『Dear deer』レビュー。

以前からこのブログでも賞賛していた写真家、佐藤和斗氏のシカ写真集『Dear deer』が発売された。読者は本書を通して、やわらかいトーンで捉えられた奈良公園のシカたちとともに、表情豊かな四季折々をめぐることができるだろう。

これまで、奈良公園を舞台にした写真集は、公園の自然美を不自然なまでに強調したり、園内のシカたちを純粋な野生動物であるかのように捉えたものが多かった。しかし、そのような奈良は、あまりにも神々しく美化されすぎて、個人的にはかえって安っぽく思えてしまうのである。誰もいない朝霧の奈良公園。シカのフンだらけの芝に片膝ついて「おい逃げるなって、お前、ひさしぶりじゃないか、ほら食べな、い、いててててっ! 指まで噛むなって!」という、神秘さと滑稽さが混在する場所、これこそが奈良公園の醍醐味ではないのか。

この意味で『Dear deer』は、比較的身近でカジュアルな奈良公園へと誘ってくれる。もっとも、それは素人の観光客が容易に撮れるものではない。本書における撮影者とシカの距離感は「遠すぎず、近すぎない」パースが多い。そこに絶妙な「間」が存在している。例えば、ヒトに慣れていない野生動物は超望遠で撮るために「遠すぎる」場所からの一方的視線になる。他方、東大寺境内のシカたちは、あまりにもヒトに慣れすぎて、まるで飼い犬を撮ったかのような「近すぎる」写真となってしまう。またシカを玩具のようにおちょくり、小馬鹿にしたような下品な動画もネットに散見される。ヒトとシカの緊張感を伴った共生関係は、そのどちらでも捉えられない。

半野生動物との「間」は「遠すぎず、近すぎない」関係に宿るはずだ。写真家が、北海道のエゾシカでもサバンナのインパラでもなく、ここ奈良公園のシカたちを撮ることの意義は、まさにこの独特の距離感をめぐって、各々の写真家が創意工夫できるという点にある。『Dear deer』がもつパースの「間」は、古典的なシカ写真集に対して、改めてこのことを気付かさせてくれるものだ。

 


ところで、最近の私は、もっぱら「アンチフォトジェニック」な立場をとっている。先の「間」は、写真ではなく動画において、より徹底できるはずだ。それゆえに『Dear deer』に賞賛をよせる一方、私は本書がもつ「止め絵の楽園」に隠顕するフィクションを告発したい。以下の三点の写真への批判は、未来のシカ写真家のためのものでもある。

本書の20ページにシカがウインクしている(かのような)写真があるが、これは止め絵ならではの擬人法である。現実のシカがウインクすることはない。ヤブ蚊がシカの顔付近に近づいて、片目を瞬きさせることはある。しかし、その瞬間を切り取って「ウインク」と解釈させるのは強引であり、演出的にも低俗なものを感じる(他の写真が良いだけに)。

33ページの木陰から片足を上げた子鹿は、明らかに撮影者を警戒した心理状態にある。おそらく、この子鹿はロボットのように硬直した歩みをしていただろう。だが、あまりシカの生態に疎い素人が見れば、その止め絵のシルエットは「絵画的でかわいらしい」と思うかもしれない。一方で、シカを知るものからすれば、それは怯えた子鹿を凝視した写真でしかない。素人を欺すだけの写真ならば、表層的な作品に陥ってしまうだろう。

61ページに霜が降りた飛火野で二頭が仁王立ちして殴り合うショットがある。なぜサブタイトルに「楽園」と銘打った写真集に、わざわざ遣り合う写真を入れたのだろうか。百歩譲って、それが自然の営みのなかで起こった偶発的シーンであるならまだ分かる。しかし、このショットは明らかに人為的なものが介在した結果である。

そもそも、シカは霜の降りた芝など食べない。朝日が差し込んで、霜が溶けた日向の芝で朝食をとるのだ。さらに飛火野のような広いフィールドでは、シカは互いに距離をとって芝をはむので、めったにケンカは起こらない。白銀の飛火野でシカが殴り合うとき、それは撮影者がそこに餌をまいたときだけである。その餌をめぐってシカは争ったに違いない。

 
以上。もし、シカ写真というジャンルが確立されていくのなら、シカ写真家の次回作は以上の点が克服されるべきである。

シルバニア衝動買い@amazon.com。

どもです、モリマチです。

いやあ、最近カメラ機材を入れ替えたりとか(ミラーアリにするw)、

どうでもよくなった本を大量売却したりとか・・・

なんやかんやでブログの更新が滞っている今日この頃です。

で、まさに引っ越しや配置転換のシーズンなわけですが、

クロネコの「ヤマト便」はコスパ最高ですね。

宅急便じゃなくて「ヤマト便」ですぞ。

奈良から大阪の天牛書店にダンボール11箱送っても2600円台だったw

破損時の保証がないかわりに激安らしい。

知らない人、多いんじゃないかな。

二軍の書籍や衣料なら「ヤマト便」でいいかもよ?

