S__3735554-e1423986794519

ニンゲン臭く生きていく~『冒険手帳』拾い読み

 

お腹すいた?じゃあコンビニでも行こうか

眠い?ふかふかのベッドがあるよ~

あっ、水洗トイレとお風呂はあっち。

わからないことはスマホで調べて、遠出するなら車でいっちゃおう~

人間はあまりに綺麗な生活を送るようになっています。

それなりのお金があれば普通に生きていける。

冒険?テレビの中の芸能人ロケを見るだけで充分。汚い、辛い、いりません。

 

そんな現代だからこそ、魅かれるのかもしれませんね。

あえて原始的でニンゲン臭い生き方に。

S__3735554

今回パラ読みしたいのは、

『冒険手帳 火のおこし方から、イカダの組み方まで』

(著)谷口尚規(画)石川球太 、光文社、2005。

↑ 1972年に発売された『冒険手帳』(主婦と生活社)を加筆・修正して文庫化したものだとか。

 

火のおこし方、食べられる動植物、ロープのくくり方、イカダの組み方、水平日時計の作り方、

応急処置の仕方、急な事故への対処法…

どこかで聞いたことのあるような生き抜くためのHOW TOが豊富にまとめられています。

文と画が6:4くらいなのですが、親しみやすい文章で読みやすい。

イラストも一昔前を感じさせて素敵ですね。食べられる動物の紹介も図解でわかりやすい。

S__3735555

他にも、生きていくための工夫の凝らし方を盛りだくさんに紹介してくれるのですが、これがおもしろい!

全部紹介してしまうのは勿体ないので、雰囲気だけ知ってもらうために少しだけピックアップ。

スズメに酒づけの米を食わせて仕留めたり・・・

S__3735556

ガの幼虫から釣り糸をゲットしたり・・・

S__3735566

毎日の快便のために便所を作ったり・・・

S__3735557

動植物を利用した遊びや、クリエイティブな遊びも紹介。

S__3735567

ページを読み進めるにつれ、楽しくなってきます。

現代の生活にも使える(?)かもしれないネタもありますよ。

こういう天気ネタは知っておいて損はない!

S__3735559

事務用のりがやけどに効くとか・・・ほんと?

S__3735560

足の疲れのとり方・・・足裏の擬人化かわええな。

S__3735558

犬との喧嘩の仕方・・・うん?

S__3735561

今の時代を生きていくのに必要ないような知識。

それでも自然と向き合っていたニンゲンの時代の生きる方法や工夫を忘れてしまうのは勿体ない気がします。

こういう本を読んで、少しだけニンゲン臭さを取り戻してみるのも愉快かもしれませんね。

 

http://amzn.to/1EvG3DJ (Amazonで目次等がなか見!検索できます)

S__3383321

1日分の野菜カレー@camp

 

野菜を食べるカレー camp @なんばダイニングメゾン店

健康志向の方や野菜好きの方にぜひおすすめしたい、ヘルシーなカレー屋さんです。

S__3383328

まさか難波の高島屋7階でキャンプ気分できるとは。

東京代々木に本店があるそうです。

S__3383316 S__3383317

コッフェルにザックに・・・こういう店装できたか!!

S__3383320

店内には地図も貼ってあったり、店員さんはハット帽とキャンプ姿だったりと、

アウトドア大好きな私としては胸が熱くなりますね。席がテント内にあれば完璧でした(笑)

S__3383318

今日のお目当てはこの一日分の野菜カレー。

なんでも、13品目の旬野菜350g以上(厚生労働省推奨の一日分の野菜摂取量)が一皿でとれちゃうとか。

選べるルーは3種類。

A.本店伝統オリジナルルー(トマトチキン)
B.タイ風グリーンカレー(ベジタリアン)
C.南インド風辛口ルー NEW!

(メニューの写真を撮り忘れてしまいましたが、他にもBBQカレー(夕方~限定)や大阪のお好み焼き風カレーなど、おもしろくて美味しそうなカレーがあったと思います。ご飯の量や辛さも選べます。お得なサラダセットやドリンクセット、アルコールセットなども!)

今回はAのオリジナルルーでいただきます!

S__3383319

フライパンでルーが沸騰した状態で出てきました。キャンプの出来立て感満載!

