している我々の社会の方が

あの映画よりもキチガイじみてるぢゃねーかw

嗚呼、やんぬるかな。

『トゥルーマン・ショー』の街並み。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カメラ雑誌のシカ写真について思うこと。

本屋でカメラ雑誌をぱらぱら立ち読みしていると、

奈良公園のシカ写真が散見される。

しかし私は、それらの写真にイマイチ納得がいかない。

編集は東京の連中だから、奈良公園のことがよく分かっていないのだろう。

例えば、まるで「もののけ姫」にでてきそうなそのショットは、

実は真隣が国道で、ひっきりなしのトラックの騒音で興ざめな場所だったりする。

そもそも奈良公園内のシカを大自然っぽく撮ること自体、ちょっとうさんくさい。

そんなもの、東京の田舎者はだませても、奈良市民にとっては白々しいフェイク写真でしかない。

大自然のシカを撮りたければ北海道か海外に行けばよいのだから。

奈良公園のシカは人間社会と折り合いを付けて生きるという、世界的にもたぐいまれな習性を獲得した動物だ。

この事実をどう切り取るのか、が写真家の腕の見せ所だと思う。

 

他方、SNSの写真にありがちな、シカを玩具のようにして小馬鹿にしながら、

強引にシカとの自我撮りをしてる素人写真にも興ざめである。

シカを小道具にしか思っていない。歪んだナルシズム。

そういう思いやりのない、自己中心的な撮り方をする人間は、実はシカだけでなく、人間相手にもそういうことをやるんじゃないか。

たぶん無意識的にやっている。

奈良公園のシカの撮り方が、その撮影者自身の人間性を写しだしてしまうのだ。

さすが神の使い。ただの天然記念物では、ない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リアルな経済学と+αの好奇心。

投資で大もうけした人って、どんな本を読んできたんだろう?

尋ねてみると、投資で大もうけした人が書いてる本を読んでいたw

経済学や心理学といったマジメで権威のある学術書が挙がることは全くない。

実際、アメリカの金融市場が理数系とプログラマーで占められてるんだから、

はは、そりゃそうだ、文系のカビ臭い屁理屈が役立つわけない。

私の知る限り、投資で大もうけした経済学者なんかいない(いたら研究者なんか辞めてる)。

でも、そういう実践的な投資テクニックに目を奪われて、

教養や好奇心といった、いわゆる「人生のヘッジ」を蔑ろにしていると、

任天堂みたいな「夢」だけで成り立ってるような企業の価値を推し量れないないのも、また事実。

そういうところに素人投資家の付け入る隙があるな、と思ふ今日この頃。