そうだ、京都で「花」も「団子」も。

 

皆さんこんにちは。chasobaです。

久しぶりの一日オフ!
朝から晩まで、授業も部活もないなんて、これはどこか遠出しなければもったいない。と、思いまして京都へ行ってまいりました。

嵐山にある竹林のライトアップを見たかったのですが、残念ながら時期ではないと前日に気づくという…笑
急遽行き先を変更しつつ行き当たりばったりな旅をしてきました^^
京都初心者なのでどうしても観光目線になってしまいますが、せっかく行ってきたので書かせて頂きます。お許しください。

まずは、前々から行きたかった錦市場。
烏丸駅からおりたらすぐ近くにあります。
S__42287129

天気が悪かったのですが、屋根もついているので普通に食べ歩きを満喫できました~。
S__42287108

私が食べたのは、
・「こんなもんじゃ」の豆乳ドーナツ
(写真をとるのを忘れるほどのおいしさ!)
・「錦餅つき屋」のみたらし団子
・「田中鶏卵」のだし巻き
(食べ歩きサイズがあるとは。。)
・「寺子屋本舗」のごませんべい
(あつあつでおいしい。)
・「打田漬物 西店」のほかほかまんじゅう
などなど。
他にも試食や試飲をしまくり、
お昼ご飯を食べる前におなかいっぱいに。
スタバで休憩しながら、午後の予定をたてました。
次は平安神宮へ~

東山駅からおりて、しばらく歩くと大きい鳥居がみえてきます。
大きすぎて写真に収めるのに苦労しました、、
S__42287128

う~ん、全体的に空が曇っていたのがとても残念でした…

S__42287126

境内までは無料で入れます!
しかし、せっかくなので有料の神苑まで入ってみました。
神苑に入るのには600円必要です。
S__42287124

紅葉がいい感じでした。
全然混雑などもなかったので、
まったりと紅葉を眺めたい人におすすめです。

歩いて疲れたのでまたまた休憩(笑)
六方屋というお店でお餅を食べ、
ほっこりしました~。
S__42287123

なんとこのお店、となりの人間国宝さんに認定されてました。

そして日が暮れてきたころに、南禅寺へ到着~。
せっかくだからライトアップされた紅葉もみたいよね!というわけで、ここまでやってきました。
雨が結構降り出してきてちゃんとみれるか結構心配していたら、なんと室内から見れる仕様で助かりました。

ででんっ
ライトアップされた紅葉がこちら。
S__42287122

S__42287121

正直、南禅寺に行く予定は特になくて、行き当たりばったりで期待とかしていなかったのでとても感動いたしました。
南禅寺のことなめてました。すいません。

写真にすると安っぽい感じに見えるのが残念です。
生で見たらもっともっと凄かったです!!
ぜひ写真ではなく本物を見に行ってみてください。

ででで、ようやく今回のメインです。
これが見たくてわざわざ京都に行ったといっても過言ではありません。

南禅寺の最寄駅、蹴上駅から二条城前へ。
冒頭の写真をみてお気づきの方もいるのではないでしょうか。
そうです。
私が見たかったのは、アートアクアリウム城です^o^

以前もアートアクアリウムの企画は開催されていたそうなんですが、今は京都の世界遺産登録20周年記念ということで、京都の二条城で行われています。暗闇の中で照らされている金魚たちがなんとも幻想的でした。

S__42287113

S__42287117

S__42287120
プロジェクトマッピングを使った水槽も。

S__42287118
本当に幻想的でうっとりしてしまいます。
時間が合えば、ここの水槽の前で舞を見ることができます。

S__42287111
何も知らずに行ったら、な、なんと最前列のど正面から見れました。ラッキーすぎます。

他にももっとたくさんの水槽があります。
どれも幻想的で素敵なものばかりでした。
でもやっぱり金魚鉢みたいなのが個人的には一番好きですかね~。

アートアクアリウムの凄いところは、これだけたくさんの金魚たちがずっと泳いでいるのに、水槽の水が全く汚れていないところです。
透明な水を維持するのに、私には到底理解できない技術が使われているのでしょう。
ただ金魚を見て終わるのではなく、そういうところにも着目してみるとより一層楽しめるかもしれませんね。

アートアクアリウム城は12月14日(日)まで行われています。気になる方は是非行ってみてください!

