今どきの本の買い方@スタンダードブックストア

 
 
本ってみんなどこで買ってるんだろうか。というか、共通言語として“本”が会話に出てくることがない。この頃はマンガでさえ話にあがることもない、今週のジャンプ読んだ?って。

だってネットの中で全部済んじゃうものね。Amazonでレビューを斜め読みしていい感じなのをポチる。感想はツイッターで140字でポイってやっちゃえばいいわけだから。

で、ここで私は気になるんですが、他人のフィルターをそんなに信じられるのかってことなんですよね~。音楽とかならYouTubeで視聴したりできるからいいんだけど、本だとそういうわけにはいかん。だからまあめんどくさくても、実店舗に行って数ページ読んでからじゃないと、なかなか本は買えない。我ながら面倒くさい性格だなとは思いつつも、そんな私にうってつけのお店があるのです。
それがこのスタンダードブックストア。
image
しかもお店の掲げるコンセプトは「本屋ですが、ベストセラーはおいてません。」
どうです、ちょっと気になってきたでしょ?笑 早速スタンダードじゃないのかよって。

じゃあ何を置いてるんだって話ですが、ここに置いてある本はどれもちょっと見かけないようなものが多い。
平積みされてる本だって小説のコーナーでは中島らもや江國香織だったりする(ファンの人いたらごめんなさい、私も好きなので笑)し、男性ファッション誌を見てもメンノンは置いてなかったりする。

そんなけったいな本をホイホイと買えるかいな~ってことなんだけど、このお店のいいところは購入前の商品を店内のカフェで試し読みできるところなんですよね~。
1階で見つけた本を片手に、地下へと続くエレベーターを発見したらそこから降りていきます。
image

あ、それからこのお店、本屋のふりしてとにかくいろんなモノが売ってあります。
地下ではカフェのほかにも雑貨・文房具に洋服・家具…などなど色々置いてある。
image
可愛いお洋服に、
image
話題のメイソンジャーとか
image
みんな大好きマスキングテープもこんなに。(女子はこれが好きだって誰かが言ってたんですよ)
言ってみれば、ヴィレッジヴァンガード(ヴィレヴァン)のごちゃごちゃしてない、おしゃれ版みたいなことですね。

きょう私がカフェに持ち込んだ本はこの2冊。

image
昨年、劇団☆新感線と大人計画の合作で上演された「ラストフラワーズ」というお芝居の活字版と、
image
音楽社会学の研究書。

店内はもちろん数人で来てお喋りを楽しんでるグループもいるけれど、お一人様が多数派です。コーヒー片手に本に耽りこんでいるので結構静かな空間。私もコーヒー1杯で3時間も粘ってやりましたとも、ええ。
本を読むのに飽きたら、荷物を座席に預けたまま店内の雑貨やらなんやらを見たりして、結局1冊目の本は買わないで2冊目の本を購入。

と、まあそんな感じで、画面の中の誰かの評判よりも、自分の目で確かめるのも一つの手なんだねっていう今回の更新でした。

この心斎橋の本店の他にも、梅田茶屋町のNU茶屋町にもこのお店の分派があるので知ってる人もいるのかも知れないですが、店舗規模が10倍くらいは違うので是非本店にも足を伸ばしていただきたいなと。

【店舗情報】
大阪市中央区西心斎橋2-2-12
クリスタグランドビル1F BF
Tel.06-6484-2239
STORE HOURS 11:00am-10:30pm

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください