リベンジ!癒しを求めて、奈良散策。

 
 

 
どうも、tasoです。

前回から神社の話が続いてしまって
申し訳ないのですが、
この前、道に迷って行けなかった御霊神社!
リベンジに行ってきました。

image[1] (4)

今回は迷いませんでした。
と言いたいところですが、
しばらくならまちを彷徨いました…

なぜかGoogle Mapsで上手く表示されず
(まさか本当に方向音痴の妖精が…?)
路上の地図も見ながら行ったのですが、
住宅街にあるので本当に分かりにくい!

image[3] (4)

もしGoogle Mapsを見て行くのなら、
御霊神社のすぐ隣にある
「元興寺塔跡」の場所を調べて
そこを目指して行く方が分かりやすい
かもしれません。

で、その御霊神社ですが
休日だったにも関わらず
人もまばらで良い感じでした。
(行きにくい場所なので
観光客がなかなか来ないのかも…)

image[9] (2)
image[2] (4)

受付のところに
神社の方いらっしゃいますが、
祈祷でも申し込まない限り
受付に行く必要はないので
ほぼ無人のような雰囲気です。

そしてこの神社はとにかく
おみくじが可愛い!!!

image[10]
image[9]

200円で、隣に置いてある
普通のおみくじと
値段は変わらないのに
可愛いお守り付きです。

image[4] (4)

この女の子の着物や帯や髪飾り、
1つ1つ色が違っていて
よく見ると顔?表情?も違います。
手作り感がすごいです。
自分が気に入ったデザインの
おみくじを選ぶのも良さそうですね。

ちなみに男の子バージョンも
入っているみたいですよ。

隣に置いてある絵馬も
ハート型で面白いです。

image[8]
image[5] (4)

お守りも絵馬も、勝手に
お金を入れてとる方式になっています。

あと奥の方に行くと小さな神社があって、
よく見ると水子神社と書いてあります。
なぜえんむすび神社の中に…?と思いましたが
えんむすび神社だからこそ、
なのかもしれませんね。

御霊神社、本当に
私の癒されスポットです。

 

そういえばならまちを彷徨っている時に
奈良町資料館があったのですが、
奈良町のはじまりが元興寺だったとは
知りませんでした。

image[7] (2)

あと、ならまちでは
身代り申が家の前に
やたらとぶら下がっていますね。

image[1] (5)
image[6] (4)

 

この日、ご飯は餅飯殿の
south wind」でいただきました。

image[6] (3)
image[8] (2)
image[1] (3)

オムライスがメイン?なのですが、
すごく家庭的な雰囲気・味で
スープとサラダも付いてきて
お財布にも優しいです。
食事時は混みます。

それから
餅飯殿の商店街の入り口に
人だかりができていたので
何だろうと思ったら、
お餅で有名な中谷堂でした。

image[11]

お店の前で餅つきを披露し、
その出来立てのお餅を売っています。
よもぎの美味しそうな匂いがしました。
すごく活気のあるお店です。

 

最後に、かなり余談になってしまいますが…
三条通りの鹿のはく製があるお店。
前にこのブログで紹介されていましたが、
むかし奈良では
朝起きて自分の家の前で鹿が死んでいると
三文払わされたそうです。

そこで早起きして、
鹿の死体を隣の家の前に移していた、
そこから「早起きは三文の徳」
ということわざができたそうです。
(私は最近聞いたのですが
これって有名な話なのでしょうか?
あと、当時の近所付き合いは
どうなっていたのか…)

なので、鹿のはく製をお店の前に置いていると
昔なら毎日三文…
では済まないかもしれませんね。
少し気になりました。

ちなみに奈良でなければ、
車で走っていて鹿が飛び出してきても
「急ブレーキは危ないから
鹿にぶつかって良いよ」という風に
教習所で言われるそうです。

奈良の鹿は幸せですね。
今回は鹿に会いに行く時間がなかったので
また会いに行きたいです。

 

日本最古? 大神神社@奈良・桜井

 

どうも、tasoです。

少し遅い話題になってしまいますが、私は今年の初詣に、大神(おおみわ)神社に行って来ました。今更初詣の話をされても…と思われるかもしれませんが、とても大きな神社なので、初詣でなくても充分行く価値があります。むしろお正月シーズンではない方が人が少なくて良いかもしれません。

奈良といえば春日大社へ初詣に行く人が多いように感じますが、私は物心ついた頃から初詣は大神神社と決まっていました。この神社を「三輪(みわ)さん」と呼ぶ人が多いので、幼い頃は大神神社という名前を聞いても知らない神社だと思っていました(笑)
三輪山という山が御神体なので、それも三輪さんと呼ばれるようになったきっかけなのかもしれないと私は思っています。

大神神社に行くには、JR桜井線(=万葉まほろば線)に乗って三輪駅という駅まで行くとすぐです。

余談ですが、JR桜井線は難読な駅名が多くてかっこいいので好きです(京終[きょうばて]、帯解[おびとけ]、櫟本[いちのもと]、巻向[まきむく]など…ちなみに巻向駅の近くには、卑弥呼のお墓かも?といわれている箸墓古墳があります)。まぁ、かっこいいのは名前だけで実際はすべて無人駅ですが…。でも無人駅って、なぜかホームのベンチに座布団が敷いてある確率が高くて温かい気持ちになります。

神社の話に戻りますが、電車の本数が少ないので到着した時に帰りの電車の時間を見ておくことをお勧めします。
image[3] (3)
お正月は特別に時刻表の看板が置かれていますが、おそらく普段は看板置いていないと思います。

 

参道をしばらく歩くと鳥居に着きます。image[4]

神社の鳥居って赤のイメージが強いですが、三輪さんの鳥居は木そのままって感じですね。

鳥居をくぐって長い階段を昇ると、お賽銭を入れて参拝したり御守りを買ったりおみくじをひいたりする場所に出ます。
私はおみくじ凶をひいたので即効で木に結びました。ちなみに去年も凶でした。どこまでこの記録が続くのやら…

そしてその場所から少し行くと「なでうさぎ」という、うさぎの像?があります。身体の悪い部分を撫でる(例えば、足が悪ければうさぎの足を撫でる) と治るといわれています。すごい行列だったので今年は撫でに行きませんでした…
image[2] (2)

しかし、三輪さんは蛇神といわれているのになぜうさぎなのか?ということでちょっと調べてみました
三輪さんのご祭神である大物主大神が因幡の白うさぎを助けた、ということでうさぎとも縁があるみたいですね。

また、なでうさぎの行列から少し離れたところにその年の干支の大きな絵馬があって、そこに願い事を書けばかなうとされています。
image[6] (2)
こっちもすごい人でした。

 

大神神社から離れて少し歩くと、狭井(さい)神社と久延彦(くえひこ)神社があります。

狭井神社は、飲めば病気が治るといわれているご神水が湧いているそうですが(狭井神社は今年初めて行きました)、そのご神水の方は先の見えない行列で、断念しました。

あと、狭井神社に行く途中、池の中に小さな神社があります。市杵島姫(いちきしまひめ)神社というそうです。池の名前は鎮女池(しずめいけ)…不思議な名前だなと思いましたが、水の神様として弁財天さんが祀られているようです。
image[5]

そして、久延彦神社へは狭井神社から展望台を通って行けるようになっています。

展望台からの眺め。
a

で、久延彦神社。
image[5] (2)
本来ならこの鳥居をくぐって長い階段を昇りますが、狭井神社から行けばこの階段の上に直接行けるので昇らずに行けます。

久延彦神社には知恵の神様が祀られています。参拝所にはなでうさぎならぬ、なでふくろうがいます。こっちは行列ができていなかったので思う存分撫でておきました。(写真は撮り忘れました…)

また、展望台に劣らず良い景色を見ることができます。
image[6]

木が伸びていて見えにくいですが、大きな鳥居があります。これも三輪さんの鳥居です。
※最初にくぐった鳥居とは別物です。
image[4] (2)

ちなみにこの神社は思いっきり竹藪に囲まれています。
image[7]

そして、色んな神社を参拝した後はお腹も空いたのでご飯に行きました。せっかくそうめんで有名な三輪に来たので…
image[1]

福神堂」というお店です。
image[3]

同じ考えの人が多いらしくお店の前は行列でしたが、店員さんの切り盛りが上手く、わりとすぐ入れました。
にゅうめんも美味しかったのですが、私のおすすめは柿の葉ずしです。酸味がちょうど良い感じ。
image[2]
ただ、めちゃくちゃ混んでいてあまりゆっくりできなかったので、ここもお正月ではない時に来るとゆっくりできると思います。

 

最後に、駅前の商店街。
image[1] (2)
お正月シーズンはすごい人ですが、逆に普段はどうなんでしょう…。そうめんや柿の葉ずしのお店が多くて、地域の特産品をしっかり売っているイメージです。

あと駅のすぐ前で、「日本最古の神社 三輪明神」
image[3] (2)

…のすぐ正面に、こんなものが…

「日本最古社 八大靇王辨財天大神 靇神神社」
image[5] (3)
…一体どっちが最古なのか…

はっきりとは分かりませんが、調べてみると大神神社は日本最古の神社の1つ、というものが出てきたので、どの神社が日本最古なのか明確にはなっていないようです。ちょっとネットで調べるだけでも、日本最古といわれている神社は全国にいくつもありそうなのが分かります…

しかし大神神社が相当古い神社であることには違いないので、奈良で神社巡りをしようと思った時は、春日大社の方だけではなく大神神社もぜひ視野に入れてみてください!

「ねこ歩き」岩合光昭写真展@近鉄奈良店

 
 

 

あけましておめでとうございます!
tasoです。

といっても、これ書いてるのは
まだ年が明ける前なので、
お正月関連の写真がなくて
今回はお正月には
関係のない話になってしまいます、
ごめんなさい。

今回は場所やお店ではなく
イベントになってしまうのですが、
いま近鉄百貨店奈良店でやっている
写真展を紹介させていただきたいと思います!

5

私は近鉄の駅に置いてあった
このチラシを見て
写真展のことを知りました。

ちなみにチラシ裏は
こんな感じです。
6

このチラシには
割引券(1枚2人まで、1枚につき100円引き)
も付いていて、
私は写真はあまり詳しくありませんが
とにかく猫がかわいい!
ということで、行ってみることにしました。

3

会場前の床には
猫の足跡があって、
とても入りやすい雰囲気でした。
11

入場料500円なので
割引券つかえば500円以下でいけるなと
考えて行ったのですが、
なんとKIPSカードを持っている人は
無料で入れるということでした!
KIPSカード提示で、本人と
同伴者1人まで無料になるそうです。

おそらく私がKIPSカードで
無料で入ったのを見て、
近くにいたおじさんが
「えっKIPSカード持ってたら
これ無料で入れんの?」
と受付の人に聞いていました。
確かにチラシには書いてなかったし、
無料ってすごいですよね。

そのせいもあってか
想像以上に人が多かったです。
私のように猫に魅力を感じたのか
友達同士で来ている女子高生もいました。

あと、思ったより
会場が広くて、というか
道のようになっていて
写真も多かったです。

色んな国の猫が
国ごとに展示されていて
この国の猫はこんな感じかな、
という風に
土地によって猫の顔が違う
と説明されています。
日本は四季ごとに展示されています。