京都 世界遺産登録20周年記念 
アートアクアリウム城
~京都・金魚の舞~

◎会期 2014年10月24日(金)-12月14日(日)/会期中 無休
※雨天決行、ただし荒天のため警報が発表された場合などに休止する場合がございます。

◎開催時間 17:00-22:00(最終入場 21:30)
◎会場 元離宮二条城(二の丸御殿中庭、台所前庭、台所)
◎入場料(税込) 当日券:一般 1,500円/子供 1,000円(小学生以下)/3歳以下 無料

お取り寄せもOK!京都長岡京を代表する和菓子屋さん

おはようございます。京都の西南に位置する長岡京をご紹介しているmiyoです。

長岡京って京都駅から電車で12分、大阪梅田から電車で30分なので立地としてはすごくイイんですけど、知名度が低かったり、有名な観光地がなかったり…。どちらかと言えば地味ぃ~な町だと思います。

そこで、今日は長岡京に訪れなくてもOK!そんな和菓子をご紹介したいと思います。

みずは北川の蕨餅をご紹介!

長岡京のうぐいす台に本店を構える和菓子屋のみずは北川。創業20年を超えるお店で、長岡京では誰もが知っている和菓子屋さんだと思います。そんなみずは北川は、蕨餅(きなこ、抹茶、黒糖)やいちご大福はもちろん、若竹、ミセスガラシャ、西山がさねなど、長岡京の地名にちなんだ名前の和菓子も多くあります。冬の期間だけ発売されるいちご大福は大きくて甘く、イチゴと白あんが絶妙に絡んで美味しいですし、天井天鼓は天皇にも献上したお饅頭で、栗がまるまま1個入っている贅沢なお菓子です。

そんなみずは北川は、インターネット販売を行っているので、わざわざ長岡京まで足を運んで頂く必要はありません。今は「父の日」特集なども行っており、贈り物に使うのも良いかも知れませんね。

そんなみずは北川、外観はこんな感じです。

IMG_0902変わった形の建物なので、よく目立っています\(^o^)/

先ほど足を運ばなくても大丈夫だと申しましたが、ご案内しておきますね♪

阪急長岡天神駅を出ると、西に進み「文化センター通り」まで出ます。(長岡天満宮の鳥居が見えてきます♪)そのまま北方向へ歩きます。道なりを進むと、図書館や消防署などが見えてきます。そのまま直進すると、肉のしげくにというお店が見えますので、そのお店の裏(西側)にみずは北川があります。

詳しくは地図をご参照ください。



みずは北川の名物「蕨餅」をご紹介!

IMG_0914

7~8切れ入って税込565円也!ちょっと高めのお値段ですかね~。

家族で食べるとなると2箱必要ですし、そしたら1000円超えますしね。ちょっとお客様が来られる時などに出したい和菓子!って感じ。

中を開けてみると…

IMG_0915

全体にきなこがまぶしてあって、美味しそう\(^o^)/

お味は、甘すぎず上品な味 つるっと食べられるのでこれから夏の季節にも持ってこいですね!

お取り寄せしてみるもよし、本店まで買いに行くもよし!ぜひ一度食べてみて下さい。

みずは北川は長岡天神駅近くのイズミヤにも出店しているので、駅から歩くのは勘弁…(-_-;)という方はそちらを利用してみてはいかがでしょうか?

京都人による京都観光(中編)。

 

(続き)
 
さて、西大路通りに出るが、特に何もない。そもそも、この道を歩いてどこかへ行くという気になれない。京都市内は歩いて散策すべき道と、さっさと次の目的地へジャンプした方が良い場所がある。京都なんだから、歩けばなにかあるに違いないと思うかもしれないが、ないものはない。そんなことをしても、残念な気持ちになるだけだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ということで、私は信号待ちをしていたタクシーに乗り、今宮神社を目指すことにした。北大路通りは観光シーズンでも空いており、ワンメーター+α程度の金額だった。そもそも、今宮神社はタクシー以外では行きにくいし、だからこそ、ここは穴場だとも言える。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

レンタルサイクルでデートというのも、アリかもしれない。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今宮神社は、去年死んだ私ばーちゃんの結婚式場だった。休日の割には人が少ない。これだけで京都っぽい趣がある。今宮は「玉の輿」で有名な神社だけど、ばーちゃんはいろいろ苦労したと思うw 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

保育園のころから、じーちゃんとタクシーで頻繁にここへ来ていた。目的はあぶり餅だ。当時は、じーちゃんは甘いもんが大好きだなーぐらいにしか思っていなかったが、彼にとっても大切な場所だったわけだ。石畳の両サイドに「かざりや」と「いちわ」がある。理由はよく分からないが、じーちゃんは「いちわ」(入って左の方)の店にしか入らなかった。私も理由はないが「いちわ」にしか入らない。おそらく味は同じだと思う。

死ぬ前に何を食べたいと聞かれたら、私はあぶり餅と答えるだろう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

きな粉が焦げた香りに白ミソの甘み。ここでしか味わえない。かつて、死期が迫るじーちゃんにこれを見舞いに持って行ったら「おお、また今宮、いこ、いこ」と泣きながら食べていたっけ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

定休日は水曜。水曜以外の閑散とした平日に行ってみたい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

郷土のうまいもの@近江

 

こんにちは、gooseです。
お正月もあっという間に過ぎ、もう1月も
11日となりました。

これまで私の地元・滋賀県の名所旧跡を
ご紹介してきましたが、今回は
名物食べ物を何点かご紹介したいと
思います。

まずはじめが

ioj

滋賀県・草津市のうばがもちやから
「うばがもち」です。
一口サイズのお餅をこしあんで包んであって
構造としてはちょうど伊勢の赤福と
同じようなものです。
東海道五十三次の五十二番目の宿場町である
草津宿の名物です。
商品付属の説明書きによると、
ある近江の武将が織田信長に滅ぼされた。
その中には3歳になる子どももいたが、
その武将は乳母に後のことをまかせた。
その乳母は郷里の草津で餅を売って
養育費とした。
そして江戸時代となり、
徳川家康の知るところとなり
近松門左衛門や歌川広重、葛飾北斎などの
当時を代表する文化人に取り上げられ、
草津名物として定着した
とのことです。

試食してみたところ、あんこ・お餅ともに
柔らかくて食べやすく、その大きさとも
相まってポイポイと口の中に運んでしまう、
そんな味です。

そしてお次が

rtg

滋賀限定チロルチョコfeat.ひこにゃん
です。
箱がおなじみチロルチョコの形をしていて、
滋賀県で有名な琵琶湖・ビワコオオナマズ・
彦根城が描かれています。
滋賀限定ということと、この絵を見て
何味かと思いますが、中身は普通の
ミルク味チロルチョコです。
無難な味にしてよかったのか、
滋賀県独特の味にしたらよかったのか、
悩めるところですね、、、

そして最後がこちら

gb

鮒ずしです。
鮒ずしを少しでも知っている方なら、
「あ、あれね…」
と苦笑いされたかもしれません。
これの特徴はなんといっても
その臭いです。匂いではありません。
この箱の裏面にも「臭い」
と書かれています。
発酵して作られるものなので、
発酵臭、つんとした臭いです。
私もこの臭いから今まで
食べたことがありませんでしたが、
この記事を書くにあたり少し
つまんでみました。
が、やはりクセのある味で、
私には合いませんでした。
好きな人は好きなんだろうという
味です。

ghnbty

このように子持ちのものが
おいしいらしいです。
食べ方はいろいろあるようで、
スライスしたものをそのまま食べるほかに、
雑炊やお茶漬け、お吸い物などに
使えます。
鮒ずしの味がしみ出て絶妙な味になる
そうです。
以前は各家庭で作られていたそうですが、
手間のかかる作り方、原料となるニゴロブナ
(琵琶湖の固有種)の減少によって
価格が高騰していて、1尾1700円程でした。

