如是我聞2016。

 

雑誌コーナーで『Pen』を読んでみる。なぜか世界遺産特集だった。もうネタがないんだろうなあ、そろそろ休刊かなあ。なんて思ったり。庶民は貧乏になりすぎて、いまや一点豪華主義にすら走れない。だから、物欲ロマン主義系雑誌は、編集方針の転換を余儀なくされている模様。しかしそーゆーのは『一個人』や『サライ』とかぶるんですよねえ。南無。

世界遺産だか聖地巡礼だか知らないけれど、そんなもんより自身の生活圏についてもっと関心をむけるべきじゃないかな。全然興味ないでしょ。清水寺で団子たべたいでしょ。

例えば、いままで綺麗だった川の水が汚れてきたとする。農耕社会なら、それは自分たちの作物への影響を危惧して、街の誰もがその原因を探ろうとするだろう。だが、現代のサラリーマン化=脱空間化した社会では、生活世界の諸問題は他人事となってしまう。ダレカ、ガ、カンガエレバ、イインジャナイ?

 

私たちは没場所性という、クールな無間地獄を営んでいる。

高浜が再稼働するらしい。他人事のような報道、否、報告か。原発屋に舵を切った東芝が破綻した主要因は、他でも無い3.11だ。東電の社員たちがのうのうとボーナスをもらうなか、東芝は首切りまくったあげく会社自体が消えて無くなろうとしている。シャープがこけた背景も、経産省が太陽光発電のサポートを打ち切ったからだ。自然エネルギーの台頭は、原発の存在意義を危うくさせてしまうからだ。この国ってさあ、官僚が率先して売国やるんだもん、そりゃあ、スパイなんかいらなよねw

高浜がイッちゃったときのシミュレーション、改めて挙げときます。川の流れは、そのまま大気の流れでもある。ちなみに私、シュピーゲルとスイス気象庁の放射能プルーム・シミュレーション結果を1年間もウォッチしてました。その上で言いますね。放射能は高浜から琵琶湖を経由して京都・滋賀・大阪・奈良・和歌山を確実に覆います。

eee

イオンという名の都市@和歌山。

 

もはやイオンそれ自体が街なんだ。しかしやぱっり、それって街なのか?って思う。ぶらくり丁はシャッター街となり、駅前の高島屋も撤退する和歌山。そんな中、和歌山大学の近くに巨大なショッピングモールが先日オープンしたので行ってみた。

 

あえて航空写真にしたのは、すごい起伏の激しい山手にあることを強調したかったからだ。奈良市も和歌山市も地方都市という範疇に入る。人口の規模も約30万人と似ている。しかし、和歌山という場所が近畿圏の果て=「ターミナル」であるのに対して、奈良は京都ー大阪間の「トランジット」である点で、両者は決定的に異なる。なんだかんだいって、奈良は観光客が多い街である。

観光客は鉄道で訪れる者も多く、奈良の駅周辺は「歩行者目線の街」として栄えている。奈良は店舗が多いので散策が愉しい。これに対して、和歌山は歩く街ではないし、車で移動しないと買い物が出来ない街になった。駅から城へ歩いていっても、なんにも楽しくない。殺風景な自動車のための道をひたすら歩くだけだ。

こうして、商店街も百貨店も崩壊した和歌山は、資本主導の都市計画へと転換する。新しく出来たイオンモールは、単なる商業施設ではなく、それ自体が街として、ある。

近隣の住宅街。なんなんだろう、この周回遅れのメルヘンな壁は。。。これは行政の仕事です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なかはお馴染みの風景です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

授乳室。伝統的な百貨店よりも優れているのは、こういう施設だったりします。古い建物では授乳スペースが確保したくても、構造的にムリなんですね。って、ちゃんと許可をとって撮影してますから!(汗)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中庭は公園っぽい感じです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこそこのレジャー感にそこそこの品質。これって日本が猛烈に貧乏になったことを象徴しているな、と。最近出来たらしいベトナムのイオンモールと一緒じゃん。つまり、もう、そーゆー生活水準なんだなあ、と。これに追い打ちをかけるように、この国は人口が減っていく。他方、老人は増えていく。

貧乏な若者は車なんか買えないし、かつて運転できた人も老いて車が運転できなくなる。でもね、このモールは、自動車で来ることが前提なんだ。たぶん、このモールは10年も持たないだろう。イオンだって、それは織り込み済みだ。そして儲からなくなったら、さようならなんだろう。法律に出店規制はあっても退店規制はないしね。ってゆーか近隣の住民ですらアマゾンで買うんじゃないか?ってくらい、ここに来るまでの坂がきついってば。

イオンモール和歌山は、いろんな意味で日本社会の黙示録で、或いはいつか来た道なのではないかと思う。資本の都市計画、長期的視野の欠如、消費社会から少費社会へ、完璧な人工都市、ミニ・千里ニュータウン・・・などなど。なんといっても、和歌山県民が集結するので、滋賀のピエリ守山みたいになることはないだろう。でも、日用品と高級品は通販で、車で出かけるなら知り合いに会わない落ち着く場所へとなった場合、ぶらくり丁よりもおぞましい光景がそこに広がりそうな気がするのだが、深読みしすぎかなあ。

和歌山で「白」と「紅」を満喫してきたよ。

 

はじめまして。mapleと申します。
先日、サークルの先輩・後輩と 和歌山までドライブにいってきました。
まず向かったのは、和歌山市加太!港の方です。

Baidu IME_2013-11-6_15-4-21

第一ミッションは、『しらす丼
和歌山の名物ということで(知らなかったのですが。。)
しらす丼で有名な 満幸商店 というお店へ行きました!

どーーーーーーん!
P1020161

これで、ダブルサイズ(!) です。
ほかほかご飯の上に、しらすがこれでもか!というほど乗っかっていました。
タレは、醤油+わさび+梅 というシンプルなものでしたが、
梅の酸味とわさびのツンとした香りが味を引き立てています。
とーっても、とーっても 美味でした!

6人でなかよく分けっこして、じゅうぶんお腹ぱんぱんになりました。。

第二ミッションは、『紅葉
しらす丼でお腹いっぱいになったあとは、
ちょうど見頃を迎えているという 高野山 まで行きました!

Baidu IME_2013-11-6_15-20-18

加太からは、約2時間!
わくわくしながら山道を登っていくと。。。

1415843_218633774979512_2009620598_n

綺麗に、紅葉していました!
金剛峯寺の 伽藍まで向かう 蛇腹路  (じゃばらみち) という道があるのですが
そこだけ見頃時期限定で ライトアップされております^^

赤と黄色と、まだ残っている緑とが 混ざっていて、とても綺麗でしたよ!
しばらくは見頃が続くと思われますので、みなさまもぜひ行ってみてください!

和歌山で飛び込んできた。

 

はじめまして。takahiroです。

今日は、先日取得したスキューバダイビングのライセンスについて
お話ししていきます!

僕のスキューバダイビングのイメージと言えば、、、
タンクを背負って、タンクからのびているものをくわえて潜るだけ!
だと思っていました…。

しかし、スキューバダイビングはそれだけで潜れるほど甘くはありません。
スキューバダイビングをするためにはさまざまなスキルの練習、
水中でのマスク(水泳で言うゴーグル)の脱着、

水中で浮きもせず沈みもしない位置を保つ練習などなど。。。
浮きもせず沈みもしない位置を保つのが難しい!

でも何とかライセンスを取る事が出来ました。
写真は和歌山県のみなべの海に潜ったときの写真です。
写っているのは…クエです。

クエと言えば…そう!
鍋!!ですよねえ。
もうそんな季節です。