OLYMPUS DIGITAL CAMERA

女性ビデオブロガーのすすめ。

私の愛読紙『ビデオサロン』が今月号からリニューアルされました。

横書きになって、内容も良くなってるっぽい。

以前このブログでも触れてた、あの人、

映像の修辞学。

奈良の保山耕一氏が特集されています。

奈良のカメラマンは見た方がいいぞ。

記事によれば、

保山氏の映像の質感は物理的なフィルターワークによるものらしい(デジタルではなく)。

PLフィルターはティッフェン製じゃないとダメなんだって。

へえー、こんど試してみよう。

それにしても

カメラ雑誌の廃刊が相次ぐなか、ビデオサロンが勢いづいているのは、

動画が写真なみに手軽になったからだろう。

その流れの中、10年前にカメラ女子なんかが流行ったように、ビデオ女子なんかが出てくるんじゃない?

ただしビデオサロンはまだまだ加齢臭がするので、そういう女子ウケするコラムがあってもいいね。

他方、アサカメとか読んでるジジイもビデオに取り込めると思う。

おとーさん!これからは動画ですよ!そのカメラの赤丸ボタンをポチッとするだけですからっ!

みたいなw

有名Yotuberとかでもマイクとかカメラに無頓着な人多いでしょ。

記事内容次第では若者も取り込めるんですよ!

さらに、山登りが好きな人にも提案できる。

動画でその過程を収められるなら(手軽にね)、彼らはハッピーなハズ。

しかし、傾斜や悪路で手ぶれ補正は、全く効かないことはあまり知られていないね。

さらにさらに、保山耕一氏は入江泰吉の動画版をやりたいわけで、

そういうアート写真集の紹介や哲学的背景、

また動画撮るときに実用的な奈良市の地図なんか入れても良かったね。

ビデオサロンさん、よかったらワタクシ、書きますよよよよ!

dsc00611

気になる奈良本。

奈良の人って、奈良関係の本が好きなんだよなー。
近所の啓林堂で見つけた奈良本をちょっとまとめてみた。


ブラタモリの本。

うーん、やっぱり映像の方がいいw


美しい刑務所。

刑務所廃業で、ホテルになるとか? 写真がなあ、プロのわりにヘタクソなんだよなー。


中川政七商店の新刊。

本出し過ぎw 飲食成功しなかったね。


アイドルと奈良。

久保ユリカ氏の奈良ガイドだ!
・・・誰、ですか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この本、数回にわたって特集組むぜ。

って、ブログのネタがないだけですが(^_^;)

『新・観光立国論』ツッコミ備忘録。

「外国人観光客目線」が重要つっても、アジア人と白人は全然価値観ちがうなー。

さらに中国人に限定しても奴らにしたってピンキリで、

チャイナのどの層を相手にするのか明確なターゲティングが必要だな、と。

日本は悪平等なところがあって、

上流階級の中国人とゴミみたいな中国人が同じ奈良公園に同居して、

同じような観光スタイルを強要されている。

こんなんじゃ本当にお金を落としてくれる上流階級は遠ざかってしまう。

アトキンソンはシビアに日本の観光業を斬るわりに、日本の放射能汚染は無視なのな。

アホなのか?それとも言えない理由でもあるのかな?

アトキンソンが指摘した問題(道順やベンチの場所)は、

確かにスマホのご当地アプリみたいなもので克服できると思う。

でも重要なのはフリーWiFiの整備だ。