ここで紹介した商品は、
すべて冒頭の写真に写っている
三井アウトレットパーク滋賀竜王内にある
「湖の駅 滋賀竜王 おいしやうれしや」
で購入しました。
ここには滋賀県の特産品が
たくさん売られていて、何回か前に
紹介した織田信長ゆかりの和菓子も、
びわいちのお菓子もありました。
他にもお酒や近江牛、ひこにゃんの
ぬいぐるみまで揃っています。
ちなみに、以前ご紹介した琵琶湖大橋の
道の駅内にあるお店もこの系列です。

アウトレットであれば県外の方も
くる機会があるかと思うので、
お買い物ついでにぜひお立ち寄りください。

三井アウトレットパーク滋賀竜王
滋賀県蒲生郡竜王町大字薬師字砂山1178-694

うばがもち
18粒入り750円
チロルチョコ
30個入り840円

京都大原三千院~♬

 

初めまして。こんにちは。
日々自分探しをしている、Venusです。

突然ですが、あなたは日々の暮らしの中にプラスして、何を求めますか?
私は、なんと言っても「癒し」です。
「日々の暮らしの中に、無いのか?」と疑問に思われるかと思いますが、
さらに!というように捉えて頂ければと思います。

グルメに、おしゃれなカフェに、自然に、歴史に…。
日々、何か・どこかで、何気ない小さな「癒し」を見つけては
更新していきたいと思います。

ハロウィンの仮装パーティーや、スポーツや、楽天の優勝..。
今週は日本中が非日常に湧いていましたね。

では、先ず始めに…。
「京都大原三千院~♬ 恋に疲れた女がひとり~♬」
ということで、iPhoneのカメラを片手に、半日ぶらり旅をしてきました。

紅葉の季節の前を先取りし、少し緑が多かったですが見に行ってみましたね。
12:00頃に阪急梅田を出発し、特急電車に乗り河原町駅まで。
京都市営バス河原町駅から、終点大原まで(片道510円)。

手作りお弁当を持って行き、自然を目の前にお弁当を食べようとしたところ…。
「ベンチ?ベンチ…?広場…?無い?無い????」
「無い!!!!!」
三千院の中も飲食禁止…。外もお店がずらっと並び、結局は、三千院の通りに向かって左側の路地を少し上った川に沿ったところにあった「唯一のベンチ」を発見し、そこで食べました。人通りも少なく、秘密にしておきたいような、おススメスポットです。

IMG_7854
お昼ご飯の後は、メインの三千院へ。時刻は15:00。
入館料は700円(一般料金)。本日の参拝時間は17:00まで。
ゆっくり参拝したので、2時間ほどかけて見てちょうどいい感じでした。
参拝後には「みたらし団子(1本200円)」。
どこのお店も17:00には閉まるので、行きたいところには早めに行っておくことをおススメします。

IMG_7849
「わらべ地蔵」や「庭園」、「茶の間」の見学など…。
パノラマ写真や、フィルタ効果を利用し、パシャパシャと撮影すること100枚程。
iPhoneの充電の残量を気にしながら、残り30%で撮ることを終了しました。
帰りは来た道を戻り、ほっこりした気持ちで帰りました。
気温は、少し肌寒く、冷え性の私にはマフラーがあと一枚あると良かったのかな?
というところです。
IMG_7819

阪急河原町駅からバスで40分程離れた所に場所があるなんて!
新しい発見でした。また紅葉が深まると参拝者が増えそうですが、
平日に行ってみてもよさそうですね。