如是我聞2016。

 

雑誌コーナーで『Pen』を読んでみる。なぜか世界遺産特集だった。もうネタがないんだろうなあ、そろそろ休刊かなあ。なんて思ったり。庶民は貧乏になりすぎて、いまや一点豪華主義にすら走れない。だから、物欲ロマン主義系雑誌は、編集方針の転換を余儀なくされている模様。しかしそーゆーのは『一個人』や『サライ』とかぶるんですよねえ。南無。

世界遺産だか聖地巡礼だか知らないけれど、そんなもんより自身の生活圏についてもっと関心をむけるべきじゃないかな。全然興味ないでしょ。清水寺で団子たべたいでしょ。

例えば、いままで綺麗だった川の水が汚れてきたとする。農耕社会なら、それは自分たちの作物への影響を危惧して、街の誰もがその原因を探ろうとするだろう。だが、現代のサラリーマン化=脱空間化した社会では、生活世界の諸問題は他人事となってしまう。ダレカ、ガ、カンガエレバ、イインジャナイ?

 

私たちは没場所性という、クールな無間地獄を営んでいる。

高浜が再稼働するらしい。他人事のような報道、否、報告か。原発屋に舵を切った東芝が破綻した主要因は、他でも無い3.11だ。東電の社員たちがのうのうとボーナスをもらうなか、東芝は首切りまくったあげく会社自体が消えて無くなろうとしている。シャープがこけた背景も、経産省が太陽光発電のサポートを打ち切ったからだ。自然エネルギーの台頭は、原発の存在意義を危うくさせてしまうからだ。この国ってさあ、官僚が率先して売国やるんだもん、そりゃあ、スパイなんかいらなよねw

高浜がイッちゃったときのシミュレーション、改めて挙げときます。川の流れは、そのまま大気の流れでもある。ちなみに私、シュピーゲルとスイス気象庁の放射能プルーム・シミュレーション結果を1年間もウォッチしてました。その上で言いますね。放射能は高浜から琵琶湖を経由して京都・滋賀・大阪・奈良・和歌山を確実に覆います。

eee

ピエリ守山はこの先生(ry@滋賀。

 

あのピエリ守山が復活した。ここから眺める琵琶湖が絶景らしい。誰もいないショッピングモールで琵琶湖を眺めるなんて、めっちゃステキやん。いつかキミとピエリ守山・・・なんて思っていたら閉店がらがらー、そんでもって昨日復活して初日5万人いらっしゃいましたんだってよ。

Cursor_と_ピエリ守山「廃虚」から再生なるか ネットで話題、初日にぎわう___京都新聞

店舗構成を見てみる。ふむ、ここは自動車でしかこれない場所なのに子供向けのブランドが多いな。さて、ほんまに大丈夫なんだろうか。

Cursor_と_フロアガイド___ピエリ守山

温泉+アウトレット+ポケモン(ジバニャン?)の組み合わせのほうが滋賀県民にはウケたかもね。あえて公式HPの地図を引用するけれど、おごと温泉に近いんだね。で、最近の雄琴もイメチェンを図っているそうな。

map01

雄琴までくるエロおっさん連中をターゲットにした、滋賀の地酒バーみたいなものがあってもヨカッタかもしれない。或いはまっとうな温泉街として復活しつつあるなら、守山は滋賀県民以外の集客を期待できたはずだ。
Cursor_と_【若手記者が行く】「特殊浴場と共存」は昔の話、旅館2代目たちが「脱風俗」のイメージチェンジに奮闘する「おごと温泉」の“今”(1_4ページ)_-_産経WEST

余談だけど、WEARというファッションアプリが流行っている。なぜか? もはやファッションは通販が主流だからだ。そして現在、東京と地方のファッション格差はゼロになっている。全国の若者達は、ZOZO化したモードの体系のなかでフラットにつながれる。であるからして、GUとかH&Mなんか今更リアル店舗で買うもんなの? まあ、おじさん、その辺わかんないけどさ。

「クリーンな廃墟」という呼称は、なにもピエリ守山だけのものではない。そもそも何処にでもあるようなチェーン店でしか構成できないモールがすでに「クリーンな廃墟」なのではないか?

