IMG_60231

京都でパン屋めぐり part1

 

 

こんにちは、meguです!

私、実は根っからのパン好きで、パンシェルジュ検定をとってしまうほどなんです!

そんな私の楽しみは、知らない街でパン屋さんめぐりをすることなんです!!

 

 

ということで先日京都でパン屋さんめぐりを行ってきましたので、

この場で私のパン好き具合と京都のパン屋さんを紹介させていただこうと思います(^^)/

 

ここでプチ情報として

京都市は日本でパンの消費量1位なんです!

京都市って伝統的な日本食のイメージですが、全国平均の1.4倍もパンをたべてるんです!

だからかパン屋さんもすごく多いんですよ☆

 

ということで、まずは黄檗駅周辺でパン屋さんめぐりのスタートです!!

今回は黄檗駅周辺のパン屋さんを二軒紹介させていただきます(^◇^)

 

一軒目はこちら!「たま木亭」さんです!

IMG_6023

パン好きなら一度は訪れてみたいパン屋さん。

「たま木亭」といえば、全国一位にもなったことがあるお店で

パンを食べるために京都の人だけではなく、県外はもちろん海外からも買いに来る人がいるという

「伝説のベーカリー」なんです!!

そんな人気店にも関わらず、市内からはなれた土地で、しかもお店の広さはたったの4坪!

いかにも「伝説」ってかんじのお店です!

私がお邪魔させていただいた時も店内にはあふれんばかりのお客さんで大混雑。

商品を選ぶお客さんに並んで私も店内へ~

店内には四坪とは思えないほどの商品数!本当にびっくりするくらいいろんなパンがヅラーッと並んでいました!

 

そんななか私が選んだのは、、、新作パンとクロワッサン

IMG_6082

クロワッサンは表面にカンパーニュ生地をはりつけていて、

サクサクという食感というよりはバリバリという食感で、ふつうのクロワッサンとは違っておどろき!

バターがすごくきいていてすごくおいしかったです!!

今回はパン屋さんをめぐるということでたくさんは買えませんでしたが、

もっといろんなパンを食べるために再訪することを誓うくらい魅力的なお店でした!!!!

 

 

そして早速二軒目へ~

たま木亭から歩いて5分くらいのところにあるのが「ナカジベーカリー」さん

IMG_6026

先ほどのたま木亭のすぐ近所だけどなんのその!っていうくらいお客さんがいて

種類もすごく多くてリーズナブルなパンがたくさん並んでいました。

昔ながらのパン屋さんといった雰囲気で、この地元では不動の人気店って感じでした!

 

そして私が選んだのはこちらの牛スジカレーパン!

IMG_6076

サクサクな生地のなかにスパイス感がやわらかい優しい味のカレーが入っていて

みんなに愛されるカレーパンという感じでした!

店員さんも気さくな方でほのぼの、癒されるパン屋さんでした!(^^)!

 

以上黄檗周辺のパン屋さんを二軒ご紹介しましたが、雰囲気もメニューもちがったパン屋さんで、

この辺に住む人は気分によってパン屋さんを変えているのかなとうらやましい気分になりました☆

みなさんのぜひパン屋さんめぐりしてみてくださいね~~~

ではではまたお会いしましょう(^◇^)

 

●たま木亭

住所 京都府宇治市五ケ庄新開14-91

時間 7:00~19:00

定休日 月曜日、火曜日

●ナカジベーカリー

住所 京都府宇治市五ケ庄西浦17

時間 6:30~21:30

定休日 火曜日、第2・4日曜日

 

 

 

 

 

 

PA121364

続・奈良 vs 伊太利亜。

 

奈良とイタリアの対決。そう、それは私の食生活における奈良のアンテナショップと成城石井近鉄奈良駅前店の代理戦争といっても過言ではありません。

正直、奈良に引っ越す動機の一つに「成城石井があるから飢え死にすることはないな」という思惑があったのですが、実際に暮らしてみると成城石井が霞んでしまう良品店が多いのです。

例えば、以前に紹介したバジルペーストですが、成城石井に売っているイタリア産のやつより奈良の方が断然!美味しいんですよ。イタリアのはちょっとエグみがあって、なんか臭い。明らかに奈良県産の方が日本人好みで、要するにそのまま食べられます。

これイタリアのバジルペースト。800円くらい? 臭みがあるので炒めないとダメだ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こっちが奈良県産。1000円くらい。高いけど分量も多いし、ナチュラルな風味。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、私の定番は冒頭のアイキャッチにある、フランスパンにバジルペーストぬって焼く、というものです。実はこのパンもこだわりがって、奈良県の「元」motoっていう無添加のやつで美味いんですよ。体にも美味しいはず。やっぱ腐るモノ食べるって大切ですよね。売ってる場所は・・・教えない(私の分、なくなるやん)。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あと、パンの下地にはイタリアの有機オリーブ・オイルをしみこませています。バジルの上にはパルミジャーノ・レジャーノの粉チーズを振りかけてバジルをなじませています。これらの輸入物は成城石井でゲット。記事タイトルに「対決」って書いちゃったけれど、実際には奈良とイタリアの「共演」ですねw
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみにトマトもアンテナショップの奈良県産です。 同じ「奈良」でもイオンで売ってる「奈良」よりも甘いんだなこれが。ナスビなんかも商店街の八百屋の「宇陀産(奈良)」のナスビの方が、もはや別物と言えるぐらいお甘みがあります。

