おかんでもできるSIMフリー版iPhone6の初期設定@IIJmioプリペイドパック。

 

iPhone6 Plusとは、最も小さいiPadである。
iPhone6 Plusとは、電話「も」できるiPadなのだ。

ガラケー + 「6 Plus」(プリペイド)= 情強

この仮説を立証するため、まずはアクティベートの仕方から(^^;)
結論からいうと、すげー簡単です。

STEP1 本体とSIMカードの購入

SIMフリー版のiPhone本体はアップルストアから注文してください。

SIMカードは、私の場合プリペイド式やつをIIJmioから購入。
これはamazonやヨドバシの通販で購入可能。
3ヶ月で4000円。
動画を見ない人はこれで十分ではないかな。

ここで注意すべき点は、

1 SIMカードがないと電源入れてもアクティベートすらできないこと
2 SIMカードの種類は、iPhoneではnanoであること

です。

本体が届いてからSIMを買うのは、もどかしいですね(経験談)。
SIMがとどいたら、まずサポートに電話して、
SIMに同封されている電話番号とパスワードを告げて、
開通の手続きをします。
時間的に1分以内で完了します。

STEP2 SIMカードを挿入

ここにピンをぐさっと刺します。
押しピン刺すときの80%ぐらいの強さでw

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしたらカードのトレイがにょっと飛び出ます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SIMカードの表裏に注意してください。
金属の節点が裏側です(そうしか入らないけど)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あとは指で押してトレイを戻します。

これでアクティベートが可能になり、
通信環境として、まずWiFiが使えるようになります。

STEP3 iOS APN構成プロファイルのインストール

手動でも出来ると思うんだけど、
プロファイルをダウンロードして承認すれば、
SIMカードによる通信が可能になります。

ただ、ダウンロードサイトなのですが、
説明書のアドレスをiOSのSafariから入力したところ、
こんなエラーが表示されるかもしれません・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうなった場合は、
たぶんスマフォ用のサイトに飛ばされているので、
「www」が「s」になっていないか確認してみて下さい。

こうして、「電話のできない」プリペイド式iPhoneが誕生しました!
そして「6たす」はヨコにして持つメディアですぞ。
この操作感、イイ!

コメントを残す