スプーンがショベル型なのもかわいい~

S__3383321

・・・にしても野菜、多いですね。

(お店サイト情報によると、茄子、きのこ色々、れんこん、トマト、チェリートマト、カボチャ、パプリカ、ジャガイモ、サツマイモ、キャベツ、玉ねぎ、小松菜…が入っているそうですが、季節によって旬の野菜が入るとか)

新鮮な野菜ばかりで、食感の違うものがゴロゴロ入っているので、ひと口ひと口が楽しいです。

野菜好きには嬉しいですが、あんまりカレーっぽくない印象でした。

ご飯はカレーに合うよう少しパサッとしていて、さらっとしたルーによくなじみます。

ペロリと食べてしまったので、1日分の野菜ってこんなもんかぁ~厚生労働省も無茶言わないもんだなぁ~と思いました。

S__3383323

こんなキャンペーンやスタンプカードなどもあるので、お得に通えそうです。

(なんば店では、ご飯をキャベツの千切りに変えて貰えるという裏メニューもあるそうです。

カレーキャベツ…ヘルシーだけど、やっぱりライスの方が美味しそう!)

外食で不足しがちな野菜を、こんな外食で補うっていうのも正解ですね(←自炊しない人)

ごちそうさまでした。

 

~店舗情報~

・南海難波駅徒歩1分、地下鉄なんば駅・近鉄なんば駅徒歩3分
高島屋7階ダイニングメゾンフロアー

・営業時間は11:00~23:00(不定休日は高島屋に準ずる)

・12席、カウンター有。全席禁煙です。

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27072642/

S__3309580

エリック・サティの世界~絵本・DVD・CD~

 

Erik Alfred Leslie Satie (仏: 1866.05.17~1925.07.01)

サティの音楽を聞いたことがありますか?

彼の名をご存知ない方も、

『ジムノペディ』『ジュ・トゥ・ヴ(あなたが欲しい)』といった楽曲は、

TVCMや映画等で、一度はどこかで耳にされたことがあるかと思われます。

サティは、 音楽界の異端児とされた作曲家です。(といっても、彼は「音響測定家」という謎の職業を自称)

今となっては街で普通にあふれる「BGM」の元祖、『家具の音楽』を作ったのも彼でした。

(当時は音楽は気を引き締めて聴くものであり、聞き流したり無視したりする音楽の聞き方はありえませんでした)

今回紹介したいのは彼の音楽の素晴らしさ・・・というよりも、彼自身の謎めいたセンスです。

死後、彼のアパートからは、古新聞の山金属製の飛行船100本もの黒い蝙蝠傘7年間ほぼ毎日着続けた7着の黒いスーツ葉巻の木箱の中に4000枚のカード(「魔法の城貸します」「赤いポットの宿」「演奏できない楽器(脳で聞く)」等の架空のメモが書いてある)等が発見されました。ちなみに死に際の最期の一言は「牛が・・・!」だったそうです。

そんなサティがどういう人物だったのか、彼についてのおすすめの絵本・DVD・CDを取り上げることで、少しでも知っていただけたらと思います。

(クラシック音楽理論的な難しい話はできないので、そこは割愛させてください。)



≪絵本≫「サティさんはかわりもの」M.T.アンダーソン(文)ペトラ・マザーズ(絵)今江祥智&遠藤育枝(訳). BL出版, 2004.

S__3309580

かわいいサティおじさんが表紙のこの絵本。(なんと今江祥智さんが訳に…!)

漢字も多く、どちらかといえば大人向けの1冊です。

サティの生涯を綴った伝記的な内容ですが、彼の人柄がよくわかります。

カフェ「黒猫亭」では、ピカソコクトーなどの芸術家と交流。

S__3309584

シュザンヌ・ヴァラドンと出会い、生涯にただ一度の恋愛をするのですが・・・。

彼女の恋人とのデートになぜかついて行って、雇った男の子に太鼓を鳴らして先を歩かせたり・・・

S__3358723

演奏指示も独特です。

S__3358725

(他にも、彼は「ピアノの蓋で思いっきり指を挟んでから」「頭を開いて」「歯の痛いナイチンゲールのように」「1個のじゃがいもで自分を引っ掻く」「いいぞ!その調子!」…等、分かるような分からないような表現を用いて奏者に楽譜上でコミュニケーションしたそうです。)

S__3358724

かわいいイラストとサティの言葉が印象的な一冊です。

(Amazon購入:http://amzn.to/18JYTx3


≪DVD≫「エリック・サティの世界~誤解と理解~」エリック・サティ (出演)ジェネオン エンタテインメント, 2008.

