失われた〈にゃごや〉を求めて。

名古屋童貞だった私が、この街のことをとやかくいう資格は無いんだけど、まーとにかく小綺麗な街だなあというのが第一印象。ぎゅっと狭い区画にいろんな大型店がつまってるからショッピングが便利だ。今回は栄に泊まってみた。

東京第一ホテル錦は安くてちょいボロだったけど、ビジネスホテルとしてはかなり良かったぞ。※下の写真は名古屋駅前。

しかしまー名古屋は百貨店多すぎw 経営は大丈夫かー??いや、この消費社会ガラパゴスを維持できるほど、トヨタマネーは強大なのだ。それゆえに2030年、名古屋が、放射能まみれでスラム化した東京にとってかわって首都になるのか、それとも日本のうらぶれたデトロイトになるのかは、トヨタの電気自動車の出来具合にかかっているね。未来は、案外、電気自動車ですら、ないかも。

まあ大阪御堂筋にそっくりな栄の百貨店街なんか珍しくないので、そこから一駅南にある大須商店街をさんぽしてみた。京都で例えると新京極みたいなところか。高級オーディオ店が点在してるところは大阪の日本橋っぽいかも。この下町でザ・名古屋っぽいものを探して彷徨ってみた。

・・・うーん、でも名古屋っぽいもの、あんまりないねえ。スーパーポテト、讃岐うどん屋、ドトール・・・百貨店文化が画一的な金太郎アメなのは仕方ないにしても、サブカルチャーや下町までが没個性的なのは観光しててもつまんないわけよ。もっと、にゃごやを! 

ところで名古屋人に言わせると「大阪人は下品でドギツイ」ので大阪はキライっぽい。その割に京都は好きっぽい。だけど、大阪人が名古屋の街をみたら「ツッコミどころ多すぎやなw」と嗤うポイントは結構あるかも。萬松寺の白竜とか。 ネタかマジかわからんw そしてこれ、マジらしい。

新世界のビリケンみたいなネタ宗教ちゃうんか!みたいな。撮影中の私↑は、一体何が起こっているのか、わからないまま通り過ぎていくのでしたw はあ、しんど。松屋のアイスコーヒーおいち。

消費社会ガラパゴス、名古屋。

はっ、と気がついたら、私は縁もゆかりもない名古屋にいたのです。パニックになった私は、とりあえず落ち着くために味噌カツを食べました。おい!タレは自分でかけさせてくれ…(かけすぎ!)

ああああやっぱり私は関西人なのですね。ダシ醤油文化圏の私には味噌カツはドギツイw 味噌に蝕まれた体を救うため、松坂屋の喫茶コーナーでケーキとコーヒーを流し込みました。

眼下に広がる下層界では奈良のバサラ祭り的な?パフォーマンスで賑わっております。でも、奈良とちがってなんか下品でヤンキー臭いぞw

名古屋街並雑感。栄は商圏が狭いのに百貨店だらけだね。かつて私は「いまの日本は消費社会からコスパ至上主義の少費社会へと転換した」と言ったけれど、名古屋・栄はいまや稀少な消費社会ガラパゴスだと思う。

その背景には当然トヨタマネーの恩恵があるんだろうけど、それゆえにトヨタがこけると一気にここは日本のデトロイトになるだろう。また、分かりやすい大型資本がぽんぽん区画に立ち並んでいるだけで、個性的・独創的な個人商店が街並を彩っていない点も街のポテンシャルの低さを示している。

個人店による街の文化的多様性が失われた場合、画一的な商品やサービスの椅子取りゲームになってしまう。だから、名古屋駅(高島屋)バーサス栄となった場合「もう駅前のショッピングとamazonでいーじゃん」となり、実際栄は苦しくなってきているんじゃないかなあ。

秋葉原のユリカモメ。

マルゼンのハヤシライスが食べたくなったので、

ふいに東京に行ってきた。

年越しハヤシライスです。

そうだ、マルゼンでハヤシライスたべよう@東京駅。

早朝のアキバを散歩していたら、人なつっこいユリカモメたちがいた。

OSMO + RODE VideoMicroで撮影。

撮影地の昌平橋は、ミドリ色のピンの場所です。

そうだ、マルゼンでハヤシライスたべよう@東京駅。

なにゆえに、私は東京駅に立つのか。

そうだ、かの本屋の「あの」ハヤシライスが食べたかったのだっ!

そうにちがいあるまいて。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

砂糖なんかも粋でしょ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雨の東京駅をぼーっと見下ろしながら食べる

ここの高級ハヤシライスは格別ですなあ。

梶井さんのレモン爆弾が起動する前に、ぜひぜひ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Tokyo_Red@AKIHABARA.

ここ三年、秋葉原を定点観測しているけれど、

もう、東京に来てもなんも欲しいものがないね。

秋葉原に来ても、ちっとも未来を感じない。

ここはもうただのサブカル闇市だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メイドさんの質が落ちたような気がする。

金沢ゴーゴーカレーに入ったら、

日本人店員が一人もいない。

アジアのいろんな言語が厨房でとびかう。

肌寒い早朝からイベントに行列をなすおっさんどもをみて、

なぜか夏休みにみたウォーキングデッドを連想してしまった。

ストリートのはずれにフィギュアを飾る神社があった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジョークかな、と思ったらマジの神社だった。

末法、ここに極まれり。

大地震が起こる日も遠くはないな。

東京、赤信号。