八幡堀@滋賀

 

 

こんにちは。
ずいぶんと寒くなってきましたね。
前回は滋賀県の特産品をご紹介しましたが、
今回もその続きをさせていただきます。
安土城のある、
滋賀県近江八幡市にあるお店です。

watayo

「和た与」のでっち羊羹とうゐろ餅です。
ところで、丁稚羊羹はご存じですか?
私たちにとっては一般的ですが、
主に近畿地方で食べられているようです。
関東出身の父によると、こちらに来るまで
知らなかったそうです。
「丁稚」という名前ですが、本来の羊羹とは
工程が簡素化されているようで、その意味で
「半人前」という意味の丁稚と、
安価であるためにお店に入ったばかりの
丁稚さんでも買えるという意味での丁稚
の二つの意味が重なっているそうです。
Wikipediaによる)
近江商人が有名だということもこの名前の
由来に関係しているかもしれません。

右側の竹の皮に包まれている方が
でっち羊羹で、あっさりとした小豆の味で
パクパクと口に入っていきます。
私は小さいときから、このでっち羊羹を
見るとなんだかわくわくしていたことを
覚えています。
今回も久しぶりに食べましたが、期待を
裏切らない味でした。

左側のうゐろ餅ですが、抹茶ういろうと
白ういろうです。
抹茶のほうは抹茶の味がしっかり、
白いほうは食べ応えのある甘さでした。
小学校の調理実習を思い出し、
懐かしい気分にもなりました。

そんな近江八幡市ですが、以前紹介した
安土城の他にこんな観光名所もあります。

hasi

豊臣秀吉の養子である秀次の居城であった
八幡山城を中心として堀と古い町並みが
残っています。
現在は滋賀県を代表する観光地の一つと
なっています。
現在放送中の「ごちそうさん」でも
ロケ地となっていましたし、
各種時代劇にも数多く登場しています。
この写真では3連休最終日の
夕方ということで人はいませんが、
土日の昼間ともなれば観光客で堀の
遊歩道がにぎわいます。

baumu

そんなにぎわいに一役買っているのが
バウムクーヘンで有名な
クラブハリエです。
また、年に一回左義長祭りという大きな
お祭りが行われる日牟禮八幡宮も
近くにあり、ぶらりと歩きながら
目もお腹も満たせるようになっています。

また、瓦作りが盛んであったことを
記念して「かわらミュージアム」が
建っています。館内は撮影禁止でしたが、

kawara

入り口までの通路には一面に
瓦が埋め込まれています。
館内は瓦作りの歴史や概要、
日本/世界の瓦が細かく
説明されています。
そしてミュージアムの一角では瓦の
製作体験もできるようです。
陶芸の体験はよく聞きますが、
瓦を作る体験なんていうのは珍しいですね。
建物の中では脇役に感じることの多い
瓦ですが、ここに来るとそんな考え方も
変わると思います。

これからさらに寒くなり、
雪も降ってきますが、雪景色も
また一興です。
ぜひ一度お越しください。

 

和た与
滋賀県近江八幡市玉木町2-3
でっち羊羹3本 780円
うゐろ餅小 500円

近江八幡市立かわらミュージアム
滋賀県近江八幡市多賀町738-2
09:00~16:00 大人300円

郷土のうまいもの@近江

 

こんにちは、gooseです。
お正月もあっという間に過ぎ、もう1月も
11日となりました。

これまで私の地元・滋賀県の名所旧跡を
ご紹介してきましたが、今回は
名物食べ物を何点かご紹介したいと
思います。

まずはじめが

ioj

滋賀県・草津市のうばがもちやから
「うばがもち」です。
一口サイズのお餅をこしあんで包んであって
構造としてはちょうど伊勢の赤福と
同じようなものです。
東海道五十三次の五十二番目の宿場町である
草津宿の名物です。
商品付属の説明書きによると、
ある近江の武将が織田信長に滅ぼされた。
その中には3歳になる子どももいたが、
その武将は乳母に後のことをまかせた。
その乳母は郷里の草津で餅を売って
養育費とした。
そして江戸時代となり、
徳川家康の知るところとなり
近松門左衛門や歌川広重、葛飾北斎などの
当時を代表する文化人に取り上げられ、
草津名物として定着した
とのことです。

試食してみたところ、あんこ・お餅ともに
柔らかくて食べやすく、その大きさとも
相まってポイポイと口の中に運んでしまう、
そんな味です。

そしてお次が

rtg

滋賀限定チロルチョコfeat.ひこにゃん
です。
箱がおなじみチロルチョコの形をしていて、
滋賀県で有名な琵琶湖・ビワコオオナマズ・
彦根城が描かれています。
滋賀限定ということと、この絵を見て
何味かと思いますが、中身は普通の
ミルク味チロルチョコです。
無難な味にしてよかったのか、
滋賀県独特の味にしたらよかったのか、
悩めるところですね、、、

