レトロの先にあるもの、「上富履物店」。

 

もちいどのセンター街の南はずれに、
レトロな履物屋がある。

 
観光向けにレトロな店構えをしているのではなくて、
単純に古めかしいだけだ。だが、それがいい。

京都だと伝統やらファッション化したレトロという権威で
なんかいばった感じの店が多いけれど、
奈良はまだ単純に古い店が残っているのだ。

主のおばあさんもいい人で、
アポなしの訪問にもかかわらず、
この町の変遷などをいろいろと教えてくれた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冒頭の草履、ディスプレイの仕方を変えるだけで、
もっと売れるのになあ。
でも、そうなると、奈良っぽくないという気もする。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.