15_px180

NY発のチョコレート専門店 マリベル in 京都

 

今日ご紹介したいのは京都錦市場から程近い場所にあるチョコレート専門店「マリベル」です。

2000年にニューヨークのSOHOにオープンして以来、アメリカセレブに愛されてきたマリベルが京都にオープンしたのは2012年4月。
今では渋谷店もオープンし、さらに2013年9月には祇園四条駅9番出口すぐの場所に測り売りのチョコレート販売を中心とする「CACAO MARKET」がオープンするなど、密かな、そして熱い人気を集めています。

錦市場の真ん中辺り、柳馬場通りを北へ歩くこと3分。可愛らしいブルーの扉がお店の目印です。

2013-12-21 14.55.11

扉を潜ってすぐお店!!…かと思いきや細い通路でした。随分奥まったところにあるんですね。この通路の長さだけワクワク感が増した気がします。

2013-12-21 14.56.03

さあ、いよいよ店内に到着です。

2013-12-21 14.57.14

20人ぐらい入れば窮屈に感じる程の小さな売り場の真ん中には乙女心をくすぐるシャンデリアが吊るされていて、すっかり気分はニューヨーカー。

さて、肝心のチョコレートですが…

mariebelle-130916

ショーケースの中はこんな風にずらーっと28種類のボンボンショコラが並んでいてとってもカラフルでした。
フレーバーごとに描いてあるイラストが違っていてちょっとした美術館かと思うぐらい。
ただ、ばら売りの値段表記はなく1個当たり400円+箱代で2個1,050円、4個1,890円、9個3,990円ということでなかなかのお値段でした。

私が食べたのはパイナップルとミント。
どちらもチョコレートとすごくマッチしてて、それぞれチョコレートの香りを引き立てていました。一言で言うと大人な味です。
他にもスパイス系のものなど「え、それチョコレートと合うの!?」って思うようなフレーバーがたくさんありました。

みなさん、あと1ヶ月もしないうちにバレンタインです。大好きな彼にちょっとリッチなチョコを贈ってみてはいかがですか。
私はひとり、販売スペースの隣にある喫茶店でゆっくりチョコレートドリンクやケーキを楽しむ予定です。

2013 12 21 14.15.17

祇園佐川と船はしや

 

こんにちは、yurikoです。
今日は八坂神社に程近い、祇園の佐川急便をご紹介したいと思います。
と、言いますのも祇園の佐川急便は他のサービスセンターとは一風違うのであります。

じゃんっ!
2013-12-21 14.15.45

町屋風の外装に佐川カラーの暖簾、つなぎ団子の赤提灯がかかっていてすっかり祇園の町に馴染んでいます。

気になったのでちょっと中へお邪魔してみると荷物を運ぶための三輪車がありました。
2013-12-21 14.16.49
なんでもこの三輪車、日本に1台しかないそうで天気のいい日は営業所の外に置いてあるんだとか。

で、気になる佐川男子はというと… 車夫をイメージしたという祇園サービスセンター限定のユニフォームを着てました。こんな感じです。
pct_index_2
(写真は撮れなかったのでインターネットの画像検索から引用)

通常のブルーと白のストライプのポロシャツもいいですが、限定ユニフォームも町屋の雰囲気に良く合っていて素敵でした♡

「京のおもてなしの心」が凝縮された祇園サービスセンターを開設するあたり、爽やかイケメンが多いことで注目を集めた佐川男子の写真集やカレンダーが発売されるなど、何かと話題性のある佐川急便らしいなと思いました。 

もう1箇所、京都らしい場所として向かったのは三条大橋のたもとにある、あられ屋さん「船はしや」
2013-12-21 12.41.24

1905年からこの場所にお店を構えるという船はしやには100種類以上の豆菓子やおかき、あられが並んでいます。
私がこのお店が好きな理由のひとつが、その陳列方法。
2013-12-21 12.41.45

2013-12-21 12.42.18

小さなお店の中にどさっと詰まれたおかきの袋と所狭しと並ぶガラスケースに詰まった豆菓子の迫力は圧巻です。
お店の片隅にある「ぶぶあられ」が京都らしさを醸し出してます。

100種類以上ある商品の中からお気に入りの一品を見つける楽しさを味わいに、三条へちょっと足を伸ばしてみてください。
ちなみに私のおすすめは、色々なあられや豆菓子がMixして入っている「顔見世」です。

2013-12-21 12.38.03

幕末の跡を辿ってみた@京都 池田屋。

 

どうもyurikoです。突然ですが、先日『京都時代MAP 幕末・維新編』という地図を買いました。
現代の京都の地図のうえに、江戸時代の地図が書かれた透かしの紙を重ねてみられる本なのです。
今回はこれを片手にちょっとマニアックな京都の幕末スポットを巡ってみました。

まずは池田屋跡から。

2013 12 21 12.38.381

なんと居酒屋さんになっているとは…。
中がどんな風になっているのか気になりましたが、約150年前、長州系尊攘派の約20名が新選組に襲撃され、斬殺・捕縛されるという血なまぐさい事件が起きたというこの場所でお酒をいただく気にはとてもならず入りませんでした。
このお店に入る方は池田屋事件を知った上で入るのでしょうか…? 
まさか150年後ここが居酒屋さんになっているとは、沖田総司も土方歳三も思わなかったでしょう。

次に訪ねたのは、四条木屋町にある古高俊太郎の邸宅跡です。
2013-12-21 12.54.06

この古高という人物はここで諸藩御用達・枡屋喜右衛門を名乗り、古道具・馬具を扱いながら長州間者の大元締として情報活動や武器調達などスパイ的な行為をしていました。
それを察知した新撰組がこの枡屋に押し入り大量の武器弾薬を見つけ、古高を捕縛したことで池田屋に尊攘派長州藩士が密会する情報を得た――― ひとことで言えば池田屋事件の発端となる人物の邸宅跡です。

2013-12-21 12.54.54

こちらは汁物がいただける「志る幸」になっていました。
懐石料理(6000円~)か利休弁当(2415円)の二択という学生の財布には厳しいお店ですが、ちょっと贅沢して入ってみました。

misenaka

お店の中は非常に狭く、一段高くなっている座敷を囲むようにしてカウンター席が配置されていました。
狭いので座敷で荷物や上着を預かってもらえます。

そして注文したのが利休弁当。
2013-12-21 13.01.00

お店一押しのお汁は白味噌仕立てで、甘く優しい奥の深い味でした。
文才のない私にはとても表現できませんが、今までで一番美味しいお味噌汁だと断言できます。
ちなみにお汁の具材は追加料金を払えば季節の野菜などに変更できるそうで、落とし芋が美味しいんだとか。

そんなこんなで今回の幕末スポットを巡る旅は終了したいと思います!
って2箇所しか紹介できてないですね…。
機会と需要があれば第2弾もある。かも?

2013 12 21 13.56.491

知恩院の鐘

 

クリスマスも終わって、いよいよ迫る年の瀬。
年の瀬といえば除夜の鐘っというわけで、ちょっと気が早いですが京都の中でも有名な除夜の鐘スポット!?知恩院に行ってきました。

2013-12-21 13.50.09

この立派な三門は国宝だそうです。
境内の地図を見ていて気になったのが、なぜ山門ではなく「三門」なのかということ。
で、調べてみますと…
“「空門(くうもん)」「無相門(むそうもん)」「無願門(むがんもん)」という、悟りに通ずる三つの解脱の境地を表わす門(三解脱門:さんげだつもん)を意味している”とのことです。

