SPINE.

 

承前
TRANSFORMATION. | NARA NEARBY COMMONS.
DOCKING. | NARA NEARBY COMMONS.

 

SPINE             

合体DOCKING、変形TRANSFORMATIONときて、ロボットは脊椎SPINEを目指すことになる。だが、SFとロボット工学のいづれの世界においても、背骨を持つ人型ロボットの存在は有機体との区別をあいまいにしてしまう。人工脊椎の導入は、外骨格から内骨格へのフレーム変更をも意味している。さらに、脊椎という内骨格を支える筋繊維の存在も考慮に入れなくてはならない。さて、こうして生み出された目の前のそれは、はたしてメカなのだろうか?

このような疑念すら物語設定に取り入れたのが「エヴァンゲリオン」である。この作品の内容に踏み込まなくとも、エヴァはアニメ史において記念碑的作品だ。なぜなら、エヴァンゲリオンは「セキツイ」のロボットとそのアクションを前面に出したからだ(まあ正確にはロボットじゃないんだけど)。うんこ座りで、お食事してる初号機さん↓。
da67b87a

セキツイの設定だけならば、永野護のFSSのモーターヘッド(改名:ゴティックメード)にも形式的には存在する。だが作中のメカはそれほど関節の動きはなく、プラモなどの模型の腰も可動はしない。セキツイという可能性を秘めた設定とは裏腹に、基本的に永野デザインは彫塑的なプロモーションである。以下は改変前のレッドミラージュ。
led8 hr2_090920_FSS_08
背面から見たの内部の脊椎(↓青色のパーツ)
DSC01995_R2

画像お借りしました:それさえもおそらくは平凡な模型 ボークス 1/32 L.E.Dミラージュ 胸像 その33 ~完成 Bサイド~.

また、前回にも触れたが、アニメ版「機動戦士ガンダム」は、設定上あり得ない柔軟なモーションを見せる。

09_05_29

67d78ee3f85a10d99a34a5c6a9dca0eb43217c31.30.2.9.2

この初代ガンダムの「セキツイ」が存在するかのような柔軟さは、武器にサーベルと盾が存在したことが大きい。剣と盾は、腰の動き無しに使用することが出来ない。だが、それゆに超合金ガンダムで遊んだ時の「コレジャナイ感」を伴った。超合金のガンダムは、盾を手前に構えることができなかったのだ。こういった矛盾めいたモーションが、その後のガンプラ・イノベーションへの誘因となったとも言える。また、エヴァ以降のガンダムは、なめらかな動きを予め設定に組み込んだMSが登場する。例えば、ダブルオーガンダムの腰関節は人のように動く↓。
hcmpro_00gundam0038

画像お借りしました:HCM-Pro 60 ダブルオーガンダム – HCM-Pro ももんじゃの散財帖.

さらに、連載中のサンダーボルトの「アトラスガンダム」は、「セキツイ」をより明示的なギミックとして持っている。背面に注目せよ。この物語は初代ガンダムの時代である。詳細はよく知らないが、ジム系やコアブロックシステムとは異なる設計思想のMSなのだろうか。
60353779

 

 


さて、ガンダムから離れよう。このセキツイ問題は、SFロボットだけの話ではなくて、ドールにも当てはまる。例えばボークスの「スーパードルフィー」は、かなり人間的な動きが可能な人形だ。持ち運ぶときはバイオリンケースに入れるらしい。

ctg01_sdtoha_chatch_picF

Super Dollfie®.net – スーパードルフィーとは.
ちなみに、これに関して、ボークスは特許を取得している。

特許
JA2002119768A_0003
JA2002119768A_0008
このように、人間的なポーズを追求すれば、球体関節人形も「セキツイ」をめざすことになる。しかし、このボークスですら、セキツイの末端の「首」を軽視している。硬直的な首は、人形の表現の範囲を狭めしまっているのである。どのようなポーズをとったとしても、ドールの顔は肩から一定の距離を保ったままだ↓。
名称未設定この場合、「首をかしげる」はできるが、「首をすくめる」ことができない。それは顎(あご)が肩のラインの下にくるポーズがとれないことを意味している。例えば「困った」「アンニュイ」「ほおづえをつく」などの身体表現が困難となる。スーパードルフィーの、かわいいけどどれもステロタイプな感じがするは、この点にあるかもしれない。

 


セキツイの持つ曲線美に関しては、以前の金剛力士像で見た通りだ。この写真の平面をXY平面とするならば、セキツイが持つ曲線はZ軸(奥行き)においても影響を及ぼす。
名称未設定

例えば「猫背の仏像」で検索すると、鎌倉の大仏が出てくる。daibutsu

345624d3ed9bc7513e8fa5e7a41d7c52画像お借りしました長谷さんぽ(鎌倉大仏) | ビークルーエッセブログ.
この猫背感は、鎌倉の大仏が参拝社の方を見ているからである。東大の復元イメージより↓。Image13

これとは対照的に、奈良の大仏は姿勢は良く、視線は遠くを見つめている。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
遠く=悟りを見つめる大仏を拝むのと、こちらを見つめてくれる大仏を拝むのとでは、その意味合いがちょっと意味が違うかな、と思った。

 

TRANSFORMATION.

 

承前 DOCKING. | NARA NEARBY COMMONS.


TRANSFORMATION   

機動戦士ガンダム以降のロボットアニメの機構の潮流は、「合体」DOCKINGから「変形」TRANSFORMATIONになります。ガンダムの世界では、Zガンダムがその筆頭ですが、小説版のZガンダムには変形機構は無かったです。これは通称「藤田版Zガンダム」と呼ばれています。これ。
VF-2SS_080011-1

Zのアニメ版を練っている最中に、マクロスの人気が出て、Zガンダムにも可変機構が採用されます。マクロスのバルキリーはアメリカでも大人気でした。向こうでは「ROBOTECH」というタイトルです。ガンダムが欧米で人気がないのは、単純に黒人が出てこないからだと思います。白人と東洋人だけの未来は、明らかに人種のバランスとして不自然なんですね。
VF1S-Strike_Fighter-GERWALK-Battroid

roboteck1201_02

ところでガンダムの世界で、人型から飛行形態に変形できると何がうれしいのかと言うと、オプション無しでそのまま大気圏に突入できる点です。しかし、劇中ではその設定が活かされていませんでした。むしろ地上部隊のカラバに採用されたZプラスの方に説得力がありましたね。ちなみにZプラスは、カトキハジメの工業デザイン的センスにより、プラモで初めてまともな変形が可能になったZです。関係ないですが、ジャレコの「フォーメーションZ」は好きなゲームでした。あえてアーケド版をば。

個人的に、Zガンダムとバルキリーの比較した場合、中間形態が存在するバルキリーの方に分があると思います。Zガンダムは人型がメインで、バルキリーは飛行機の状態がメインですね。ただ、子供の頃から思っているのですが「どっちも変形中に撃たれて死ぬなあ」というのが正直なところです。「変形」のプロセス自体に(兵器的な)合理性とカチカチっとした気持ちよさがあったのは、Zガンダムでもバルキリーでもなくて、モスピーダのレギオスですよ!!!学研のやつね。脚がもうちょっと外向きに開けばよかったのに。この玩具は変形させること自体が愉しかった。ボディの中心に軸があるので、変形がスムーズなんですね。ふむストーリーは覚えてませんが・・・これもROBOTECHの一部です。

昔の学研のやつ。
602020628
アメリカのメーカーが再販しているようですが、日本製の繊細なヤツが欲しい!
040834

増淵宗一は、芸術のカテゴリーにおける「彫塑的なもの」と「人形的なもの」の差異を考察している。前者がその対象に触れず目で捉えるのに対して、後者は手で触ることを前提に作成される。仏像や芸術作品のような神聖な存在は、往々にして触れることがタブー視される。それは彫塑的な存在なのだ。他方、子供の玩具は人形的なものに属している。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかしそうであるにもかかわらず、Zガンダムやバルキリーは鑑賞するための彫塑的趣が強い。これらの変形操作は、観賞用のポーズを取るための二次的な調整行為でしかない。これに対して、モスピーダのレギオスは、変形プロセス自体に触覚的な存在意義があった。結論。レギオスは触っていて愉しい。ただし学研のやつ。同じ変形ロボでも、この差は大きいと思う。

DOCKING.

 

鎌倉時代の力士像が江戸時代のそれよりも見栄えが良いのは、脊椎による曲線美の有無にある。そんな記事を前回書いたけれども(静物と生物を分かつもの@奈良東大寺。 | NARA NEARBY COMMONS.)、日本のSFロボやその玩具の歴史もまた、合体 docking/変形 transformation/脊椎 spineという観点から捉えることができるだろう。

名称未設定

 

 

DOCKING   

「合体」と言えば、やはり思いつくのが機動戦士ガンダム THE ORIGINEですね。真のオリジンである70年代ガンダムでは、コアブロック構想をめぐってひと悶着あったようです。作者である富野氏がきっとこう言ったのでしょう。コアブロックなんてガキっぽいんだよ!悲しいかな、 企業のスポンサード無しにアニメはつくれません。その後、玩具メーカー「クローバー」の意向を受けて、ガンダムはコアブロック機構とトリコロールカラーを採用します。
8cedda4a

富野氏が思い描くガンダムの色は、ユニコーンのように真っ白でした。彼は「2001」や「SATR WARS」に出てきた宇宙船に影響を受けています。なので、そもそも富野氏は日本のロボットアニメが大嫌いなんですね。岡田斗司夫曰く、そういう富野氏のアンチ・マーケティング精神と怨念が物語内のシャアに憑依して、物語設定をめちゃくちゃにしていく。そういう形で原作者のカタルシスが浄化される。・・・なんとも屈折した作品です。

ただし、「ドッキング」はSFの想像の産物ではなく、1970年前後のアポロ計画の要の機構でした。なので、合体機構それ自体は、SFでも子供じみているわけではいんですけどね。問題なのは「人型のロボットがドッキングする」ことです。分離できるなら何のための人型なんだよ、っていうツッコミは確かにあるとは思います。ジオングなんかまさにそうですよね。シャアって、この後金ぴかのMSにも乗るけど、この人のセンスって狂ってるよね。話を戻すと、ガンダムの世界でのコアブロック機構は、パイロットの生存確率を高めるためにあります。

81QJICEWVjL-1._SL1500_

ドッキングといえば、こんなのもありましたねえ。
2010052016092727d

 

余談。人気が無くて打ち切りになった「機動戦士ガンダム」は、夕方に再放送されていました。それでも当時の私は保育園児で、なんかむずかしいなー、そして玩具のロボットはもっさいなー、って感じでイマイチな印象を持っていました。その後、小学校になって、小遣いで買える玩具はガンプラだったんですね。ガンプラを作るのが上手いやつって、クラスで一目おかれましたよね。そして、プラスチックだからいろいろ加工もしやすい。大人がタミヤ模型の戦車みたいに、ウェザリング処理したガンダムやザクのジオラマを作りはじめる。この時、「2001」のような純白の宇宙船、そしてトリコロールカラーのスーパーロボットとも異なった「泥臭いリアルな空想兵器としてのモビルスーツ」が登場するのです。

「HOW TO BUILD GUNDAM 2」 1982年
Unknown

「機動戦士ガンダム」は従来の超合金ロボを売るためのアニメとしては失敗作だったのですが、プラモというさらに格下の玩具市場から再評価されたのでした。その理由は、ガンプラは超合金ロボよりも安価で子供が容易に手に触れることができたこと、他方大人にとってはマニアックな加工表現が可能な素材として見なされたことによります。こうして大人・子供を巻き込んだガンプラ・ブームが起こります。ガンプラが社会現象になった背景には、大人を巻き込んだということが大きいですが、バンダイが積極的なマーケティングをしていたわけではないです。

森町の頭の中↓ むむむ描き直したいが・・・めいんどくさいのでこのまま。

2015年03月01日13時04分44秒

「実在する兵器の模型」と「SFのロボット」という明確な境界をとっぱらった作品として「宇宙戦艦ヤマト」がありました。この作品によって「自在する兵器は大人向けのタミヤ模型、アニメ作品はさらに格下の子供向けプラモ」というカテゴリー区分がゆらぎます。ガンダムは、ヤマトによる市場変化の波を上手くつかんで復活をとげるんですね。バンダイはマーケティングはしなかったけれど、市場構造のゆらぎを意味づけて、一つの確立したマーケットにすることに成功したとは思います。

静物と生物を分かつもの@奈良東大寺。

 

鎌倉時代の金剛力士像に比べて江戸時代の毘沙門天の方がダサいという事実は、技術や知識を伝承する努力を怠るとどうなるのかをよく表している。ファミコンを設計した村上さんが言ってたけれど、任天堂はゲームを作ったあと、子供達がそのゲームをどう遊んでいるのかをチェックしていないらしい。なんで?って聞いたら、そんなヒマないよ、だって。自分達のつくったものの何処がウケてどこが不満なのかを正確に把握できていないのだ。だから最近の任天堂って、キャラゲーばっかなんだよ。過去のノウハウを継承発展できていないのだ。

ええと、それはさておき、前回にも書いたけど(〈瞳〉の博物誌@奈良東大寺。 | NARA NEARBY COMMONS.)、運慶快慶の金剛力士像の躍動感は、下から見たパースのリアリティを追求していることに由来している。おそらく、東大寺の金剛力士像を1/12スケールのフィギュアにしても、バランスが悪いプロモーションになるだろう。東大寺の力士像はあくまでも私たちがそれを「見上げたときの」臨場感を優先してデザインされている。裏を返せば、ある種のリアルを超えたある種のデフォルメがほどこされているのだ。

これに関して、もう一つ違う観点から考えておこう。以上のように、運慶快慶の力士像は反リアルなデフォルメを持ちつつ、生き物の躍動感の本質を外してはいない。その本質とは「脊柱」である。これが静物と生物を分かつのだ。力士像の身体の中心には、しなやかな多関節がある。

DRTRD

他方、江戸時代の巨像には脊柱(しなやかな軸)が存在しない。左右対称のボディが塊としてある。
名称未設定

このコレジャナイ感は、親にはじめてガンダムを買って貰ったときの気持ちに近い。クローバー社のガンダム。
img_4

「クローバー ガンダムDX合体セット」 機動戦士ガンダム ( おもちゃ ) – -TUGUの日替わりめにゅ~- – Yahoo!ブログ.から画像を借りました。

人型なんだけど、直立不動な感じが嫌だったw だってアニメだとこんなにしなやかなのにー。
09_05_29 20080509162125-19589

絶対、脊髄あるやろ、みたいな。近年はそのアニメの動きに近づけるべく、ガンプラも進化してます。それでも脊柱は存在しえないんですね。コアファイターの存在を否定することになりますw
71Z6Pk3cRFL._SL1500_

〈瞳〉の博物誌@奈良東大寺。

 

おじさん、今日わ、かしこそーな話しちゃうぞ♡

 
冒頭のアイキャッチは仏像のレプリカなんですが、仏像の黒目の部分は水晶なんですね。その技法を「玉眼」といい、鎌倉時代からのテクニックらしいです。しかし、東大寺の大仏や南大門の金剛力士像には適用されていませんね。大きな瞳に合う水晶が高すぎたのかもしれません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

じゃあ、東大寺南大門の金剛力士像(鎌倉時代1203年、運慶・快慶他)からみていこう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
モノクロをズームで。瞳は玉眼ではなく、立体的に掘り出されています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
うんちくはこれ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次に中門の毘沙門天と持国天(江戸時代1719年、山本順慶)だ。運慶快慶から500年後の世界。おい!造形師劣化してない?。ポーズに躍動感がない。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
でも瞳は水晶orガラス?がはめ込まれている模様。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に大仏殿の内部へ。拝観料は500円です。
大仏どーん。白目を塗ってます。でも大仏は何度も修復されてまくっているので、奈良時代のものとは全然違うデザインです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
でも蓮の部分の絵はかなり古いはず。アニメチックw
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大仏殿には巨像がさらに二体あります。広目天と多聞天(江戸時代1799年)です。
多聞天。着色がハゲてますがうっすらと瞳が見えます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
広目天。そもそも着色されてない? 塗られた黒目が見えますね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やっぱ運慶快慶って天才だと思った。教科書でみる金剛力士像だとすごく客観的に描かれていて、それだともうちょっと頭小さい方がよいのに、とか思っちゃうんですよね。でもそれは間違い。教科書のそれはありえないパースなんですよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

金剛力士像は下から見上げるパースなんですね。そのときに、バランスと迫力を兼ねたデザインとして作られている。つまりわざと頭は大きめに作ってあるわけです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
江戸時代は細かい装飾にこだわっているけれど、下から見上げたパースはイマイチですね。躍動感がなく棒立ちしてる感じなんです。

じゃ、最後につぶらな瞳でしめます。ぽわーん。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA