演歌とAKB@天理本通。

 

先日、奈良マラソン応援のついでに、
天理の商店街を観光してきました。

 

天理駅は奈良駅から万葉まほろば線で
約13分で行けます。ただし・・
電車が約40分に1本と心理的に遠いですw

駅前の長〜い天理本通商店街は、
観光客を意識した店舗は少ないですが、
奥にある教会参拝の通り道でもあるので、
歩行者のメインストリートにもなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ところで、
天理教は大学とか病院はつくったのに、
天理スーパーはつくらなかったんですね。
商業政策に関しては脇が甘いなあ。
否、地元商店街に気を遣ったのかも。

商店街の人に聞いてみても、
市民の日頃の買い物はスーパーです。
天理教で完結しているこの街ですら、
イオンが根を張っているわけです。

宗教都市vs資本主義の構図で考えたとき、
資本主義の方が高慢な世界宗教なんだな、、
いやイオン、めっちゃ便利ですよ、うん。

市場(イチバ)は宗教と密接な関係にあった。
昔は神社でトレードしてたわけでしょう?
俗世あっての聖なるものです。
天理教も地元商店街の活性化に
もっと力をいれたらいいのにナー・・・

 

———————————-

ま、そんなことよりも、
商店街を歩いていて、面白いことを発見!
funじゃなくてinterestingな面白さです。
それはCDショップの生存戦略についてです。

この10年、街中のCD屋が店を畳みました。
タワーレコードですらヤバイ、今日この頃。
そんな中、商店街のCD屋は案外生き残ってます。
なぜか?

その答え、天理本通奥のクラモトレコード
で見つけたよ。どーん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

演歌のカセットテープとCDです。
そしてその手前にAKBのCDがあります。
この品揃えの背景には次の3つが挙げられます。

1. 演歌というニッチなニーズに特化
2. 演歌が好きな年配者はリアル店舗で購入
3. 握手券目当の信者さんもリアル店舗で購入
※3の信者さんはAKB信者の人ねw

なるほど、音楽市場のスキを上手くついて、
零細店は生きながらえているのですね。

・・・とはいえ、いくらなんでもカセットテープは、
ちょっと時代遅れじゃない?

「カセット、まだ需要あるんですか?」と私。
「カラオケの練習はカセットやねん」と店主。

カラオケを練習する時に、
部分的な「巻き戻し」をするには、
CDよりもカセットの方が便利であるらしい。

ははあ、それは盲点だった!
まあ、CDプレーヤーでも出来るけど、
カセットの方が慣れているらしい。

こういうデリケートなニーズに
答えられるのは、零細店の方です。

 

フラットな世界が拡大すればするほど、
フラットぢゃないものの価値が高まる。
しかもその価値は、
マーケティングでは創造できません。

-小商いの復権。
クラモトレコードはそういう流れをも、
象徴してるように私には思えました。