レトロモダンなスタバ@JR奈良駅。

この旧駅舎、JR西は駅改築時にぶっこわそうとしたんだけど、地元住民の猛反対にあって、なんとか保存されることになった。結果的に、殺風景なJR奈良駅周辺は、この旧駅舎のおかげで観光地のメンツを辛うじて保っている。

で、いまいち使い道のなかったこの旧駅舎に、今日スタバがオープンです。正面の喫茶ラインゴールド、やっていけるかなあ、って振り向いたら、もう看板なかった・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

AKIRA 2020.

 

今日は台風で、良い写真など上げられませぬ。今日のニュースで注目すべきは、近鉄奈良駅の啓林堂書店のツバメが巣立とうとしていたことです。

向かいの電線まで飛べるようになった子ツバメが、まだ飛べない兄弟にエサをやるフリをして遊んでいた。親のマネをして遊んでいるのか、単に兄弟をからかっているのか、よくわからないけれど、書店を出てそれを見た瞬間、思わず吹き出してしまった。その時、ふと正面をみると女学生も、巣を見てにっこりしている。お互い言葉はかわさなかったが、微笑でその発見を分かち合う。


 

なんつーほのぼのした話題はさておき、陰気な話をば。新国立競技場のデザインが白紙になったそうな。外務省のみならず文科省の役人も、アベっちにブチギレだろうねw 役人がどういう復讐の仕方をするのかは夏休みの観察日記にしよう。ゼネコンはむしろほっとしているよね。だって、すでに旧競技場ぶっこわしてるし、フツーの建物を建てるお仕事がもらえるんだから。日本人に前例の無いイノベーションはできません。

でね、ザハのデザインなんだけど、↓これの後半に出てくるCGアニメ自体はすごく好きです。とくに音楽がwwww。だれが作曲したのかなー。TR808を上品に使う作品って少なくなったじゃない。だから新鮮。まあ、作者がだれであれ、やっぱAKIRAを意識しちゃうよね。

ザハのプレゼンは、自動車のデザインで例えると、エンジンの仕組みや燃料の概要も語らないで、ボディ・デザインだけを優雅に語るようなもので、建築工学的・社会工学的にも低レベルのプレゼンだったと思う。

あの会場、8万人収容ですよ。私はガワのカタチよりも、トイレの存在の方が気になります。さらにCGでも露呈しているけど、観客はフィールドが遠すぎてほとんど競技がみれないね。スクリーンの位置とかはどうなのよ? 8万人もいれば、彼らの移動だけで発電できそうだけどね。そういうエコシステムやWiFiでの案内掲示の在り方はどうなるんだろう。

ザハおばちゃんは日本の夏を知っているのかなあ。あの開閉式の屋根、ゲリラ豪雨やスコールで雨漏りするよね。ぜったい「くぱー」ってなって、おもらししちゃう。なんぼなんでも屋根のトップが凹んでたらダメでしょw 東京という都市自体が会場なんだっていう政策のほうが国際的にも評価されると思う。ここで指摘したことは、今後どんなデザインを採用したって突き当たる課題だ。

オーガニック・デザインについて。大阪環状線の大正〜弁天町間で、窓のなかに京セラ大阪ドームがちらっと見えるとき、私はいつも内心当惑してしまう。なんか、本能的に「ぞっ」としてしまうのだ。曲線で構成されたデザインは、本当に「オーガニック」なのだろうか? 実際の自然や生命は、もっと複雑で、曲線ですらない。均整がとれすぎたオーガニック・デザインは、人間のデザイン感覚に適合しない。ニューバランスのスニーカーで言えば、私は最新の流線型990よりも直線的な998のほうが好きだし、歩いても実際しっくりくるんだけどね。

クイズ、大阪のアーケード。

 

ここ、どーこだ?

その1。
千日前商店街北側

その2。
千日前商店街南側

その3。
難波センター街商店街

その4。
天神橋筋商店街

その5。
天満市場

その6。
P4160699

———————-
いや、実際に写真を編集していて、これどこやったっけ???ってなったものだから(笑)。店をみても場所がわからない商店街ってどうなんだろう・・・。「あ、ビックカメラあるから千日前やん」っていう個性もちょっと悲しい。意外とアーケードの天井は個性があるんですよね。アーケードは商店主のみんながお金を出し合ってつくるので、商店街の結束力の象徴だったりします。で、千日前南側のアーケードがしょぼいぞw てっかアプリ「イククル」ってなになに? また出会い系GPSアプリ?

答え。
1千日前商店街(北側)
2千日前商店街(南側)
3難波センター街商店街(まどろっこしい名前w)
4天神橋筋商店街
5天満市場(冒頭もそうです)
6ミラノ・ガレリア(だって大阪と姉妹都市だし・・・)

建築とわびさび。

 

観光ガイド本がつまらないのは、記事の内容が食べることばかりだからだと思う。その町の建築家の声や思想で、街を語っても面白いと思うんだが。メンテ中に「町記者」の話をしたけれど、「町建築家」は事実存在する。にもかかわらず、なかなかこの人たちにスポットがあたらない。ならねこは、そういう方向性も模索したいなーと。

さて今回は、奈良の建築を、その構造や形だけでなく、色彩やテクスチャーという観点から見てみよう。下の写真は、トイカメラLC-Aでマジメ撮った、興福寺の五重塔です。おおジャパーン、心のふるさーと、伝統を感じさせますな。

0019

でも、これができた当時の建築はこんな色じゃなかったはずだ。柱はバキバキの朱色と白壁で、青空と緑を背景にものすごくキラキラしていたんだ。たぶん。ひょっとしたら、予想以上にもっとケバく、ギラギラだったかもしれない。

私たちがあるものを指して「伝統的である」というとき、それが単に古いというだけでなく、その時代から現在にいたる過程それ自体が、「伝統」に関する私たちの美意識に多分に影響を与えていることも認めなくてはならない。

一言でいえば、この五重塔は修復作業を何度も重ねているにも関わらず、柱は朱色に塗り直さないのはなぜだろうか。私たちの美意識がそうさせるのだろう。だが、その美意識もまた歴史的産物だということには、案外疎いのだ。

室町に再建されたこの五重塔を見るにしても、江戸時代に芽生え、明治で形式化された「わびさび」というフィルターを介して、「伝統」を認識している。他方、来月から公開される宇治の平等院は、まっさらのサイケデリック建造物として「伝統」を誇示することだろう。これもまた先行き不透明な現代の末法思想から生まれた、一つの表象だといえる。

OSK201307090206

枯れたものへのあわれは、近代建築ですら意図せざる結果として起こっている。例えば、片山光生の奈良県庁やその隣の文化会館は、当時は真っ白だったと思う。それが、金のない奈良県の放置プレイ的建築保全活動のおかげで、当時の姿のまま残っている。しかし同時に、壁面はかなり汚れてボロボロだ。

文化会館のコンクリート
000020

奈良県庁
0021

でも、これをダメージや「風化」WEATHERINGとしてではなく「風合い」として考えることもできる。いまさら、真っさらな平面に戻されても、なんか違うような気がする。さっき言ったように、「伝統」とはそういうものだからだ。

これに関して、「白の建築家」として知られるルコビジェは、インドのチャンディーガルでの建築において、気候や風土を考慮して最初からわざと荒いコンクリートをしたという。そのような建築は、まるでジーンズのように、時間と共に成長し、終わりなき「仕上げ」FINISHを竣成させるのだ。

 

参考:モーセン・ムスタファヴィ&デイヴィット・レザボロー『時間の中の建築』鹿島出版会、2800円。

奈良と東京の接点、あるいは・・・

 

あの鹿のいる公園の前の白い建築。奈良県庁です。高度経済成長期の近代建築の見本例ですね。みんな勘違いしてて、あのデザインから東大の丹下健三の建築だと思っている人が多いんだけど、違います。丹下健三は香川県庁です。じゃあ、誰かっていうと、片山光生です。奈良にこの人の建築が多いんですが、アカデミズムというより役人サイドの建築家なんでしょうか。一冊だけ彼の本がありますが、絶版で手に入りません。また手に入ったら記事にします。

000037

000040

000025

ちなみに、片山光生の超有名な施設は、東京オリンピックの国立競技場です。次期東京オリンピックでUFOになっちゃいます。奈良と東京の、そして希望に満ちた過去と暗雲立ちこめる近未来の意外な接点でした。下の地図のストリートビューでトラックに立てます。んん誰得w

80f34216