如是我聞2016。

 

雑誌コーナーで『Pen』を読んでみる。なぜか世界遺産特集だった。もうネタがないんだろうなあ、そろそろ休刊かなあ。なんて思ったり。庶民は貧乏になりすぎて、いまや一点豪華主義にすら走れない。だから、物欲ロマン主義系雑誌は、編集方針の転換を余儀なくされている模様。しかしそーゆーのは『一個人』や『サライ』とかぶるんですよねえ。南無。

世界遺産だか聖地巡礼だか知らないけれど、そんなもんより自身の生活圏についてもっと関心をむけるべきじゃないかな。全然興味ないでしょ。清水寺で団子たべたいでしょ。

例えば、いままで綺麗だった川の水が汚れてきたとする。農耕社会なら、それは自分たちの作物への影響を危惧して、街の誰もがその原因を探ろうとするだろう。だが、現代のサラリーマン化=脱空間化した社会では、生活世界の諸問題は他人事となってしまう。ダレカ、ガ、カンガエレバ、イインジャナイ?

 

私たちは没場所性という、クールな無間地獄を営んでいる。

高浜が再稼働するらしい。他人事のような報道、否、報告か。原発屋に舵を切った東芝が破綻した主要因は、他でも無い3.11だ。東電の社員たちがのうのうとボーナスをもらうなか、東芝は首切りまくったあげく会社自体が消えて無くなろうとしている。シャープがこけた背景も、経産省が太陽光発電のサポートを打ち切ったからだ。自然エネルギーの台頭は、原発の存在意義を危うくさせてしまうからだ。この国ってさあ、官僚が率先して売国やるんだもん、そりゃあ、スパイなんかいらなよねw

高浜がイッちゃったときのシミュレーション、改めて挙げときます。川の流れは、そのまま大気の流れでもある。ちなみに私、シュピーゲルとスイス気象庁の放射能プルーム・シミュレーション結果を1年間もウォッチしてました。その上で言いますね。放射能は高浜から琵琶湖を経由して京都・滋賀・大阪・奈良・和歌山を確実に覆います。

eee

No,1のイルミネーション@三重

 

冬、といえばきれいなイルミネーションを見たくなりませんか?

クリスマスシーズンはもちろんのこと冬の寒い季節の間はイルミネーションがきれいに見えます。

そこで今回は三重県のなばなの里をご紹介します

三重県、田舎だからと侮るなかれ!

なばなの里は2013.2014.2015年において夜景観賞士4,300人が選んだイルミネーションランキングで堂々1位

さらにYahoo!トラベルで閲覧数ダントツNo,1になったのです!

20141207yahoo_03

すごさが多少は伝わったと思います。笑

さて、今回は車でなばなに訪れました。

車以外のアクセスは電車とバスですが、冬の時期は規制がかかっているのでサイトをチェックしてみてください。

車で近づくと看板が。
P1120866-e1453192315996

 

シーズンということもあり車の数もすごいです。

ちなみになばなの里は12月、1月がピークで11月は意外とすいているのでおすすめです。

12月、1月は早めに駐車場に行かないと満車ということも、、お気を付けて!

さぁ、いざ向かいます。
P1120869

 

入口です。
P1120870-e1460241223529

 

入場料は小学生以上2,100円です。

お高い、、、と思われると思いますが、実はこちら1,000円分の金券がついてます。(写真は前売り券)
IMG_7189

 

つまり入場料は実質1,100円。ん?誤魔化されているけど意外と高い、、?笑

さらに金券がついているせいで村の中で何か買わざるを得ない。なんだかうまいことできているなぁ。笑

今回はその金券を用いてイタリアン「麦」でイルミネーション前の腹ごしらえ。

チンクエフォルマッジピザ(1,600円) 4種のチーズにはちみつがかかっておりとてもおいしい。これはおすすめ!1,600円なので、600円お金を払えば食べれます。
P1120872-e1460240846378

 

こちらは茄子バジルのパスタ(1,080円)です。ピリ辛で茄子とバジルがのっています。ピザの方が私は好みでしたがおいしかったです。こちらは80円別に払えば食べられます。
P1120873-e1460240874684

 

さぁ、腹ごしらえも終えていざ、イルミネーションへ日によって点灯時間は違うのでサイトでチェックしてみてください。

まずは入り口近く。ブルーで綺麗!さっそく一面のイルミネーション!綺麗です。
P1120879-e1460158177670

 

次に村の真ん中にあるチャペルと湖です。広大な敷地を存分に使った絶景のイルミネーションに圧倒されます。
P1120883-e1460157698397

 

さて次は、なばなといえば毎年恒例の光のトンネル!これが見たくてここに来ます。笑

ずーーっとむこうまで続くトンネルに寒さも忘れてつい口もあんぐり開けてしまうような、そんなイルミネーションです。

何度見てもこれは毎回鳥肌ものです。
P1120884-e1460158217428

 

次はメイン会場。このメイン会場は毎年テーマが変わります。

わたしが前行ったときは富士山と四季がテーマでした。ついこないだはナイアガラの滝だったなぁ。

今年は、、、「アルプスの少女ハイジ」がテーマです。
P1120894-e1460157593932

 

分かりますかね?ハイジとペーターが手をつないで踊っています。

もちろん音楽は「くちぶえはなぜ~とおくまできこえるの、あのくもはなぜ~あさーひを待ってるのっ」です。笑

音楽に合わせて景色が変わったりユキちゃんだったりヨーゼフが登場したりします。

あちこちから「かわいい~」「きれい~」「すごい~」の声が。(ほぼ女子)

でも男子も負けじと「おぉ~~」と低い声をだして感動していましたよ(笑)
P1120886-e1460241018592

 

メインからの帰り道には青の世界。最後まで綺麗ですね。
P1120896-e1460241070322

 

 

そのほかにも今回は乗りませんでしたがアイランド富士という乗り物で45mの上空から眺めを見ることもできます。(500円  画像はインターネットから拝借しました)
14

きれいです。どこを見てもきれいです!

最後にご注意。なばなの里、特にイルミネーションを見に行く夜はとても冷えます。本当に寒いです。

どうか暖かい格好で風邪をひかないようご注意あれ。

デートはもちろんのこと、家族でも友達とでも十分楽しめます。ぜひ訪れてみてください。

 

 

食べ歩き@三重おはらい町

三重県の食べ歩きスポットとして有名なおはらい町、おかげ横丁。

伊勢神宮にお参りしたのち訪れる方がたくさんいます。

P1120e
たくさんのお店があって迷ってしまいます。

今回は私のおすすめのお店をご紹介します。

まずはお昼ご飯を兼ねて名物「伊勢うどん」です。いくつかお店があるのですが今回は中井屋をご紹介。
P1120833-e1460200619424

 

伊勢うどん500円、月見伊勢うどん550円です。安いおいしい!

あああ

写真の通り、伊勢うどんとは太めのうどんを柔らかくなるまでゆでたもので

よくうどんを食べる時に使われる「こし」という言葉とは真逆のめちゃくちゃ柔らかいうどんです。

(香川を筆頭に四国の方はあまり好まれない傾向がある気が、、、笑)

でもわたしは大好きです!いちどお試しあれ!

腹ごしらえを終えて、いざ食べ歩き!

まずは私の中でど定番な豆腐庵山中のうの花ドーナツ!

d32e23

うのはなドーナツもおいしいのですが私のなかではあんドーナツがおすすめです。

ppppppp

冬だったので止めておきましたがこちらのお店ではとうふソフトもあり、小さいサイズなら170円ほどで買えます。

あんドーナツにアイスをつけて食べるともう、たまりません!!笑

次は三重土産といえば、、、「赤福」。その本店に行きました。

今回は食べることを目的としているため本店の向かいのこちらであかふくぜんざいをいただきます。

qdwdqdq

こちらがそのぜんざい。自然な甘さで寒空の下こころまでぽっかぽかになります~
P1120851-e1460200788710

 

そろそろ〆にはいります。

こちらも三重名物「松阪牛」。そのコロッケと贅沢に松阪牛串をいただきます。

aaaa

コロッケは松阪牛を使っているのに300円とお手軽に食べられるのでおすすめです。

サクサク、ほくほくでにんまりしちゃいます。

牛串は贅沢にいただいちゃいました。

本当に柔らかくて牛本来のうまみをしっかりと感じることができました。

qdw

今回はご紹介できませんでしたが、おはらい町・おかげ横丁にはまだまだおいしいお店がたくさんあります。

練り物に甘酒に焼き芋に、、、挙げだしたらきりがありません。季節によってもお店が変わるのでいつ訪れてもたのしめます。

ぜひご自分の目で確認してみてくださいね。

御朱印めぐり@伊勢神宮

こんにちは。

今回は私の地元、三重の代表的観光地である伊勢神宮に行ってまいりました!
ファイル00001

御覧の通り1月ということもあり大盛況でした。

本来であれば外宮→内宮といかなければならなかったのですが今回は時間の都合上内宮のみ、悔しさが残ります。

さて、まず鳥居に一礼をして橋を渡ります。

お参りに行くときは通る鳥居に一礼するようにしましょう。

逆に帰る時は鳥居を出てから振り返って一礼します。結構みなさんやられているので真似してみてください。

ファイル00002

 

右側通行と書かれているので必ず守りましょう。

それと豆知識ですが、神社の中では真ん中の道は避けて通るようにしましょう。真ん中は神様が通るので私たちは端っこをあるくんです。(所説ありますが、、)

 

ファイル00003

いくつか鳥居をくぐってまっすぐぐんぐん進むと手水舎があります。

 

お清めを終えたらまた進みます。

ファイル00004

すると広くなって、お守りなどがおいてある場所にたどり着きます。

 

ファイル00006

とりあえずお参りを済ませてから、ということでスルー。

また歩いていくとついに見つけました。

 

ファイル00005

やっぱり素晴らしい。心が洗われるような、そんな気持ちになります。

お参りを済ませて帰路につきます。

 

ファイル00007

先ほどスルーした場所に「御朱印」の文字。

 

ファイル00008

早速御朱印いただきました(300円)

こちらの写真にもあるように実は伊勢神宮には御朱印をいただける場所がもう一か所あるのです。

ファイル00010

 

どちらもそれなりに人が並んでいましたが帰る際に最初に見つける一枚目の御朱印をいただける場所の方が比較的すいていたかなぁと思います。

さて、無事御朱印いただきました。

シンプルイズベストといわんばかりにシンプルです。

さて、おみくじでも引こうかなと思ったあなた、それはできないんです。

実は伊勢神宮ではお参りにきたみんながいい運勢=大吉でいられますように、という考えのもとおみくじを置いていないのです。

え?と思いますが理由を聞いて納得、ですね。(所説あります)

帰りは休憩所で無料のお茶を飲み休憩してから帰ります。

 

三重といえば、伊勢神宮。意外とみなさん知らないと思います。

しかし三重には松阪牛・長島スパーランド・鈴鹿サーキットなどなど「実はそれ三重なんです」というものがたくさんあります。

少し遠いから、面倒くさいからといわず伊勢志摩サミットで大いに盛り上がる三重へどうぞ来てみてください。

ファイル00009

これにておしまい。ありがとうございました。

癒しを求めて、赤目の滝へ

 
 
こんにちは。kokiiiです。

前回の記事で曽爾高原のことを取り上げましたが、その足で赤目の滝にも行ってきました。

こちらも奈良と三重の県境にほど近く、近鉄電車を使う人には聞き覚えがあるんじゃないでしょうか。

前回の曽爾も近鉄に特集されていましたが、近鉄の特集はほどよいローカル感があっていいですね。

kintetsu-area3-e1410674222128-211x300

かねてからなんとなく自然のあるところに行きたいなと思っていたんです。
山登りは大変だけど適度に歩いたりしながらいい感じのところはないかなって思っていたら
「そうだ滝に行きたい!」
となって早数ヶ月。ようやくいってきました。

IMG_7630[1]

ただひたすらに滝が水面を打つ音は、水の流れを、そして時の流れを感じさせてくれます。

自然を前にただ無心になる瞬間に、「ああ都会で疲れた自分に必要だったのはこれだったのか」と悟ってしまいます。

ちょっと言い過ぎました。

sansakumap_small

そんな赤目の滝ですが、やはりハイキングにもお勧めです。

滝というぐらいなので、勾配のある道を突き進んでいくこととなります。

このマップを見ていただければわかるようにGOALまで行くとなると片道3.3キロ。往復6.6キロの道なりがあなたを待ち受けることとなります。

もちろんわたしはGOALまで行って…もよかったんですが、800m地点の千手滝で折り返しました。

いやそんな運動不足だからといって高校生時代にサッカー部に所属していた私が体力に自信がないだなんて…(ゴホッゴホ…)

いやいや違うんです。赤目の滝なんですが、足元が山道ということであまりよくないんですね。

この千手滝より奥に行くと照明が十分でないということで本当に真っ暗になるそうです。

だから今の時期、夕方は4時~5時くらいから奥への入山が禁止されてしまうんです。

皆さんお気をつけくださいね。詳しくお調べになってから行くことをお勧めします。

それと、赤目の滝にはもうひとつお楽しみがあります。

日本オオサンショウウオセンター!

9種類・50匹以上のオオサンショウウオさんが展示されています。

IMG_7645[1]

わーかわいい♡ おおきいのは1m以上あります。
さすがは生きた化石ですね。