猫カフェのとなりのドッグカフェ、「ここはな」。

 

おや、猫カフェのとなりに犬カフェあるやんか。
きっと、入った瞬間、
ゴールデンレトレバーがしっぽふって、なれなれしく、
ハッハッハッと出迎えてくれるにちがいあるまい。

はいっちゃおーか。
(実情は、炎天下のならまちで力尽きるのはこのあたりなのだ)

 
しかし、玄関またいだ中は、雑貨とお洋服である。
「あのー、ここ、カフェ、でしたよ、ね?」
(犬はどうでもよい)

「あー奥ですよー」とオーナーさん。
こちじんまりした
喫茶スペースに案内される。

ここで私は初めて気づくのだ。
なるほど、犬カフェというのは、
レトリバーがしっぽフリフリしながら
客人を出迎えてくれるのではなくて、
飼い犬と一緒に入れる店なのだ、と。
あ、とりあえずいちごアイス、うま。
(そもそも犬はどうでもよい)

まあ、それはさておき、
看板のせいで、みんなカフェだと思って素通りしている女子、
多いんじゃないかなー。
雑貨のスペースの方が広いぞ、ここ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください