『インセプション』の街並み。

 

私の大好きな映画『インセプション』。

日本人俳優が、主要キャラとして出て、
しかも、そのことに違和感がないという
すげえ画期的な作品です。
うんKEN WATANABEは頑張った、
でも日本の風景はダメだった。

劇中ではフランスのパリ(優雅ですねえ、なんか爆発してるけどw)とか
vlcsnap-2013-09-03-22h19m36s113

モロッコのタンジェ(物語設定ではケニアなんだけど)とか
vlcsnap-2013-09-03-22h25m45s14

物語の背景として「絵になる街並み」がいっぱい出てくるわけです。
んで、日本はといえば…

新幹線と
vlcsnap-2013-09-03-22h14m10s245

ジャンプ読んでるオタw
vlcsnap-2013-09-03-22h15m10s198

節子、それ街並みやない、ただのオブジェや!
ああ、他に撮るもんなかったのかよ。
まあ、ないわなあ。

そもそも日本の風景は趣がないし、
しかも、ギラついたいやらしい個性すらすでに失っている。

アホみたいに近代ビルが乱立したパースならば、
もう東京よりも上海の方がキテるしねえ(Mission:Impossible 3)。
京都もいざ撮るとなると全然絵にならないよねえ。
京都さあ、スタバ大杉だってばさ。
ディカプリオは京都好きみたいだけど。

—————-
んで、余談。
ラストのあのシーン、
コマは回り続けるのか、否か?
ってみんないうんだけど、それ、間違ってるから。
vlcsnap-2013-09-03-22h27m26s3

そもそも奥さんのトーテム使ってることが、
すでに狂ってるわけです。
コマの回転具合では、現実/夢の判別はできないのだ。

例えば、ドム・コブが東京のホテルに潜伏しているシーンで、
コマがこけた直後、電話が鳴る。
電話の主は、自分の娘だ。

なんで、潜伏してる日本のホテルに、
アメリカのガキが直通で電話してくんねん?

え?さっき電話してた?でも久々に話す感じだけど?
vlcsnap-2013-09-03-22h17m32s225

現実と思っていた世界も夢なんですよ。しかも悪夢。
だって、どうしてリア充な夫婦が人生1回分もの歳月を
夢の世界ですごしたいと思う?その動機は何か?
恐らく、現実の夫婦には子共がいなかったんだろう。

存在しない子供達が待つ”home”への煩悩に苛まれるドム。
義父のマイルズは教室で彼を諭す。
“Come back to reality”

ここからは私見だけど、この物語の真の主人公はマイルズだ。

物語では描かれなかった、さらに上の階層が現実なんだろね。
そこからマイルズがリンボーに堕ちた義理の息子を
救済しようとする話ではないか、と。

つまり、マイルズがドムにインセプションする話なんですよ。
そのために、この「物語」をでっち上げるわけですな。
まるで映画監督みたいにw

マイルズと彼は大学の師弟関係でもあった。
マイルズ教授は、実の娘を殺めた弟子を許した。
夢の中のミッションも「父と子の和解」がテーマになっているでしょう?
その結果、ドムは現世へ戻ることはできなかったけれど、
彼が永遠の悪夢から開放されるインセプションは成功した模様。

ラストシーンのマイルズ。
親子の再会の傍ら、微笑と寂しい目は何を意味する?
vlcsnap-2013-09-04-11h34m15s110

むう、ダンテの神曲もそんな感じのオチだったねえ。
キリスト教世界のハッピーエンドって、現世回帰より、
天国にいけることだもんね。

でもラストを不気味に描いるのは、
ニーチェ&ボルヘス的アンチテーゼとも
なっているんだねえ。。。
—————-

さらなる余談。
以上のアイデアを踏まえて、
『インセプション』(2010)と
『オープン・ユア・アイズ』(1997)、
『トゥルーマン・ショー』(1998)の対比が面白いと思った。

現実世界を描くか? 現実へ戻る?
オープン・ユア・アイズ 間接的に描写。仮想現実の開発者が登場。 主人公の判断にゆだねる。
トゥルーマン・ショー 直接描写する。虚構世界のプロデューサーが登場。 現実へ脱出したい主人公を虚構世界に押しとどめようとする。
インセプション 描写されない。現実の存在自体が不明。私説ではマイルズが物語全体の仕掛け人。 虚構に囚われた主人公を救済しようとする。

 
 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.