こんな燈花会なら、もう止めたほうがいい。

世界遺産の街で、わざわざさあ、宗教儀礼でもなんでもない商業主義的イベントやることに私は懐疑的です。いい歳してアホ大学の文化祭のノリが心地よいのかな? その幼稚さが痛々しいわ。大人になろうよ、奈良。

そんな輩に食い散らかされる奈良公園。どうなると思ういます? 翌朝に散歩すると公園全体がゴミだらけです。

東大寺のハングルに怒り狂うわりにはさあ、じゃあ日本人自身の民度はどーなってるんだって話です。

結局、燈花会って、内輪のイベント業者が儲かってるだけでしょ。しかも、イベントとしてプロの仕事をしていない。なんちゃってボランティアに甘えて、プロの興業として手を抜きすぎなわけです。

その一例として、コストをかけて公園中に仮設のゴミ箱を増設しないといけないのに「奈良で金おとせ、でもゴミは持って帰れ」って、そんな都合のいい観光政策があるかっつーの。

それと、片付け忘れたロウソク、朝にシカが食べてたぞ。美味いのか?いや、そんなことないだろ。かわいそうに。こういういい加減さがいつか大火事につながると思うね。しかもここは重要文化財と天然記念物の杜でもある。

公園中に散乱したゴミを地元のじーさんたちが朝から掃除してる。この人達は日課として早朝の散歩&ゴミ拾いをしている(私はたまに)。彼らに「後の祭り」を押しつけて、果たしてこれでいいのかねえ。

コメントを残す