写真展の出口には
ねこグッズ販売コーナーが待ち構えています。
2

このグッズ販売コーナーも広くて
色んなグッズがあります。

ねこ好きな人は
ねこのキャラクターもの、
写真好きな人は写真集やポストカード、
ねこの飼い主には
またたび入りの袋やねこの遊び道具など、
という風に
需要を考えてるのかなと思いました。

私は写真集を購入しました。
7

もちろん猫かわいいですが、
お金払うつもりが無料で入れたので
代わりにここで使おう、という気に
なったというのもあります。
もしやこういう戦略…?笑

ちなみに私のお気に入りの写真は
こんな感じです。

8
9

写真展でも思いましたが、
野良猫のこんな姿見たことがない、
どうやったらこんな風に撮れるのか?
という写真が多いです。

岩合光昭写真展、ということで
岩合さんという方について
ちょっと調べさせてもらうと
面白いインタビューが出てきました。

なかなか真似できないように思います(笑)

あ、あと
猫の写真が募集されていて
写真展の壁(入場しなくても見れる所)に
展示されています。

1
10

ねこ好きな人、写真好きな人、
そしてそうでない人も、
癒されに行ってみてはいかがでしょうか?

______________________

「ねこ歩き」
岩合光昭写真展

平成25年12月27日(金)~
平成26年1月8日(水)
※1月1日(水・祝)は休み

近鉄奈良店6階近鉄奈良ホール

入場時間:
午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)
※最終日は午後4時まで(午後5時閉場)

入場料:
一般・大学生500円(税込)
中学・高校生300円(税込)
小学生以下無料

主催:岩合光昭写真展「ねこ歩き」実行委員会
協賛:オリンパスイメージング株式会社
協力:
株式会社堀内カラー、株式会社フレームマン
企画制作:クレヴィス
______________________

癒しを求めて、奈良散策。

 
 

 

どうも、tasoです。

今回は、少し女子向けになってしまいますが
どこか癒される場所に行くことを目的として、
奈良を歩きまくってきました!

もちいどのの辺りは久しぶりに行ったのですが
新しいお店がかなり増えて栄えていたので
正直びっくりしました。
そして案外Xmasな雰囲気(笑)
あと、もちいどのって餅飯殿って書くんですね
知りませんでした、かっこいい!

まず、「プリン80」というカフェに行きました。
このお店は、
このブログで過去にも登場してましたね!

い
IMG_0965
IMG_0964
あ
IMG_0963

私はプリンではなく
チョコチーズケーキにしましたが、
しっかりチョコの味がして美味しかったです!
あとミルクティーすごい量多かったです(笑)

さ

ナウシカが…
け

他にも、妖怪図鑑なんてのも置いてあって、
面白かったです。
※絵本なので怖くありません

 

お腹を満たした後、
運動がてらに紹介したい場所があったのですが…
Google Mapsにやられました
私の方向音痴が露呈する悲劇が起きました…

紹介したいのは神社だったのですが、
同じ名前の神社がもう一つあって
Google Mapsで調べた時に
何を思ったか私は違う方だと思いこんでしまい
悲惨なことになりました。

行きたかったのは、
春日大社参道の御霊神社だったのですが
大安寺町の御霊神社に着いてしまい、
ここじゃない…!となって
春日大社参道の御霊神社に何とか行ったものの
17時を過ぎていてもう入れませんでした。

IMG_0968

ここまで2時間歩きました…
悔しいので近いうちにリベンジに行きたいです。

ちなみに春日大社参道の御霊神社は、
名前からは想像できませんが縁結びで有名です。
同じ名前の神社は奈良だけでなく
全国にたくさんあるみたいですね。

私は以前、ならまちを何も考えずに
適当に歩いているとこの神社に辿り着いて、
とても雰囲気の良い神社だったので
紹介したいと思ったのですが…
この有り様です。

本当に縁結びとか興味なくても、
癒される場所なので行く価値はあると思います。

 

そこから私は再び餅飯殿まで戻りました。
若者向け?の雑貨屋さんなどが
集まったスペースがありますが
店員さんの接客に癒されました。

ピアス無料でイヤリングにかえますよー
学生さんはコーヒー代まけとくねー
(お客さんが着てる)その服かわいいね!
これ(レジで購入した商品)デザインした人の
名刺入れときますねー

などなど…心が温かくなります。

そして「夢CUBE」という
お店の集まりでは、25日まで
こんなイベントやってるみたいです!
か

こんな感じのサンタを5人見つけます。
IMG_0977

あと東向き商店街にも行ったのですが
キリスト教の幼稚園のイルミネーションが
どこよりもすごかった…
き

最後に、三条通りにある
良い雰囲気の雑貨屋さん、「綺羅星」。く
この写真だと分かりにくいですが
可愛い感じの食器だったり紅茶だったり
入浴剤だったり和風の雑貨だったり、
たくさん置いてあって癒されます。
鳥獣戯画の柄のカバンが置いてあったのには
ちょっとびっくりしましたが…。
三条通りにあるので寄りやすいし、
おすすめです。

あ、あと
2月に奈良でこんなイベントあるみたいです。
こ

かなりお得に色んなお店を回れるみたいなので
奈良を散策したい人、この機会にぜひ!

 

十七時 鐘が鳴るなり 西大寺

 
 
どうも、tasoです。

さて、西大寺といえば…
大阪にも京都にも行ける乗り換えの駅?
駅前に近鉄百貨店(通称:ならファ)とかあって
最近は駅ナカにもショッピングモールとかできて
奈良にしては栄えてるところ?

そのイメージを裏切り、今回私が行ってきたのは
駅ではなく、西大「」です。お寺です。

奈良で有名なお寺といえば、
東大寺、法隆寺、薬師寺、唐招提寺なんかは
歴史でも習うしメジャーかなと思います。
西大寺は駅名になってるにも関わらず
行ったという話を聞いたことがありません。

そんな西大寺は、駅の南口を出てすぐです。
街が栄えてるのは北口の方なので
南口の方はけっこう閑散としてます。

正門はこんな感じです。
IMG_0900

もう日が落ちかけている時間に行ったので
ほとんど誰もいませんでした。

IMG_0886

写真見にくいですが、これが本堂です。
IMG_0937

拝観の時間が過ぎてたので(16時30分まで)
本堂の中には入れませんでしたが
外にも観音様がいたりします。

綺麗な緑色です!
IMG_0903

下の写真は、一見何か分かりませんが
塔の跡だそうです。
IMG_0887

それから奥の方にお地蔵さん?が
祀られていましたが、
日が落ちて暗い神社が異様に怖くて
奥の方に行く勇気が出ませんでした…
IMG_0897

あと、西大寺で有名なのは
おそらくこの大茶盛。
IMG_0893
IMG_0895

大きなお茶碗に入ったお茶を回し飲みします。
テレビでもたまに取り上げられるみたいです。

昼間に行くとまた雰囲気が
違うのかもしれませんが、
周りを完全に塀で囲まれている
ということもあって
なんだか世間とは切り離された異空間に
いるような気分になりました。
駅の方のざわざわも、電車の音も
全く聞こえません。静寂です。
鐘の音だけが鳴り響きます。

良くいえば澄んだ気分になれたし、
悪くいえば怖かったです。

世間から切り離された場所に行きたい人は
ぜひこの時間帯にどうぞ!

あと帰る時に気づいたんですが
正門から道路を挟んで向かいあたりに
小さな神社がありました。
IMG_0902
IMG_0901

立ち入り禁止っぽかったので
近づけませんでしたが
鳥居の奥の方にあるのがおそらく本殿です。

ものすごく小さいですが
室町時代って…この神社なかなか
すごいんじゃないかと思います。

そしてこの神社の隣が
若者で溢れるお洒落なケーキ屋さんで、
あ、現実に戻ってきたな
と感じました。