[第1回]なんか住みやすそうな大阪:少路編

 
 
どうも、hitomojiです。
「治安が悪い」でお馴染みの大阪府。転勤者、進学生など引っ越して来られる方にとっては不安も多いでしょう。

そこで、不動産屋が教えてくれる利便性・アクセスなど条件的側面からではなく、実際に見て、歩いてみて分かる「なんか心地いいかも、住みやすいかも」という大阪の都市を、数回に分けてお伝えしていこうかと思います。

第1回目に紹介するのは大阪府北部:豊中市にある「少路駅」周辺。
吹田市、豊中市の北摂エリア(主に緑地公園・桃山台周辺)というのは、梅田・本町などのビジネス拠点から1本の電車で帰れるベッドタウンですので、転勤者の方が住みやすい=不動産屋が推しやすいエリアであります。

ですが、私がおすすめするのは、北大阪急行線から大阪モノレールに乗り換えて1駅の【少路】という街。

なぜおすすめかというと、歩道がすごく広いんです。余裕で自転車6台並べそうです。

安全であると同時に、とても開放感があります。

073

↑大型マンションの横には、こんな風に公園があって広くスペースがとってあります。(地図②)

駅から大きな道路(中央環状線)沿いに西に進みます。大きな交差点から北向きに曲がると、大阪の紅葉スポットである箕面市方面へと通じる、ロマンチック街道(亀岡線)というおしゃれな道があります。レンガ造りの温かみのある飲食店や専門店が並び、駐車場もゆったりです。スタバもサンマルクもファミリーマートもレンガ造りです。

074(地図③)

綺麗なマダムご用達のブティックのほかにも、こんなカジュアルで優しいキッズ&レディースの服屋もあって。

(地図④)

グルメ雑誌に載るような人気のお店も実は多くて、ムッシュ・マキノ(地図⑤)などおいしいケーキ屋さんがあったり、神戸和牛のステーキハウス神楽(地図⑥)があったり。

大阪モノレールの駅構内はオープンスペースがあったり、貸文庫があったりでゆったりとした時間が流れている場所です。

092(地図①少路駅構内)

忙しいサラリーマンの方、ファミリーの方にこそ、団地だらけのベッドタウンではなく、一足離れた穏やかな町並みを歩いていただきたいなぁ。

11月中旬頃から紅葉のシーズンになりますので、ドライブがてらにロマンチック街道でご飯でも食べて、箕面大滝まで紅葉を見に行くのもいいのでは。

3 thoughts on “[第1回]なんか住みやすそうな大阪:少路編

  1. 予約設定にミスがあったかも?ひょっとしたら私のせかもしれません、すいません(^_^;)
    第二回を期待してます!

  2. たびたびすいません。考えられる原因としては、予約時間設定後に「予約投稿」ボタンをクリックしていない可能性があります。その方法をシフト表があるTERMS蘭に画像を載せておきました。

コメントを残す