吹田のUSJ的な@ニフレル

 

先日、今話題のエキスポシティに足を運び、

ニフレル に行ってきました!

エキスポランド(大阪府吹田市)跡地に、今年11月19日にオープンしたエキスポシティの中にある施設になります。

自称シティってゆうてるだけあって、ショッピングモール(ららぽーと)だけでなく、小さな遊園地があったりポケモンジムがあるんですが、その中でもニフレル大人気なんです。

年末の現在のチケット列の状況w

無題

ここは吹田のUSJですか?|д゚) ぎょぎょ。

安心してください、事前にネットで買えるシステムも用意されています。

ちょいっと入力が面倒ですが、これで何十分も極寒の中で待たずに済むんだし、しておいたほうがいいと思う(´・ω・`) こちらから

nihureru

(男性の諸君、事前に買っておくと彼女とストレスフリーなデートができますよ!!!!!!!!!)

気になる内容は、「ちょっと変わった」水族館「ちょっと変わった」動物園が合体した施設になっており、二つの「ちょっと変わった」を楽しめること。

ポイント1 変わった生物がたくさん

ふつうの海遊館や天王寺動物園にいる生き物より、ちょいぶっとんでる傾向あり。

例えば・・・・

IMG_5593

IMG_5596

IMG_5597

IMG_5598

こ、こいつらやっべっぞwwww

な、なんか癖つっえっぞwww

なんだか、紀元前時代の生き物を見ているような気分になりますよねw

IMG_5594

目玉のホワイトタイガーちゃん。

「ワイルドだろぉ~(。-`ω-)?」と言わんばかり、態度でかかったですw

ポイント2 本当に「触れる!」だった

IMG_5586

な、なんかテレビで見たことあるなコイツ!

彼の名は「ドクターフィッシュ」。

彼、人間の角質食べるんです。よってくるんです。こそばゆい。

 

自分の手で「に触れる」体験ができちゃいます(*’▽’)

ポイント3 展示の仕方に一工夫あり

IMG_5585

ただ、オシャレに展示しているだけじゃない。

IMG_5587

コイツ(スミマセン、名前を忘れました・・・)、写真じゃわかりにくいんですが、胴体めっちゃ長いんです。

普通の水族館では、コイツは土に埋まっていて、胴体の先から先まで見ることができないのですが、

ここはさすがのニフレル。土ではなく、透明なものに彼らを埋めて胴体全部みれちゃうんです。

こういう一工夫の発想は今までの水族館にはなかったですよね。

IMG_5595

プカプカと

空気の力で

浮き沈み

このように、展示物の説明が川柳でかかれているものもたくさんあって、見てて飽きないです。

普通に説明するんじゃなくて、いちいち凝っててオモシロイ。

ポイント4 動物の放し飼い

動物園だと、檻を挟んで動物を見学しますが、このエリアはガチの放し飼いです。

こういった動物園もいままでなかったのでは?

IMG_5592

ランプで日向ぼっこする、カピバラ殿。

IMG_5601

トイレの標識に止まるフクロウたち。

これ、置物じゃなくて本当に生きてるんですよ!

 

IMG_5599

ペンギンもいます!距離が近い!!!

 

 

・・・・・ムム??

 

IMG_5599(2)

ムムムッwwwww

結構鳥飛んでくるので、フンには気を付けたほうがいいと思います。笑

 

全体を通じて感じ取った、ニフレルのポイントをご紹介しました。

 

で、ですよ、ここはまさに吹田の「USJ 」やなと私は感じたんですよ(DAIGO風)

 

USJ=ウルトラ・サプライズ・ジャングル

      (めっちゃびっくりなジャングル)

 

 

・・・・・・・・・・・・滑り倒しておりますが、

ニフレル、オモシロイです。記事で紹介したのは、ニフレルの魅力のほんの一部。

実際に自分の足でいくことではじめて「に触れる」体験がたくさんできちゃいます!

みなさんもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!

One thought on “吹田のUSJ的な@ニフレル

  1. TDL=トリメンダス・ドリーミングリー・ラブリーズ
    (めっちゃ夢心地かわいー)でもありますな。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.