ca4e30a558625c530f3e602799b69f561

裏ナンバの「最強モヒート」

モヒートというカクテルをご存知だろうか?
16世紀後半、海賊フランシス•ドレークの部下、リチャード•ドレークがキューバに伝えたのが始まりとかなんとか。
難しい話はやめておこう。
早い話が、ラムとミントのカクテルである。
居酒屋で飲んだことがある人もいるだろうが、美味しいモヒートを飲んでみたい人にこそオススメなのが、この店である。前回はたこ焼きライターであったfreestyle7は、実はモヒート好きでもある。数々のホテルバーを渡り歩く際、ほぼ必ず注文するのがモヒートである。
正直、「日本一のモヒート」の看板を見た時には、全く信用していなかった。
どう批判してやろうか。と店内へ。
なかなか豪快な作り方である。。
大きなボウルにクラッシュドアイスを詰め込み、ミントは大量に。
freestyle7お気に入りはミント多め。
ほう、なかなか好みを理解しているではないか。
…2分後。。。
モヒート
何じゃこりゃあぁぁああ!!!!
ってぐらい完成度の高いモヒートの登場。
一口飲んで、「期待してなくてごめんなさい」って感じである。
正直に言うと、こんな完成度の高いモヒートは、ホテルバーに行ってもなかなかお目にかかれない。
二種類のラムを上部と下部に見事に使い分け、ライムの量も申し分ない。そして、惜しげのない量のミント。。。
モヒート嫌いって言う人は、ここのモヒートを飲んでから決めて欲しいものである。
さらに驚きの「コロガリータ」。
「何が転がるんだ?」と思った人は、まだまだこの店に入りきれていない。
コロガリータ
そう、フローズンスタイルのマルガリータにコロナが刺さっているのである。
※マルガリータ。
テキーラをベースとしたカクテル。この店ではフローズンスタイルであった。
ストローでチューチューと飲み進めていくのだが、
減ってきたコロガリータ
お分かりだろうか?
量が減ってくるのである。
ちなみにこの女性は「ちいちゃん」という、この店の美人お姉さんである。
実は彼女、雑誌「meets」にも取り上げられており、非常に明るい性格の持ち主である。
他にもこの店には激シブのマスターと、熟練の技を持つ女性オーナーがいる。
裏ナンバに訪れた際は、彼女たちの究極のモヒートに酔いしれてみてはいかがだろうか?
文 freestyle7
Bar FUu2
〒542-0075 大阪府大阪市中央区難波千日前14-18

One thought on “裏ナンバの「最強モヒート」

コメントを残す