 

新たに導入するカメラ機材オプションをAmazonで買ったんだけど、

残りポイントで、ついでにシルバニアファミリーもカートに入れてみる(狂)。

ゲームやガンダムといった少年向け玩具に関する本は多いけれど、

少女の遊びの変遷について、ちゃんとした文献がないような気がする。

人形を売るだけでなく家や家具といった環境世界まで商品として売るシルバニアファミリーは玩具市場の革命的存在になった。

そして現在に至るまで、これを超えるIPは登場していない。

さらに、この環境世界構築系遊戯は、ITやネットの普及にともなって任天堂の「どうぶつの森」に継承されていったと思う。

そして一周回って、デジタルからちゃんと手触りのある人形遊びが再評価されるかもしれない。

その際、個人的に気になる点があって、かつて少女だったシルバニアンに話を聞いてみると、

昔はガラスだった食器がプラスチックになっててショックやねん、だそうでw

しかしマジメな話、それは新たなビジネスチャンスでもあると思う。

オトナ向けのよりプレミアムな、素材感を重視したミニ家具を売ればいいのに。

例えば、奈良の吉野杉を使ったご当地シルバニア家具セットとか。

 

・・・そんなことを思いはせつつ、

私は真顔でシルバニア30周年記念の商品を2年遅れでポチったのである。

あと、いつか、こういう話をYouTube上でできたらいいかもね。

女性ビデオブロガーのすすめ。

私の愛読紙『ビデオサロン』が今月号からリニューアルされました。

横書きになって、内容も良くなってるっぽい。

以前このブログでも触れてた、あの人、

映像の修辞学。

奈良の保山耕一氏が特集されています。

奈良のカメラマンは見た方がいいぞ。

記事によれば、

保山氏の映像の質感は物理的なフィルターワークによるものらしい(デジタルではなく)。

PLフィルターはティッフェン製じゃないとダメなんだって。

へえー、こんど試してみよう。

それにしても

カメラ雑誌の廃刊が相次ぐなか、ビデオサロンが勢いづいているのは、

動画が写真なみに手軽になったからだろう。

その流れの中、10年前にカメラ女子なんかが流行ったように、ビデオ女子なんかが出てくるんじゃない?

ただしビデオサロンはまだまだ加齢臭がするので、そういう女子ウケするコラムがあってもいいね。

他方、アサカメとか読んでるジジイもビデオに取り込めると思う。

おとーさん!これからは動画ですよ!そのカメラの赤丸ボタンをポチッとするだけですからっ!

みたいなw

有名Yotuberとかでもマイクとかカメラに無頓着な人多いでしょ。

記事内容次第では若者も取り込めるんですよ!

さらに、山登りが好きな人にも提案できる。

動画でその過程を収められるなら(手軽にね)、彼らはハッピーなハズ。

しかし、傾斜や悪路で手ぶれ補正は、全く効かないことはあまり知られていないね。

さらにさらに、保山耕一氏は入江泰吉の動画版をやりたいわけで、

そういうアート写真集の紹介や哲学的背景、

また動画撮るときに実用的な奈良市の地図なんか入れても良かったね。

ビデオサロンさん、よかったらワタクシ、書きますよよよよ!

気になる奈良本。

奈良の人って、奈良関係の本が好きなんだよなー。
近所の啓林堂で見つけた奈良本をちょっとまとめてみた。


ブラタモリの本。

うーん、やっぱり映像の方がいいw


美しい刑務所。

刑務所廃業で、ホテルになるとか? 写真がなあ、プロのわりにヘタクソなんだよなー。


中川政七商店の新刊。

本出し過ぎw 飲食成功しなかったね。


アイドルと奈良。

久保ユリカ氏の奈良ガイドだ!
・・・誰、ですか?

この本、数回にわたって特集組むぜ。

って、ブログのネタがないだけですが(^_^;)

『新・観光立国論』ツッコミ備忘録。

「外国人観光客目線」が重要つっても、アジア人と白人は全然価値観ちがうなー。

さらに中国人に限定しても奴らにしたってピンキリで、

チャイナのどの層を相手にするのか明確なターゲティングが必要だな、と。

日本は悪平等なところがあって、

上流階級の中国人とゴミみたいな中国人が同じ奈良公園に同居して、

同じような観光スタイルを強要されている。

こんなんじゃ本当にお金を落としてくれる上流階級は遠ざかってしまう。

アトキンソンはシビアに日本の観光業を斬るわりに、日本の放射能汚染は無視なのな。

アホなのか?それとも言えない理由でもあるのかな?

アトキンソンが指摘した問題(道順やベンチの場所)は、

確かにスマホのご当地アプリみたいなもので克服できると思う。

でも重要なのはフリーWiFiの整備だ。