リベンジ!癒しを求めて、奈良散策。

 
 

 
どうも、tasoです。

前回から神社の話が続いてしまって
申し訳ないのですが、
この前、道に迷って行けなかった御霊神社!
リベンジに行ってきました。

image[1] (4)

今回は迷いませんでした。
と言いたいところですが、
しばらくならまちを彷徨いました…

なぜかGoogle Mapsで上手く表示されず
(まさか本当に方向音痴の妖精が…?)
路上の地図も見ながら行ったのですが、
住宅街にあるので本当に分かりにくい!

image[3] (4)

もしGoogle Mapsを見て行くのなら、
御霊神社のすぐ隣にある
「元興寺塔跡」の場所を調べて
そこを目指して行く方が分かりやすい
かもしれません。

で、その御霊神社ですが
休日だったにも関わらず
人もまばらで良い感じでした。
(行きにくい場所なので
観光客がなかなか来ないのかも…)

image[9] (2)
image[2] (4)

受付のところに
神社の方いらっしゃいますが、
祈祷でも申し込まない限り
受付に行く必要はないので
ほぼ無人のような雰囲気です。

そしてこの神社はとにかく
おみくじが可愛い!!!

image[10]
image[9]

200円で、隣に置いてある
普通のおみくじと
値段は変わらないのに
可愛いお守り付きです。

image[4] (4)

この女の子の着物や帯や髪飾り、
1つ1つ色が違っていて
よく見ると顔?表情?も違います。
手作り感がすごいです。
自分が気に入ったデザインの
おみくじを選ぶのも良さそうですね。

ちなみに男の子バージョンも
入っているみたいですよ。

隣に置いてある絵馬も
ハート型で面白いです。

image[8]
image[5] (4)

お守りも絵馬も、勝手に
お金を入れてとる方式になっています。

あと奥の方に行くと小さな神社があって、
よく見ると水子神社と書いてあります。
なぜえんむすび神社の中に…?と思いましたが
えんむすび神社だからこそ、
なのかもしれませんね。

御霊神社、本当に
私の癒されスポットです。

 

そういえばならまちを彷徨っている時に
奈良町資料館があったのですが、
奈良町のはじまりが元興寺だったとは
知りませんでした。

image[7] (2)

あと、ならまちでは
身代り申が家の前に
やたらとぶら下がっていますね。

image[1] (5)
image[6] (4)

 

この日、ご飯は餅飯殿の
south wind」でいただきました。

image[6] (3)
image[8] (2)
image[1] (3)

オムライスがメイン?なのですが、
すごく家庭的な雰囲気・味で
スープとサラダも付いてきて
お財布にも優しいです。
食事時は混みます。

それから
餅飯殿の商店街の入り口に
人だかりができていたので
何だろうと思ったら、
お餅で有名な中谷堂でした。

image[11]

お店の前で餅つきを披露し、
その出来立てのお餅を売っています。
よもぎの美味しそうな匂いがしました。
すごく活気のあるお店です。

 

最後に、かなり余談になってしまいますが…
三条通りの鹿のはく製があるお店。
前にこのブログで紹介されていましたが、
むかし奈良では
朝起きて自分の家の前で鹿が死んでいると
三文払わされたそうです。

そこで早起きして、
鹿の死体を隣の家の前に移していた、
そこから「早起きは三文の徳」
ということわざができたそうです。
(私は最近聞いたのですが
これって有名な話なのでしょうか?
あと、当時の近所付き合いは
どうなっていたのか…)

なので、鹿のはく製をお店の前に置いていると
昔なら毎日三文…
では済まないかもしれませんね。
少し気になりました。

ちなみに奈良でなければ、
車で走っていて鹿が飛び出してきても
「急ブレーキは危ないから
鹿にぶつかって良いよ」という風に
教習所で言われるそうです。

奈良の鹿は幸せですね。
今回は鹿に会いに行く時間がなかったので
また会いに行きたいです。

 

One thought on “リベンジ!癒しを求めて、奈良散策。

  1. あんな高台に寺を建てて、水とか不便じゃなかったのかなーと思っていたら、そこは井戸から水がでたそうです。20年前の阪神大震災で井戸は涸れました。街の生き死にを考えるとき、そこには必ず「水」の存在がありますなあ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください