極私的文化遺産、「ボリクコーヒー」bolik cofffe。

 

奈良は奈良時代で終わったわけではない。

平安京遷都は、見方を変えれば、
東大寺の坊主が天皇を追い出したとも言える。

また、物流・治水機能という地政学的条件から、
「外京」とよばれる平城京の郊外が、メインストリートとなる。
平城京が廃れたのは、この「外京」が宗教王国となったからだ。

事実、現代の奈良の観光スポットは、
奈良時代ではなく、中世以降の歴史が色濃く反映されている。

さらに近世にかけて、興福地界隈の郊外に、
町衆の集落ができる。これが奈良町(ならまち)だ。

ここの元興寺(世界文化遺産)も中世に勢力を誇っていたが、
江戸時代の奈良町は、町衆の商業スペースだった。

以上、奈良という場所は、点としての歴史ではなく、
プロセスとしての「履歴」をやや乱調気味に蓄えている。
しかし、これこそ歴史と呼ばれるものの本質ではないのか?

でも、そんなことはどうでもいいのだっ!

うまいコーヒーが飲みたい。
おいしいケーキが食べたい。
それが、ならまちにある。
おいおいこの味、大阪やったら行列もんやん。

ならまちの路地裏に君臨するマトリョーシカ王国、
ボリクコーヒー(とカナカナ)

 
ここのオーナー、井岡美保氏は雑貨関係の著書多数だが、
まあその辺はamazonで検索してみてほしい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかーし、あえて言おう。そんなことはどうでもいいのだっ!
ならねこは関西ウォーカーではない。
ロシア人形とセンスの良い店構えに惑わされることなかれ。
私は、店の奥にある巨大な焙煎器を見逃さなかった(写真は撮ってない)。

カフェオレ頼んだらこんなふうに出てきます。
またピントをハズしてるけれど、そんなことはどうでもいいのだっ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんなのですか、この店の自信は。で、事実、美味いのだ。
ああ、ここで仕事したらいい小説が書けそうだ。小説家じゃないけど。
コーヒー通を自認するおっさんはボリクコーヒーに行くべき。

この店は定番だけど、これ以上人が増えて欲しくない。
良い店は誰にも教えたくないものだ。極私的文化遺産認定。
とりあえず、ならねこを見ているおっさんだけに教えてあげた。

PHOTO:
OLYMPUS E-P5 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
(カフェオレだけM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8)

One thought on “極私的文化遺産、「ボリクコーヒー」bolik cofffe。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください