P5302756

移転したボリクコーヒー@ならまち。

 

あうう、晴天のならまちは灼熱地獄です。日傘か帽子が必須だぞ。ってことで、移転したボリクコーヒーに行ってきました。場所は、こんどう豆腐を目指すのぢゃ。グーグルマップの地図でも、すでに移転先のボリクコーヒーが表示されますね。


冷製ボルシチです。面妖なる色なれど、美味しいジャガイモのスープです。また注文しようと思ふ。

食後には、これがオススメ! ピスタチオのケーキ。その辺のケーキ屋より美味しいぞ。

ちなみに「和」もありなむ。

以前のボリクコーヒーの場所には、NAOTという皮を活かした靴屋さんになってました。男性用も、ありまーす。サンダル欲しいかも。2万円くらい。

IMG_0635

カフェについてのお話@中崎町

 

ちょっと休憩したり、人と話したりホッとしたい時にうってつけのカフェという場所。全国各地にさまざまなカフェがあると思います。

私は学生で、卒業論文はカフェをテーマに書きました。元々カフェというのはベルバラ時代のヨーロッパから始まり、江戸時代に日本にもコーヒーを飲む文化が伝わって、、、とあれこれ書く気はありませんが現代に至ります。駅前にあるスターバックスやドトールのようなチェーン店ももちろん便利で良いのです。しかし個人が経営するカフェの存在こそが、より素敵な街づくりには大事だよって話を長々と綴りました。まあなんとか楽しく書けて良かったのです。

また行きたい!と思える魅力的なカフェが街中にあることで、そこに自然と人が集まり、その街は明るく発展していきます。そのことを検証するために、大阪梅田から徒歩10分足らずの、中崎町という場所を約2年のあいだ取り上げてきました。今ではよく雑誌にも掲載されているし、知っている人は多いかと思います。特に若い女性にはおすすめな、一つの観光スポットになりつつあります。

中崎町には100以上のカフェ、美容院、雑貨屋や古着屋などなど点在しています。レトロな街並みの中あちこちにお店が多数あるのが魅力ですが、ひと昔前は普通に古い住宅地でしかありませんでした。何店か年季の入ってる純喫茶があるにはありますが、、ほんとに少しだけ。
そんな街に、15年前、カヌトンというカフェがオープンされたのが中崎町のカフェブームの始まりであることを現地の人のお話で知りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここ、中崎町のなかでもさらに路地裏にあります。わかりにくーい所にあります。中に入れば、たった一人の女性のオーナーさんがいらっしゃいます。そして、小さなキッチンで素材にこだわったスコーンやシフォンケーキを焼いている香りがしてきます。トップ画のシフォンケーキも、しっとり甘くて美味しいですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カフェだけど、壁にはオーナーさんセレクトの可愛い雑貨が販売されていたり、誰かの絵画の展示会が催されていたりしていてユニークな所です。暖かい雰囲気が素敵な、知っている人は知っている隠れ家的カフェ。

しかし、3月25日で閉店しちゃうんですよね。寂しい。寂しいですが15年もの間お疲れ様でしたという気持ちです。もし、この記事を見て興味を持った方がいらっしゃったならば、閉店までに一度でも足を運んでいただくこと、おすすめいたします。大阪梅田の人混みに疲れた方!中崎町はレトロ〜で落ち着きますよ。と言いたい所ですが、ここも最近人気になってきて人は増えています。笑

今でこそ、たくさん魅力的なお店が集まっている中崎町ですが、その始まりは紛れも無くこのカヌトンによるものでしょう。カヌトンのオープンによって、カフェ事業に興味があった他の若い人たちも次々チャレンジするようになりました。当時、中崎の土地代が安価であったこと、梅田から近いので人が集まりやすいことで気軽にオープンできる条件が揃っていたのです。現在は高くなっちゃってるようですね。

すっかりプライベートでも、ふらっと中崎町へ散歩しに行くことが好きになりました。他にもお気に入りのお店も何軒かできました。これも全てカヌトンさんのおかげです。私が卒論書けたのもね笑

本当に、ありがとうございました!

カヌトン
住所:大阪府大阪市北区中崎3丁目1−12
電話:06-6374-5099

S__3309576

Cafe And~なんば駅近!待ち合わせカフェ~

 

なんば駅で友達と待ち合わせ。

遅刻してくるとのことなので、カフェでまったり待つことにしました。

今回待ち合わせカフェに選んだのは、

『Cafe And』@なんばウォーク2番街(1番街寄り)

(なんばウォークHP: http://walk.osaka-chikagai.jp/shops/detail.php?shopId=13)

~待ち合わせ場所に選んだ理由~

①真っ青な壁面をしているので分かりやすい!

②御堂筋線なんば駅・大阪難波駅近!
地下街なので、雨の日でも地上に出ずに済みます。

fdkjlk

そのままなんばウォークでお買いものもよし

 ③軽食~ご飯まで!パンケーキやカフェ飯がおしゃれ

メニューの一部を紹介します。

S__3309577 S__3309575 S__3309574

モーニング・ランチメニューも充実してますね。

店内で出されるメニュー本は、海外の絵本にそのままメニューの紙を貼り付けたもの。

粋なことしてやがるぜ…

S__3309572S__3309573

このお店の評判(看板?)メニューは、この「ふわふわスフレパンケーキ」(¥1000)。

雑誌のパンケーキ特集にも取り上げられたことがあるとか。おいしそう…

S__3309571

 

④注文すぐに座席で精算♪

注文毎に精算できるので、お会計がもたつかなくていいですね。

食べた後はすぐにお店も出れます。

ご飯メニューが食べたかったので、スフレパンケーキはあえてスルーして

ランチの日替わり十穀米パンケーキ「チョリソーとたまごのピザ風パンケーキ(スープとドリンク付)」(¥1100)を注文。

S__3309570

お昼2時で店内は8割ほどお客さんの混み具合。15分ほどでパンケーキ登場。

シンプルなパンケーキで、「特別おいしい!ほっぺがもげそう♡」

というほどではありませんが普通に美味しかったです。

(そもそも私はパンケーキブームに乗っかってこれなかった女子ですので、

パンケーキに関する食評はよくわかりません。小麦塊の円盤以上でも以下でもないかと…)

サイズも写真で腕時計と比較してみましたが、普通でサイズですが結構お腹いっぱいになりました。

個人的にセットのコンソメスープは美味しすぎてこれだけでご飯3杯いけそうでした。

ホットコーヒーはさらっとしてて、あんまり豆感がなかったので残念。

好みの問題ですが、飲みやすすぎました。

店内はポップな音楽がかかっていて賑やかでした。

窓際の席や入口付近の席を選べば、友人からも見つけてもらいやすいですね。

S__3309589

マクドやスタバなどのチェーン店で待ち合わせもいいですが、

たまにはカフェで優雅に待ち合わせもいいんじゃないでしょうか。

image

大阪堂島で本格紅茶を味わう

 

本日ご紹介するのはこちら。
London Tea Roomさんです。

飲食店なら食べログに任せればいーじゃーん、って自分ルールを曲げて本日はお送りいたします。笑

お名前の通り、こちらは紅茶専門店です。
コーヒーが美味しいお店だとか、純喫茶とかだと何店か思いつくのですが、紅茶の美味しいお店は知らなかったので興味津々で初来店。

まずは場所のご紹介ですー。
本店であるこちらは大阪は堂島にあります。
梅田の繁華街からオフィス街へ向かう入り口みたいなところですかね?
夕方に訪れたのですが、お仕事帰りのサラリーマンやOLさんもチラホラいらっしゃいました。
花金だけどお酒は違うかな~って時には良いくつろぎのスペースなのかもしれません。

北新地の駅からはすぐですし、大阪駅からも歩いて10分そこらなのでアクセスしやすいですね。
雨の日は大阪駅から北新地駅まで地下街を通れば濡れずに行けます。

お店は堂島ビルの地下になります。
少しわかりにくいかもしれませんが、この緑色の看板が目印です。
image
階段を降りていくとイギリスのオモチャかな?英国風の人形たちが迎えてくれます。
image

ロンドンと店名に掲げているだけあって、こんな感じで店内には英国風のインテリアがいっぱいです。

禁煙席に案内していていただいたので、喫煙者の方もお席が用意されているようですよ。
さて、店内の様子はこんな感じです。
image
テーブルごとに席が分かれており、わたしのようなおひとり様でも落ち着いて過ごすことができます。
わたしがスタバを気に食わないところは、
「お茶しながら勉強してるおれ・わたしかっこいいでしょ~~」
みたいな人たちが目に入って落ち着かないところなんですよね~考えすぎでしょうか(笑)
あ、数人で来ても、他の目をはばかることなく会話を楽しめそうですよ(笑)

さてさて、注文を告げると、メニューとは別にこんな冊子を机の上に発見。
image
このお店特製の紅茶のガイドブックみたいです。
一部抜粋でご紹介。
image
image
紅茶とイギリスの関係に始まり、美味しい紅茶の淹れ方や、紅茶の豆知識まで結構ボリューム満点な感じ。
紅茶好きの方はこれだけでも心躍りそうな内容ですね。

さて注文のお品がやってきます。
本日注文したのはシンプルにミルクティーです。
image
少し大きめなカップは、綺麗な模様でほれぼれします。
肝心の紅茶のお味ですが、これまた美味しいんです!
普段ペットボトルで飲む紅茶はなんだったんだと呆然です。
ミルクのコクに、紅茶のしっかりとした味わいがお口に広がってきます。

セットでスコーンも頼んでみました。
素朴な味わいのスコーンにはホイップクリームやジャムで頂きます。
image
スコーンを食べながら、ミルクティーでほっと一息。
一言いいですか。
なんてほっこり幸せなんだ〜!(笑)

スタバもいいですが、たまにはほっこり落ち着いた空間でのんびりもいいですね。

あ、そうそう。
わたしもこのお店を知ったきっかけは こちらのお店のツイッターだったんですが、なんとフォロワー27000人!
もちろん紅茶に関する素敵な情報もたくさん届けてくれるんですが、公式なのにとにかくハイテンションです(笑)
最近NHKやSHARPの企業アカウントがはちゃめちゃで一部話題になってるあれですね
こちらもよかったらチェックしてみてください(笑)

【店舗情報】
〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地2-1-23 JPR堂島ビルB1F
TEL:06-6347-0107 FAX:06-6345-7744
営業時間:月~土7:00~22:00/日曜・祝日7:00~20:00
定休日:年中無休(年末年始を除く)
HP:http://www.london-tearoom.co.jp/

S__41533480

ならまちを目で舌で

 
 
こんにちは、a-chmです。

こないだ初めてならまちを訪れてからすっかりはまってしまい、そして前回は調査不足だったこともあったので、リベンジを兼ねてまたもや立ち寄ってみました。

S__41533494

お久しぶり、しかまろくん(^^)

奈良県在住の友人いわく、せんとくんより人気があるそうな。

奈良県以外の人はこんな可愛いゆるキャラがいることを知っているのでしょうか?ちなみに私は前回来るまで知らなかったです(奈良県の人ごめんなさい)。

でも私もしかまろくんに一票です(笑)

さて、ならまちリベンジ!ということで今回は下調べをしてみました。

すると何やら女子大生が展覧会を開いている模様。内容はというと

S__41541673

ぎゃおす(゜゜)
妖怪です。しかも可愛い方ではなくおどろおどろしい方の。

もともと古典が好きな私はもちろん行ってきました。

S__41533484

S__41533485

場所はこちら、ならまちにある奈良町資料館』さんです。

S__41533482

S__41533483

「妖怪画家の大和撫子展」

入口に看板が出ていました。

館内は撮影禁止なので写真はありませんが、すごく厳かな雰囲気でした。

照明が少しうす暗く、私語もよろしくないので本当に空気が張っているというか圧迫されるというか……しーんとしていて、ふわっとお香の香りが漂っていて、いかにも古都奈良らしいというか。

なかなか言葉では伝えづらい雰囲気です。

そして妖怪の絵も女子大生が描いたとは思えないほどのド迫力でした。

入口に画家さんのプロフィール写真があったのですが、可愛らしい外見からは想像のつかないほどの力強さを感じました。

毛筆が好きな方、妖怪が好きな方、古典が好きな方には特にお勧めしたいです。

そして妖怪の絵だけでなく、小学生や中学生が描いた絵も展示されていたのですが、こちらもまた可愛らしいやら大人っぽいやら。

それぞれ作品の前にコメントノートが設置されていたので、素直に思った感想を書いてきました。

もちろんプラスの意味でのコメントです(笑)

-概 要-
・イベント開催日程
「妖怪画家の大和撫子展」12月6日~12月26日(10時~16時)
【入場無料】
・開館日
年中無休、入場無料
・最寄駅
近鉄奈良駅より徒歩約15分
JR奈良駅より徒歩約20分
・所在地
〒630-8334 奈良県奈良市西新屋町14-2
・連絡先
電話0742-22-5509
FAX 0742-27-5166

夜は友人と待ち合わせをして、美味しいご飯が食べたい!という私のわがままを聞き入れてもらい、カフェに連れてもらいました♪

S__41541687

『mellow cafe』というところです。

S__41541686

入口はわかりにくいのですが、路地の奥にある隠れ家的イタリアンカフェです。おしゃれ~

S__41533491

店内もきれいで、ウッド調な感じが落ち着いた雰囲気を醸し出していて、ゆっくりお喋りをするにはうってつけのお店だな、と思いました。

S__41533493「ボロネーゼのタリアテッレ」(¥980)

S__41533492「クランベリーラッシー」(¥530)

この2つを注文。パスタがもっちもちで美味しい!お肉の量もちょうど良く、本格イタリアンでした。

ラッシーというものを初めて飲んだのですが、飲むヨーグルトって感じです。ヨーグルト大好きな私にとっては最高のデザートでした☆

-概 要-
・営業時間
11:00~23:30(L.O.23:00)
・最寄駅
近鉄奈良駅から徒歩1分
JR大和路線奈良駅から徒歩10分
・所在地
奈良県奈良市小西町1-8 axe unit1F
・連絡先
電話0742-27-9099
FAX 0742-27-9099

「妖怪画家の大和撫子展」の開催が26日までなので、お時間のある方は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、ならまちサンタに出会えるかも……?

S__41541688