カフェについてのお話@中崎町

 

ちょっと休憩したり、人と話したりホッとしたい時にうってつけのカフェという場所。全国各地にさまざまなカフェがあると思います。

私は学生で、卒業論文はカフェをテーマに書きました。元々カフェというのはベルバラ時代のヨーロッパから始まり、江戸時代に日本にもコーヒーを飲む文化が伝わって、、、とあれこれ書く気はありませんが現代に至ります。駅前にあるスターバックスやドトールのようなチェーン店ももちろん便利で良いのです。しかし個人が経営するカフェの存在こそが、より素敵な街づくりには大事だよって話を長々と綴りました。まあなんとか楽しく書けて良かったのです。

また行きたい!と思える魅力的なカフェが街中にあることで、そこに自然と人が集まり、その街は明るく発展していきます。そのことを検証するために、大阪梅田から徒歩10分足らずの、中崎町という場所を約2年のあいだ取り上げてきました。今ではよく雑誌にも掲載されているし、知っている人は多いかと思います。特に若い女性にはおすすめな、一つの観光スポットになりつつあります。

中崎町には100以上のカフェ、美容院、雑貨屋や古着屋などなど点在しています。レトロな街並みの中あちこちにお店が多数あるのが魅力ですが、ひと昔前は普通に古い住宅地でしかありませんでした。何店か年季の入ってる純喫茶があるにはありますが、、ほんとに少しだけ。
そんな街に、15年前、カヌトンというカフェがオープンされたのが中崎町のカフェブームの始まりであることを現地の人のお話で知りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここ、中崎町のなかでもさらに路地裏にあります。わかりにくーい所にあります。中に入れば、たった一人の女性のオーナーさんがいらっしゃいます。そして、小さなキッチンで素材にこだわったスコーンやシフォンケーキを焼いている香りがしてきます。トップ画のシフォンケーキも、しっとり甘くて美味しいですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カフェだけど、壁にはオーナーさんセレクトの可愛い雑貨が販売されていたり、誰かの絵画の展示会が催されていたりしていてユニークな所です。暖かい雰囲気が素敵な、知っている人は知っている隠れ家的カフェ。

しかし、3月25日で閉店しちゃうんですよね。寂しい。寂しいですが15年もの間お疲れ様でしたという気持ちです。もし、この記事を見て興味を持った方がいらっしゃったならば、閉店までに一度でも足を運んでいただくこと、おすすめいたします。大阪梅田の人混みに疲れた方!中崎町はレトロ〜で落ち着きますよ。と言いたい所ですが、ここも最近人気になってきて人は増えています。笑

今でこそ、たくさん魅力的なお店が集まっている中崎町ですが、その始まりは紛れも無くこのカヌトンによるものでしょう。カヌトンのオープンによって、カフェ事業に興味があった他の若い人たちも次々チャレンジするようになりました。当時、中崎の土地代が安価であったこと、梅田から近いので人が集まりやすいことで気軽にオープンできる条件が揃っていたのです。現在は高くなっちゃってるようですね。

すっかりプライベートでも、ふらっと中崎町へ散歩しに行くことが好きになりました。他にもお気に入りのお店も何軒かできました。これも全てカヌトンさんのおかげです。私が卒論書けたのもね笑

本当に、ありがとうございました!

カヌトン
住所:大阪府大阪市北区中崎3丁目1−12
電話:06-6374-5099

One thought on “カフェについてのお話@中崎町

  1. そして、中崎町探索の旅はつづくのであった・・・!?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください