d50fc77516252b02b7e357449361e096

戸田奈津子問題はなぜ起こったか?

 

彼女が週刊誌で叩かれたのって、2002年ぐらいからだったと思う。ただそれ以前からも、色々とやらかしていた人なのに、なぜこの頃から叩かれだしたのか?

それは、PS2の普及もあってメディアがVHSからDVDにシフトしたこと(英語字幕を見ることができる)、さらにその後レンタルもDVDになったからだ。そして、字幕の誤訳をインターネットでシェアできるようになったことも重要な点だ。(ってゆーか、字幕なんて、素人がみんなで作った方が楽しいかも)

『ロード・オブ・ザ・リング』で戸田字幕の問題が表面化したが、この作品が好きな人ってITに通じているオタク気質な人達なので、集団で敵に回すとやっかいです。某掲示板のように。

80年代に彼女のヤバさを見抜いていたのがスタンリー・キューブリックで、その経緯はWikiに詳しい。

他のキューブリック作品でも多い例だが、キューブリック自身が本作品の字幕翻訳をチェックしている。当初、日本語字幕への翻訳は戸田奈津子が担当したが、ハートマン軍曹の台詞を穏当に意訳したため、再英訳を読んだキューブリックは「汚さが出てない」として却下、急遽、原田眞人が起用され作業にあたった。

「戸田訳が上品だったのでクビ」ということらしいが、翻訳のニュアンス程度の問題なら修正指示で済んだと思う。キューブリックは大物俳優でもワンシーンに100テイクとる監督だ。それは役者を信頼している証拠でもある。このことはプロダクションのスタッフの一人である翻訳者に対しても当てはまっただろう。もしキューブリックが彼女を信頼していたならリテイクで済んだはずだ。そう考えると、キューブリックが彼女をクビにしたのは、別の原因があったんじゃないか?

誤訳よりヤバいことは、言ってもいないセリフを付け加えることです。

彼女の悪癖を『ファイト・クラブ』で紹介しよう。パブの地下で集会を開いていることをオーナー(Lou)に見つかったシーン。タイラーがオーナーに襲いかかりながら言うセリフは・・・

vlcsnap-2015-05-09-06h43m42s50

You don’t know where I’ve been, Lou.

直訳:あんたは俺がいる場所を知らない、ルー。
意訳1:あんたには俺の境地がわからないんだ、ルー。
意訳2:見逃してくれよ、ルー。

・・・ってな感じでしょうか? 英語では1と2の両方の意味を兼ねていたと思います。

それが戸田氏の字幕ではこうです。
vlcsnap-2015-05-09-06h41m50s155

vlcsnap-2015-05-09-06h42m10s105

ちょっ・・・w

 

精読『ファイト・クラブ』その7。

 

あれ、画像アップできないや、メンテ中? なにこれ。morimachiさん、ならねこ止めちゃうの?

まあいいや、ファイトクラブに出てくるステロイドの話をしてたと思うんだけど、あれの続き。ステロイドの名前がそれぞれ微妙に違うんだよね。しかし、それは単なる誤字ではない。意図的にそうしているんだ。

実在する”Dianabol”は、小説でも登場する。たぶんボディビルダーの定番の薬物のようで、知ってる人は知ってる商標なんだろう。しかし、小説版では実在する ”Winstrol”は、”Winstrol”に変更される。なんでかっていうと、小説では「競走馬用のステロイド」という架空の商品だからですw そもそも同じ名前であってはいけない。しかし馬のステロイドって、、、そんなんあるのw

映画版ではさらなる変更がある。小説でも変更されなかった”Dianabol”が映画では”Diabonal”になっている。この微妙な差には、物語の文脈がかなりグレーなところにあるからだ。なぜかというと、小説では、ボブが体調の変化をステロイドのせいだと思っいこみ精巣ガンの早期発見が遅れた、という感じのことが書かれている(邦訳22㌻にある。ものすごく分かりにくいけれど)。しかし、映画では、ステロイド乱用がガンに直結したニュアンスになってしまっている。これは、ちょっとマズイ。だから名前を変えたんじゃないか。

小説の架空の競走馬用ステロイド”Wistrol”が映画では”Wisterol”とさらなる変更が施される。これは綴りとしての差異だけでなく、発音しても明らかに違うものとして聞こえるように配慮したものだろう。ね、映画『ファイト・クラブ』は結構、優等生なところあるでしょ。

ステロイドの商品名
  実在する商品名   小説版での商品名   シネマでの商品名
    Dianabol     Dianabol(同じ)     Diabonal
  Winstrol     Wistrol     Wisterol

 

Anabolisants_naturels___Dianabol__Anavar__Sustanon_pas_cher

精読『ファイト・クラブ』その6。

 

『ファイト・クラブ』は破壊的で反体制的な映画のイメージがあるけれど、案外利口なところがある。不良で学校の成績も悪いんだけど、河合塾の模試でトップの成績とれる奴っているじゃない。そしてバカな子分をおもちゃのように弄んでいるというアブない奴。『ファイト・クラブ』はそういう映画なんじゃないか。ワルなんだけどなぜか校長先生のお気に入り、みたいなw こういう『ファイト・クラブ』の計算高さが垣間見られるのが、ステロイドの名前が出てくるシーンだ。

例のごとく小説版から。

Big Bob was a juicer, he said. All those salad days on Dianabol and then the racehorse steroid, Wistrol. p.21

俺は薬漬けだ、とビッグ・ボブは言った。最盛期にはディアナボルに頼り、やがて競走馬向けの筋肉増強剤ウィストロルに頼った。邦訳p.22

 

映画版では、0:08:17のシーンに対応。
a
u

Diabonalディアボノル、Wisterolウィステロル。ふむ。

ここで良く見比べて欲しい。小説版と映画版では、商品名が微妙に異なる。気になるねえ。さて、僕はもう眠いので、続きは明日。

dorei

精読『ファイト・クラブ』その5。

 

消費社会を風刺した、あの有名なシーン。もちろん小説にもあります。

The people I know who used to sit in the bathroom with pornography, now they know who used to sit in the bathroom with their IKEA furniture catalogue. p. 43

以前はポルノ雑誌を手に便所に腰を下ろした知人たちも、いまやイケアのファニチャーカタログとともに便座に座る。邦訳p. 51

小説版では、爆破された自宅から落ちてきた家具のブランドを列挙するのですが、映画版では爆破される以前に通販で購入しているシーンが挿入されています。その演出もCGを駆使していて、今見ても陳腐に感じないところに、そのセンスの良さがうかがえます。

エリカ・ペッカーリは実在するデザイナーです。
erika

クリスプク、ホヴェトレックは検索しても出てきません。小説にもない。北欧っぽい名前の架空の商品?
hove

オハマシャブも聞いたことない。小説にも出てこない。
ohma

リズランパもしらん。
rannpu
あとはダイニング・セットを買えば すべて完ぺき!
daininngu

正確に言うと、今の水準から見れば少々CGはチープなんだけど、そういう「ちょっとCGくさい質感」ですら、表層的な消費社会の耐えられない軽さとして僕たちは読み込んでしまう。これを打ち消そうとするかのように、記号とコピーの濁流が生まれる。でも、メッセージの氾濫はかえって仮想性を際立たせ、リアルから遠のいてしまう! まさに僕たちが生きる消費社会そのものだ。それゆえに、この作品は今でも新鮮さを失わない。

・・・なぁんてmorimachiなら言いそうだけれど、ふふん甘いな。マーケティングは貧乏くさい消費社会「論」よりも一枚上手だ。「どんなタイプのダイニング・セットを買えば僕は一人前になれんだろう?」という件のあと、食器棚と冷蔵庫を開けるシーンがある。

0:05:27、食器棚のシーン。ここも字幕が貧弱なので、セリフのニュアンスが伝わらない。私の訳だと・・・

「ちっちゃな気泡入りのゆがんだガラス食器もみんな揃えた。それはクラフトワークの証だ。作り方が、誠実で、真摯で、その土地の者による・・・どこであれ・・・」

っていう感じで、高級ブランドや大量生産品だけなく、マニュファクチュア型の小商いですら「誠実で、真摯で、ご当地の」という仰々しいコピーで偽装され、資本主義に再編されることになる。なぜなら、価値の本質は希少性だからだ。モノがありふれた高度資本主義のもとでは、時代遅れなものこそ、むしろトレンドの最先端だ。そのような機会は、まさに「ちっちゃなバブル(経済)」として、社会のあらゆる局所に存在している。

garasu

これに関して、今、奈良には二つのマーケティングが存在している。

その一つに、80年代的バカバブル脳が周回遅れのマーケティングや自治をやっている連中がいる。外人が関空からJR奈良にきて最初に目にするのは「べんきょう部屋」という名のラブホや「愛媛」を看板に掲げた居酒屋だ。奈良三条通は、奈良の暗黒面を象徴するランドマークだ。道幅を広げ歩行者よりも車を優先にする時代錯誤な商店街、ヤンキーのたまり場になっているゲーセン、神の使いであるはずの鹿の剥製をうれしそうにかざる居酒屋、サイゼリアにガスト・・・JR奈良駅から春日大社に向かう唯一の観光客の通りがこの惨状だ・・・

他方、奈良のダサさを「スローな街」としてベタな盛り上がりを企画している連中がいる。ちょっとしたイベントでも、何よりも地元の人が面白がっている。でもぜんぜん閉鎖的じゃない。場所で言えば、きたまちなんかがそうだ。仕掛け人は奈良出身でない者も多い。大阪とか京都に飽きて、外部から奈良を再発見するんだと思う。

さて、話を戻すと、すげえ食器を揃えた主人公が冷蔵庫を開けると、中は空っぽというオチ。中身が無い、体裁ばかりで、空虚な消費、実態を伴わないライフスタイル。この後、主人公はジャム(?)をナイフですくってベロベロなめます。買った皿を使えよ! 今、僕がはまっているのは包丁コレクションだ」

reizouko

ガラス食器や空っぽの冷蔵庫は小説に登場しない。映画では、まるでCGのような(!)近未来インテリアから、匠の伝統工芸品、そして空っぽの冷蔵庫に至り、ここで主人公の惨めなリアルを映し出す。とてもアイロニカルな描写ですね。アイロニカル? これが? 違うね。『ファイト・クラブ』のアイロニーはそんなんじゃない。冷蔵庫のドアを見よ。

PDVD_015

きっちり表を向いた”MENDOCINO MUSTERD”がカメラに収まっている。もちろんセリフには出てこない。ただ黙って、MENDOCINO MUSTERDがこちらを見つめる。その時間、約1秒。タイラーが子供向けアニメに挿入したポルノ、或いはこの映画自体にしこまれたブラッドピットのおちんちんの1/60秒よりも、長時間の露出だ。消費社会をアイロニカルに風刺したシーンでプロダクト・プレイスメント(商品広告)をやってしまうところに映画『ファイト・クラブ』の真のアイロニーがある。

pills cyan and red Tuinal barbiturate gel capsules AJHD

精読『ファイト・クラブ』その4。

 

ファイト・クラブには睡眠薬とステロイドの薬物の名前がでてきます。

小説版から確認しておこう。

I just wanted to sleep. I wanted little blue Amytal Sodium capsuls, 200-milligram-sized. I wanted red-and-blue Tuinal bullet capsules, lipstick-red Seconals. p. 19

僕はただ眠りたかった。二百ミリグラムサイズのちっちゃな青いアミタールのカプセルが欲しかった。赤と青のツイナールのカプセル、真紅の口紅に似たセコナールが欲しかった。邦訳p. 19

この件は、映画ではシーン0:05:56に対応している。戸田さん、字幕が間違っていますね。「ブルーのツイナール」ではなく「レッドとブルーのツイナール」です。
無題

Amytalは映画に出てこない。これは注射用の商標で、錠剤はAmobarbitalアモバルビタール、イソミタールと呼ばれています。睡眠薬はジェネリック医薬品三昧で何が化学物質名で商標なのかよくわかりません。パテントもころころ譲渡されていく。日本ではアモバルビタールが三晃、イソミタールが日本新薬です。AmytalはMarathon社ですが、これがいつからの権利なのかは、よくわかりません。

TuinalとSeconalは商標で、どちらも実在するものです。これは商品を広告するというより、主人公の薬中のような末期的症状を表現するレトリックですね。当時ちなみにツイナール、セコナールはインドのRanbaxy Laboratories社が権利をもっていたようです。この会社は第一三共の傘下ですが、数年前に巨額損失を出しましたねえ。そして現在ではMarathon社のものですね。巨額損失の穴埋めで売り渡したのかなあ。

これは仮説だけど、1999年の時点で、AmytalがMarathon社のもの、TuinalとSeconalが当時のRanbaxyのものだとすれば、三つ並んだ睡眠薬は競合商品ということになる。作家のパラニュークも知らなかっただろう。もし映画のスポンサーにRanbaxyがついていたとすれば、競合品のAmytalは台詞から外してくれ、となるんじゃないか。

これは深読みだろうか。もし尺の都合で三つの薬品名の内、二つだけを採用するなら「青色のアミタール、赤色のセコナール」のほうがバランスがよいはずだ。まさに戸田さんが間違った訳のように。しかし、実際にはそうならなかったのはなぜだろう。