林真理子『野心のすすめ』—しずかちゃんになれなかったジャイ子。

 

新書コーナーを通りがかったとき、
佐藤優のおっさん痩せたやん?と思ったら林真理子だった。
いやあ、この二人って、似てるよね。

まるでジャイアンとジャイ子みたいだ。
両方とも野心家という意味でも似ている。
しかし、大人になったジャイ子はしずかちゃんよりも、
イイ女に化けるんだよね。トヨタのCMより。

他方、乙女のロマンに満ちた才女、
林真理子もまたジャイ子である。
ただし彼女は一皮むけない。否、それを拒んでいる感すら、ある。
ここで私が言いたいのは内面の話である。
思うに、彼女のエッセイの本質は、
世間の「しずかちゃん」的なるものへの羨望と怨念に根ざしている。

彼女の代表作、
『ルンルンを買っておうちに帰ろう』(1982年)は、
まさにこのタイトルに象徴されるような
『an・an』的コピーがギラギラと舞うあの時代、
来たるべき80年代バブルを先取りしつつ、
かつそのうさんくささを告発したものだった。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

琥珀はクリスタルではない。その中のグロい蟲を見よ!
…と言わんばかりに。

…矢野顕子が通りがかったのである。
写真で見るよりずっとブスだった。
本当に妖怪じみた感じがあった。129頁

ええと、お前が言うな。
041d45d2ea

しずかちゃんはバイオリンがへたくそだ。
しかも、彼女はいい年してこれに自覚がない。
悲鳴のようなストリングスをのび太たちに
強制的に聞かせるのだった。
それはジャイアンの歌声と本質的に変わらない。

AvcPujwCIAIeFxC

林真理子は、
この一見完璧に見える「しずかちゃん」的なるものの暴力性や軽薄さ、
またそれを隠蔽しようとする社会的圧力を暴いていく。
もちろん、それは矢野顕子やその信者への陰口だけでなく、
ファッションやグルメ記事のあらゆる美辞麗句に対して、
彼女は次々とファックしていくのだ。

ただし、見方を変えれば、
しずかちゃんと林真理子の関係は「ボケとツッコミ」であり、
二人はバブル消費社会を駆動する共犯者だったとも言える。

高級ブランドはマネキン的身体を持つ特権階級のものなりや?
表向きはそうだが、所詮ファッションもビジネスである。
売り手だって林真理子という、ゆるキャラが欲しかったのだ。
ちなみに↓コシノジュンコはデザイナー自身がゆるキャラだった。
480x640x700f7f6051485b2b7058ddf1
ちなみにこれはレウコクロリディウムに寄生されたカタツムリ。
6860ac1a

大衆は思う。「林真理子ですら着てもいいんだから…」と。

…そして、中心市街地までがファスト風土化した2013年現在、
林真理子は、そのボケ担当の相方を失うのだった。
きらびやかで、しかしどこか抜けている「しずかちゃん」たち。
TVギョーカイ、バーキン、経費接待、毎日が宴の日本社会・・・

本書『野心のすすめ』は、これらを喪失に対する、
筆者の戸惑いと郷愁に満ちている。

戸惑いはこれの反作用としての素朴な精神論へと転換され、
また郷愁は美化された古き良き80年代論となる。
したがって、この本を支持する読者層のニーズは
以下の二種類に大別できるだろう。

  1. こんなブスでもなんとかなるんだから「お前も大志をいだけよな」的自己啓発を求めた
  2. こんなブスですら成り上がれる「80年代っていい時代だったよねえ」的ノスタルジアを求めた

そして、これは、そのまま批判者の根拠にもなる。
現代と80年代では野心の前提が異なるからだ。
そもそも、3.11以降「バブルよもう一度」なんて本気で言えるのか?
もっとも、私はそんなヘリクツ抜きでこの本が不満なのだが。

例えば、彼女は、3.11直後のブログにこんなことを書いている。

私のブログはいつも楽しいこと、
面白いことを心がけて書いてきたので、
もう何を書いていいかわからなくなっていたんです。

その後、彼女は震災孤児の支援の代表を努めている。
これはこれで尊いことだ。いちいち本で自慢しなかったのも潔い。
では、原発はどうなんだろう? 
しかし、彼女はノーコメント。
わかんないフリ?なにそれ?
ここに林真理子のセコさがある。

率直な感想として、
新しい社会のありかたを示した上で、野心を語って欲しいと思った。
それだけだ。

80年代をノスタルジックに語るのも結構だが、
そういった「から騒ぎ」の成れの果てが3.11だと考える私にとって、
ちょっと白々しいんじゃないかなあ、と思うのだ。
結局、社会はそっちのけだし。
また私語りとギョーカイ裏話かよ。
「もう何を書いていいかわからない」なら書くな、と言いたい。

才女である林真理子のシニカルさと自虐性は
「原発(電事連)と広告業界」にも向けられるべきだったね。
あなたが一皮むけた「大人のジャイ子」になれないのは、
そこだと思うのだ。

F_E8A1A8E7B499_1212

ま、もっとも、作家だろうが官僚だろうが、
メルトダウンの前には年収2000万でも
勝ち組じゃなかった。

住宅ローンで身動き撮れないまま被曝しまくるわけだし、
海外まで逃げるとなると現金で2億円くらいないと
家族も守れないんだなあ、というのが3.11の教訓である。

そのためにどうしたらいいかなー、
よーくかんがえよー、野心は大事だよ—、
という啓蒙活動は(皮肉だが)必要だとは思うw

ただし、ここでいう野心とは、
ソーシャルな何かを孕んだものを指している。

 
 

One thought on “林真理子『野心のすすめ』—しずかちゃんになれなかったジャイ子。

コメントを残す