たかが漢字一文字の違いですが…奥深いですね。
私の場合100回ぐらいくぐらないと悟りの境地の「さ」の字にも到達できそうにありませんが。。

さて、そんな三門を抜けると目の前に広がるのは…

2013-12-21 13.53.16

急勾配かつ長い階段。いい筋トレになりそうですね。

そんなこんなでやっとたどり着きました。大梵鐘です。

2013-12-21 13.58.30

こちらの梵鐘は、高さ3.3メートル、直径2.8メートル、重さ約70トンあって奈良東大寺と並ぶ日本最大級の大鐘だそうです。
こんなに大きな鐘をついたら、どれだけ大きな音がでるのでしょうか…?
ちなみに大正時代にアインシュタインがこの鐘を使って音の実験をしたんだとか。。
気になる方は今年の大晦日も22時40分から除夜の鐘が始まるそうなので聞きに行ってください。

さて、もうひとつお勧めしたいスポットはモダンでキュートなデザインの風呂敷屋や手ぬぐいが揃う「RAAK」です。
2013-12-21 13.30.39

パンダ柄やハリモグラ柄などの動物シリーズや四季をテーマにしたもの、明るい色使いが印象的な柄物など色々あって見ているだけで本当に楽しいお店です。

2013-12-21 13.31.41

2013-12-21 13.31.23

風呂敷・手ぬぐい以外にも、がま口やミニタオルなど普段使いできるものもあるので、ぜひ一度お店に行ってみてください♪

<RAAK 祇園切通し店>
営業時間:午前11時~午後8時 / 休日:無休
京阪「祇園四条」駅下車徒歩4分

9f081ef473abd95928c50ae9f841c2851

隠れた名店@大阪駅前第2ビル

 

皆さん、大阪駅前ビルの存在はご存知でしょうか?
迷宮のように広い梅田の地下街を北新地駅方面に向かうと「大阪駅前ビル」の表示が出てきます。
この駅前ビルは第1~4まであり、1970年~81年の間にオープンされました。
大阪駅北側にルクアやグランフロント大阪など新築ほやほやの綺麗なビルが立ち並ぶのに対して、こちらのビル群は結構な古株さん。
シャッターが閉まっているお店も少なくなく、ちょっと近寄りがたいイメージがあった大阪駅前ビル、今日は第2ビルに行ってきました。

写真 (11)

可愛い雑貨屋さんやトレンディな洋服屋さんが揃うディアモール大阪のすぐ傍に、大阪第2ビルの入り口はあります。

中に入ってみると…
写真 (12)

居酒屋さんやパチンコ屋さん、うどん屋さんetc…女子がひとりで入るには敷居が高いお店がずらり。
でも、古めかしい雰囲気とお店の雑多な配置が面白く、「次の角にはどんなお店が並んでるのだろう」と探検気分を味わいながら歩いていると、ちょっとかわいらしい雰囲気のお店が。

写真 (13)

「グリル北斗星」です。
なぜ、この店に惹かれたかといえば店頭のメニューにある「トルコライス」なるものが、物凄く気になったからです。
これは食べてみなくては!と言うことで、早速店内へ。
メニューを見ると「エビフライトルコライス」や「ハンバーグトルコライス」など様々なバリエーションがありました。
どれも800円と言うことでかなり迷ったのですが、お店一押しのポークカツトルコライスを注文。

写真 (14)

玉子に包まれたカレープラフのうえに揚げたてさくさくのポークカツ、さらにデミグラスソースがたっぷりかかったボリューミーな一品ですが、カレーピラフのスパイシーさと一緒に出される大根のピクルスの爽やかさでペロッと完食してしまいました。

とっても美味しかったのですが、トルコライスのトルコ要素が全く分からず…インターネットで調べてみると、
「トルコ料理起源説」や「トルコ架け橋説」「トリコロール説」「トルコ風呂由来説」など、どうやら諸説あるようです。
私としては、世界3大料理として名高いトルコ料理ぐらい美味しいよ♪ってことなのかなーなんて思いましたけど。

皆さんも大阪でショッピングする際はちょっと足を伸ばして探検気分を味わってみてください。
他にも隠れた美味しいお店が沢山ありそうですよ!

グリル北斗星
北新地駅11-23出口から徒歩約1分
梅田(阪神線)駅D-27出口から徒歩約3分
西梅田駅10(西梅田駅)出口から徒歩約3分
月~土 11:30~21:30日・祝 11:30~20:30