image2 3

日本最古? 大神神社@奈良・桜井

 

どうも、tasoです。

少し遅い話題になってしまいますが、私は今年の初詣に、大神(おおみわ)神社に行って来ました。今更初詣の話をされても…と思われるかもしれませんが、とても大きな神社なので、初詣でなくても充分行く価値があります。むしろお正月シーズンではない方が人が少なくて良いかもしれません。

奈良といえば春日大社へ初詣に行く人が多いように感じますが、私は物心ついた頃から初詣は大神神社と決まっていました。この神社を「三輪(みわ)さん」と呼ぶ人が多いので、幼い頃は大神神社という名前を聞いても知らない神社だと思っていました(笑)
三輪山という山が御神体なので、それも三輪さんと呼ばれるようになったきっかけなのかもしれないと私は思っています。

大神神社に行くには、JR桜井線(=万葉まほろば線)に乗って三輪駅という駅まで行くとすぐです。

余談ですが、JR桜井線は難読な駅名が多くてかっこいいので好きです(京終[きょうばて]、帯解[おびとけ]、櫟本[いちのもと]、巻向[まきむく]など…ちなみに巻向駅の近くには、卑弥呼のお墓かも?といわれている箸墓古墳があります)。まぁ、かっこいいのは名前だけで実際はすべて無人駅ですが…。でも無人駅って、なぜかホームのベンチに座布団が敷いてある確率が高くて温かい気持ちになります。

神社の話に戻りますが、電車の本数が少ないので到着した時に帰りの電車の時間を見ておくことをお勧めします。
image[3] (3)
お正月は特別に時刻表の看板が置かれていますが、おそらく普段は看板置いていないと思います。

 

参道をしばらく歩くと鳥居に着きます。image[4]

神社の鳥居って赤のイメージが強いですが、三輪さんの鳥居は木そのままって感じですね。

鳥居をくぐって長い階段を昇ると、お賽銭を入れて参拝したり御守りを買ったりおみくじをひいたりする場所に出ます。
私はおみくじ凶をひいたので即効で木に結びました。ちなみに去年も凶でした。どこまでこの記録が続くのやら…

そしてその場所から少し行くと「なでうさぎ」という、うさぎの像?があります。身体の悪い部分を撫でる(例えば、足が悪ければうさぎの足を撫でる) と治るといわれています。すごい行列だったので今年は撫でに行きませんでした…
image[2] (2)

しかし、三輪さんは蛇神といわれているのになぜうさぎなのか?ということでちょっと調べてみました
三輪さんのご祭神である大物主大神が因幡の白うさぎを助けた、ということでうさぎとも縁があるみたいですね。

また、なでうさぎの行列から少し離れたところにその年の干支の大きな絵馬があって、そこに願い事を書けばかなうとされています。
image[6] (2)
こっちもすごい人でした。

 

大神神社から離れて少し歩くと、狭井(さい)神社と久延彦(くえひこ)神社があります。

狭井神社は、飲めば病気が治るといわれているご神水が湧いているそうですが(狭井神社は今年初めて行きました)、そのご神水の方は先の見えない行列で、断念しました。

あと、狭井神社に行く途中、池の中に小さな神社があります。市杵島姫(いちきしまひめ)神社というそうです。池の名前は鎮女池(しずめいけ)…不思議な名前だなと思いましたが、水の神様として弁財天さんが祀られているようです。
image[5]

そして、久延彦神社へは狭井神社から展望台を通って行けるようになっています。

展望台からの眺め。
a

で、久延彦神社。
image[5] (2)
本来ならこの鳥居をくぐって長い階段を昇りますが、狭井神社から行けばこの階段の上に直接行けるので昇らずに行けます。

久延彦神社には知恵の神様が祀られています。参拝所にはなでうさぎならぬ、なでふくろうがいます。こっちは行列ができていなかったので思う存分撫でておきました。(写真は撮り忘れました…)

また、展望台に劣らず良い景色を見ることができます。
image[6]

木が伸びていて見えにくいですが、大きな鳥居があります。これも三輪さんの鳥居です。
※最初にくぐった鳥居とは別物です。
image[4] (2)

ちなみにこの神社は思いっきり竹藪に囲まれています。
image[7]

そして、色んな神社を参拝した後はお腹も空いたのでご飯に行きました。せっかくそうめんで有名な三輪に来たので…
image[1]

福神堂」というお店です。
image[3]

同じ考えの人が多いらしくお店の前は行列でしたが、店員さんの切り盛りが上手く、わりとすぐ入れました。
にゅうめんも美味しかったのですが、私のおすすめは柿の葉ずしです。酸味がちょうど良い感じ。
image[2]
ただ、めちゃくちゃ混んでいてあまりゆっくりできなかったので、ここもお正月ではない時に来るとゆっくりできると思います。

 

最後に、駅前の商店街。
image[1] (2)
お正月シーズンはすごい人ですが、逆に普段はどうなんでしょう…。そうめんや柿の葉ずしのお店が多くて、地域の特産品をしっかり売っているイメージです。

あと駅のすぐ前で、「日本最古の神社 三輪明神」
image[3] (2)

…のすぐ正面に、こんなものが…

「日本最古社 八大靇王辨財天大神 靇神神社」
image[5] (3)
…一体どっちが最古なのか…

はっきりとは分かりませんが、調べてみると大神神社は日本最古の神社の1つ、というものが出てきたので、どの神社が日本最古なのか明確にはなっていないようです。ちょっとネットで調べるだけでも、日本最古といわれている神社は全国にいくつもありそうなのが分かります…

しかし大神神社が相当古い神社であることには違いないので、奈良で神社巡りをしようと思った時は、春日大社の方だけではなく大神神社もぜひ視野に入れてみてください!

One thought on “日本最古? 大神神社@奈良・桜井

  1. 桜井は竹取物語の舞台でもありますね。しかし、これも諸説があって。。。

コメントを残す