そして最後がこちら

gb

鮒ずしです。
鮒ずしを少しでも知っている方なら、
「あ、あれね…」
と苦笑いされたかもしれません。
これの特徴はなんといっても
その臭いです。匂いではありません。
この箱の裏面にも「臭い」
と書かれています。
発酵して作られるものなので、
発酵臭、つんとした臭いです。
私もこの臭いから今まで
食べたことがありませんでしたが、
この記事を書くにあたり少し
つまんでみました。
が、やはりクセのある味で、
私には合いませんでした。
好きな人は好きなんだろうという
味です。

ghnbty

このように子持ちのものが
おいしいらしいです。
食べ方はいろいろあるようで、
スライスしたものをそのまま食べるほかに、
雑炊やお茶漬け、お吸い物などに
使えます。
鮒ずしの味がしみ出て絶妙な味になる
そうです。
以前は各家庭で作られていたそうですが、
手間のかかる作り方、原料となるニゴロブナ
(琵琶湖の固有種)の減少によって
価格が高騰していて、1尾1700円程でした。

ここで紹介した商品は、
すべて冒頭の写真に写っている
三井アウトレットパーク滋賀竜王内にある
「湖の駅 滋賀竜王 おいしやうれしや」
で購入しました。
ここには滋賀県の特産品が
たくさん売られていて、何回か前に
紹介した織田信長ゆかりの和菓子も、
びわいちのお菓子もありました。
他にもお酒や近江牛、ひこにゃんの
ぬいぐるみまで揃っています。
ちなみに、以前ご紹介した琵琶湖大橋の
道の駅内にあるお店もこの系列です。

アウトレットであれば県外の方も
くる機会があるかと思うので、
お買い物ついでにぜひお立ち寄りください。

三井アウトレットパーク滋賀竜王
滋賀県蒲生郡竜王町大字薬師字砂山1178-694

うばがもち
18粒入り750円
チロルチョコ
30個入り840円

午にちなむ神社仏閣@滋賀

 

 

みなさまあけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

初詣にはもう行かれましたか?
今年は午年ということで、
去年末ではありますが
午にちなんだ神社・お寺に 行ってきました。

はじめは、滋賀県東近江市の石馬寺です。
この石馬寺という寺の名前は
聖徳太子がこのあたりを訪れた際、
馬を木につないで山に登ると、
風光明媚なところに着いた。
感動して下山すると、その馬が
そばにあった池に沈んで石になっていた
との伝説に由来しています。

lk;

中央に見える細長い石が馬だと
いわれているものです。
ここから石段をあがり、寺本体を見れば
聖徳太子が作ったとされる馬上の像や、
合掌している像などを見ることができます。
私はここを久しぶりに訪れましたが、
こんなところだったかなーと
少し拍子抜けしました。

続いて2カ所目は、
隣の近江八幡市にある賀茂神社です。

gjhm

ここは、天智天皇の時代に日本最古の
馬の牧場があったそうです。
その後聖武天皇が陰陽道を用いて
幸せな国を作りたいとこの地に神社を
創建しました。これが今の賀茂神社です。
牧場の跡地に立っているということで
馬との関わりが深く、「馬の聖地」とも
呼ばれています。

tdhnb

そして今年は午年ということでこんなものが
飾られています。

yuf

馬が9頭で
「うまくいく」

 

さて、近江八幡市には「赤こんにゃく」
というかわったこんにゃくがあります。
なんでも、近江八幡の人とって、
こんにゃくは赤いのが常識らしく、
一般的な黒いこんにゃくを見たときには
驚くそうです。

kon

なぜ赤いのかですが
派手好きの織田信長がそうさせた
近江商人が他との差別化を図った
などと諸説あり、はっきりしたことは
わかっていません。

味は黒いこんにゃくと一緒ですが、
写真の赤こんは味付となっており、
醤油をベースとした甘辛い味です。
近江八幡市内のおみやげ屋には
だいたい売っていると思います。

そして、その変わった見た目から
京都や大阪の百貨店でも
見かけることがあります。
話のタネに、おひとついかが?

石馬寺
滋賀県東近江市五個荘石馬寺町823
09:00~17:00 500円

賀茂神社
滋賀県近江八幡市加茂町1691

それではみなさま、
今年も万事うまくいきますように。