カメラ女子はセーラー服で街を撮ったりなんかしない。

 

街が主人公の小説を読みたい。
漫画でも映画でもかまわない。

 
単なる背景としての街ではなく、
それに何らかの焦点が合わさった物語。
最近、私はそのような作品に関心がある。

だけど、これが一体どのようなジャンルなのか、
実は自分自身にもよく分かっていない。

にもかかわらず、漠然とそう考えるのは、
かねてから、ある素朴な疑問に
突き当たっていたことによる。

どうして作家は、始めにヒトから描くのだろう。
そして次に、ヒトとヒトの関係を築くのだろう。
その関係をめぐって、物語が生まれるのだろう。
人間模様という名の「点と線」の絡み合いが、
そこに展開されるのだろう。

このような「図」を描くために「地」が必要だ。
そう、街は「地」なのだ。
それは物語の受け皿である。

器は物語を盛りつけるための前提としてあり、
そうであるがゆえ、物語の主題にはなり得ない。
こうして街は、物語の消失点へ追いやられる。

ふむ、ここで改めて自問してみよう。
ヒトでなく、街を主人公にした物語とは、
はたして、どういうものなのだろう?

分からないけれど、いやそれゆえに読んでみたい。
ジュンク堂の小説コーナーに「街」という
カテゴリーがあれば良いのに。。。

——————————-
さて、前置きが長くなった。
他人に長いタイトル禁止とかいっておいて、
確信犯的にやらかしてしまう私(^^;)

いや、そうせざるを得なかったんです。
そんなコミックが、ここにある。

桐木憲一『東京シャッターガール』日本文芸社。

写真部の女子高生がセーラー服で東京を撮る。
ガイド本をそのまま漫画化した感じ。
コラムにはカメラや街歩きガイドが登場する。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

確かにこのコミックは、東京の下町などに
焦点があたっている。
だが、今度は逆にマネキン臭い主人公の存在が
気になって仕方がないのだ。
ある種の嫌悪感すら覚えてしまう。

いや主人公だけじゃない、登場人物全員が
まるで血が通っていない人形のようだ。
彼女たちの歯の浮くような台詞もそう。
絵は上手いが、表層的でヒトの体温を感じない。

マネキンが蠢く街に、
風情があるわけないじゃないか。

違う。これは私が求めている物語ではない。
それが私の率直な感想。
キャラクターと風景の魅力は切り離せない。
当たり前だが、そういうことなんだなと思った。

余談だけど、このカメラの構え方もどうなの?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

意図的なのかなあ。うーん。。。
そしてこの後、急に二眼レフで撮り始めます。
その行動原理って、、カメヲタのおっさんやん。

One thought on “カメラ女子はセーラー服で街を撮ったりなんかしない。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.