いやぁ、次期ライター諸君、この辺の切り口がね、あの、ちゃらちゃらしたサヴィとは違うのだよ、サヴィとはっ(鼻水)。これが奈良に潜む日常性の奥深さってやつですよ。

奈良のアンテナショップは、見てくれがダサイので観光客はスルーしがちですが、なぜ地元のおばちゃんに愛されているのか、ちょっと覗いて見る価値はありますぞよ。

photo9

大和郡山のパン屋さん

 
 
お金が無い学生にとっては、交通費の出費は
痛い!もっと有益なことに使いたいもんです。

私の場合、毎日電車に乗っているのですが、
たまに大阪から定期区間よりも遠い奈良県の
あちこちへ行く機会があります。

例えば天理方面へ行きたいとき!
短時間で乗換えがスムーズなのは
大阪環状線で鶴橋まで行って近鉄で乗換え。
鶴橋からは急行がたくさん出ていてほんとに
便利です。だけど、その分電車賃は高いです!

そこで、
いかに安く電車に乗れるかをNAVITIMEで検索。
一番良かったのが、
奈良駅の一つ前にある郡山まで行って、
少し歩いて近鉄郡山までGOする方法です!

ただし、時間はかかるし、めっちゃ歩くし、
正直にいって面倒です。
だけど鶴橋ルートよりも片道300円も安く
目的地へ辿りつける!これは大きいでしょう。

そしてこの移動時間は、自分だけの自由時間
ってことで楽しむようにしています。

JR郡山駅⇒近鉄郡山駅への移動だって、
町を見ながら歩いてたらスグ!
郡山は、まず商店街があって
神社と和菓子屋さんが多い印象。
ちょいちょい可愛らしいカフェも並んでいて
奈良らしい、寂しいようで暖かみもある町・・・

photo_3

なんか看板があるなー・・・

photo_2

と通りがかりに、すごく気になっていたパン屋さんへ
帰りに寄ってきました♩豆パン屋アポロさん。

お店の中は撮らないでって貼紙があったので
写真は無し。可愛い雑貨屋さんのような店内で
個人的にすごく好きな雰囲気でした。

本や雑誌を読みながらのイートインも出来ます。
あんなにほっこり出来る空間で、
コーヒーやカフェラテが350円はすごくお得だ・・

photo_5

時間の都合上、パンと、一緒に販売されていた
郡山産の野菜を買って帰りました。
(家族のために、安くて新鮮な野菜を見つけたら
嬉しくなって最近よく買ってしまう。笑)

photo_4

ここはリピート!メロンパンもっちもちでした!
天然酵母の、素朴でシンプルな味わいで花マル!
もう、私のお気に入りのパン屋さん・・

って途中で買い食いしてたら節約ならんし!

さっさと早くて便利な乗り方で向かうのが結局、
お金と時間の節約になりそうですね。
でも寄り道は楽しいです。電車賃ケチった分を
面白い発見を買う事が出来ると思えば、
やっぱりケチりたい!!考え方はひとそれぞれ。

私は寄り道したいタイプです。

photo2

ルフラン、
もっさい曽根のパパンがパン!

 

こんばんは、shieです。
今回は、阪急曽根駅についてかかせていただきます! 阪急曽根駅は阪急宝塚線の普通のみが止まる駅で
主に住宅街と言える場所なのですが、その住宅街の中にもカフェやパン屋があったり、駅前はダイエーがあったりと少し栄えています。
今回は駅前のパン屋さんに行きました!名前はRefrains(ルフラン)といいます。
このお店では3種のチーズパン¥168 、クリームパン¥136、 栗のツイストパン¥147を買って食べました。

photo[2] (2)

3種のチーズパンは、パン屋さんでよく見るチーズパンの見た目なのですが大きくてボリューミーでした。2人か3人で分け合うのがちょうどいいぐらいです。3種類のチーズの味がしっかり感じられて美味しかったです。
モカクリームパンは、その日のおすすめ!か何かで、POPに惹かれて買いました。味は想像以上に美味しくてびっくりでした。中のクリームがほろ苦くて甘さは少なく、大人向けのクリームパンといった感じです。
秋ならではの栗を使った、栗のツイストパンは、見た目が美味しそうで即決でした。豪華な栗が乗っているのがお得感があります。

また、この店では 店内で買ったパンを食べることができるカフェスペースもあり、ランチやディナーメニューもあるそうです!
お客さんは、近所のお年寄りも多く、また、駅前なので若い人も多く見られます。

そして、曽根の駅前は夜になると、イルミネーションとまでは言えないのですが年中駅前でピカピカと光っているスペースがあります。なぜ年中光らせているのかいつも不思議に思います。(写真の時計のほかに、その周りの木にも電飾が施されています。)

photo[3]

例年通りだと、もうすぐクリスマスシーズンなので、この電光に加えてサンタさんやトナカイの本格的なクリスマスイルミネーションも増えると思われるので、もう少し豪華なピカピカがみられると思います。