シカとハシブトガラス。

 

鷺池でシカに餌をやろうとすると必ずこやつもやってくる。なかなかの知恵者なり。そういえば去年、カラスがシカの毛づくろいしたり、耳そうじをしてたっけ。あれ、いったいなんなのだろう。

この本にもカラスの奇妙な行動について触れていて、著者はこれをカラスの「あそび」だと言う。要はエサが豊富なのでヒマなのだ。しかしながら、人間の「あそび」だって純粋に無邪気なものではない。なんらかの打算はつきものだ。

カラスだってシカと常にコミュニケーションをとっていないと、巣作りの時に彼らの毛をわけてもらえないし、エサのおこぼれにもあずかれないのだろう。

やはり、あそんでるフリした知恵者ではないか、と思う。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.