S__3309582

このDVDでは、サティの音楽のしらべにのせて

彼の生涯やその音楽の内容をより詳しく解説してくれます。

無題

映像作品的にも見入ってしまうシーンが多くあります。

無題dd

サティ本人映像も!(『本日休演』より)

kho

フランソワ・ピカビアとのバレエ作品(マルセル・デュシャンマン・レイ等、ダダのメンバーも参加)の一部です。

この作品は、背景には370枚もの鏡を用い、振り付けも台本もダンサーの即興、お客さんに向かって大砲ぶっ放したり牛が先頭を歩くお葬式をしたり…とにかくめちゃくちゃだったといいます。

しかも『本日休演』という演目なので、会場に来た人の中には本当に休演と勘違いして帰った人も。

サティはこの演目に関して、このようなことを言っています。

―――「いつになったらすべてを説明するという習慣をやめるのでしょうね。」
(Amazon購入:http://amzn.to/18K7DTZ


≪CD≫「Я・K works satie piano album」ユニバーサルクラシック、1998.

 パスカル・ロジェ、アラン・マークス(演奏) Я・K(プロデュース)

S__3309581

LUNASEA河村隆一さん(Я・k)が総合プロデュースしたこの1枚。

今までサティアルバムをいろいろ聞いてきましたが、一番のお気に入りです。

ジャケット写真、楽曲のピアノ演奏、Я・kさんのエッセイ文章など、シンプルながらもすべてに酔えます。

至福や悲哀をいっぺんに聞けるような・・・サティのアルバムとして一番しっくりきたのです。

S__3309587

代表曲から、マイナー曲まで。

初めてサティを聴く方でもきっと気に入っていただけると思います。

個人的に『貧しき者の夢想』の音と音の間に流れる余韻はここの収録曲が最もうっとりさせてくれます。

ちなみに、世界一長い楽曲としてギネス認定されている『ヴェクサシオン』は収録されていません(笑)

(この曲はサティがいやがらせ目的でつくったもので、同じ不気味なフレーズを840回繰り返すという鬱曲)

 

現代になってその楽曲が評価されるようになったエリック・サティ。

彼の生涯は、彼のこの言葉に集約されているように思います。

S__3309588

ーーー「私はとても古くさい時代にとっても若く生まれて来た・・・。」(E.サティ)

(Amazon購入: http://amzn.to/1Dt0kJm※試聴できます)



私が彼から学んだことは、“「自分」を思うままに表現すること”です。

自分を大切にして、時には無意味なこともしてみる。

想像力と創造力をもって、自分の世界をつくり、そこに住む ということです。

新しいことに茶目っ気を持って挑戦できるのは素敵ですね。

サティが墓地に埋葬されている間、その教会では誰かの結婚式がとりおこなわれていたそうです。

うれし悲しい、そんな音楽。子どもみたいなサティの世界を少しでも知っていただける機会になればと思います。

 

~参考~

「うぬぼれ少女百貨店」http://unubore.michikusa.jp/index.html

「エリック・サティ覚え書」秋山邦晴. 青土社, 1990.

「エリック・サティ」アンヌ・レエ(著)村松潔(訳). 白水社, 2004.

「エリック・サティ詩集」エリック・サティ(著)富保男(訳). 思潮社, 1989.

「こどものためのサティ」エリック・サティ(作)秋山邦晴(訳)立松和平(文)篠崎正喜(絵).評論社, 1990.

S__3309576

Cafe And~なんば駅近!待ち合わせカフェ~

 

なんば駅で友達と待ち合わせ。

遅刻してくるとのことなので、カフェでまったり待つことにしました。

今回待ち合わせカフェに選んだのは、

『Cafe And』@なんばウォーク2番街(1番街寄り)

(なんばウォークHP: http://walk.osaka-chikagai.jp/shops/detail.php?shopId=13)

~待ち合わせ場所に選んだ理由~

①真っ青な壁面をしているので分かりやすい!

②御堂筋線なんば駅・大阪難波駅近!
地下街なので、雨の日でも地上に出ずに済みます。

fdkjlk

そのままなんばウォークでお買いものもよし

 ③軽食~ご飯まで!パンケーキやカフェ飯がおしゃれ

メニューの一部を紹介します。

S__3309577 S__3309575 S__3309574

モーニング・ランチメニューも充実してますね。

店内で出されるメニュー本は、海外の絵本にそのままメニューの紙を貼り付けたもの。

粋なことしてやがるぜ…

S__3309572S__3309573

このお店の評判(看板?)メニューは、この「ふわふわスフレパンケーキ」(¥1000)。

雑誌のパンケーキ特集にも取り上げられたことがあるとか。おいしそう…

S__3309571

 

④注文すぐに座席で精算♪

注文毎に精算できるので、お会計がもたつかなくていいですね。

食べた後はすぐにお店も出れます。

ご飯メニューが食べたかったので、スフレパンケーキはあえてスルーして

ランチの日替わり十穀米パンケーキ「チョリソーとたまごのピザ風パンケーキ(スープとドリンク付)」(¥1100)を注文。

S__3309570

お昼2時で店内は8割ほどお客さんの混み具合。15分ほどでパンケーキ登場。

シンプルなパンケーキで、「特別おいしい!ほっぺがもげそう♡」

というほどではありませんが普通に美味しかったです。

(そもそも私はパンケーキブームに乗っかってこれなかった女子ですので、

パンケーキに関する食評はよくわかりません。小麦塊の円盤以上でも以下でもないかと…)

サイズも写真で腕時計と比較してみましたが、普通でサイズですが結構お腹いっぱいになりました。

個人的にセットのコンソメスープは美味しすぎてこれだけでご飯3杯いけそうでした。

ホットコーヒーはさらっとしてて、あんまり豆感がなかったので残念。

好みの問題ですが、飲みやすすぎました。

店内はポップな音楽がかかっていて賑やかでした。

窓際の席や入口付近の席を選べば、友人からも見つけてもらいやすいですね。

S__3309589

マクドやスタバなどのチェーン店で待ち合わせもいいですが、

たまにはカフェで優雅に待ち合わせもいいんじゃないでしょうか。

S__2629660

鶴橋でプチ韓国気分~平日夕方からのリフレッシュ~

 

この前の水曜日、社会人の友人と久しぶりに会えることに。

仕事終わりの夕方からということで、ご飯だけで別れるのも勿体ないな~と鶴橋でプチ韓国企画立てました。

平日の夕方~でも十分楽しめるぞ!ということで、時系列でレポートしたいと思います。(韓国式サウナ&韓国ビビンバ・冷麺)


18:00 JR鶴橋駅改札集合

すぐ近くにブックオフ(店内が改札とつながっているので有名)もあって、時間潰しや待ち合わせに持ってこいですね。


18:10 『延羽の湯』――都会の中にある“癒し”

日本と韓国の文化を融合させた至高の温泉リゾートです。―――

韓国式サウナ「薬石汗蒸房(やくせきはんじゅんぼう)」が楽しめるということでやってきました!

S__2629665

(鶴橋駅(JR・近鉄・地下鉄)から徒歩7~8分のところにあります。駅から千日前通りに沿って東へ。しばらく行った大きな十字路で看板が見つかるので、それにしたがって奥まったところに入ると到着です。専用駐車場もあるようです)

平日の割に結構にぎわっていました。土日だと混雑してるかも?


18:30 まずは2階のお風呂へ。

思ったより広い!とても綺麗で、シャンプー・リンス・ボディソープ、石鹸も某一般企業のものが取り揃えられていました。(クレンジングと洗顔料はお風呂の外の洗面所にあったような?ただ、化粧水などは見当たらなかった(?)ので、持参する必要がありそうです。)

露天風呂では、ちゃんと草木が茂らせてあって、夜中なのに律儀に小鳥のさえずり効果音も流されていて里山の趣がありました。
ただ、すぐそばに近鉄線が通っているので時々電車の走行音が聞こえ、現実に引き戻されます。
一生懸命屋根で隠しているけど、向かいのパチンコ店のネオン看板もちらりと見えるし、こういうところは鶴橋らしいなって思います(笑)

今回は韓国式サウナ目的で来たので、ちゃちゃっと入って出てしまったのですが、
どうやら熱風蒸釜、塩風呂、美潤蒸屋、アカスリ…など韓国らしい一室もあったようです。後悔~~


19:30 3階の薬石汗蒸房へ。

韓国式着衣式サウナで、いろんな温度、種類の岩盤浴が8つ楽しめます。

休憩室以外はとても静かで、じんわり発汗しながらリラックスできます。

(水分補給は必須なので、ペットボトル水を持ち込むか購入しましょう!)

漫画や雑誌が貸出OK読み放題で、1人分の岩盤浴スペースがあり、寝転んでゴロゴロできて最高でした。

サウナが苦手な人でもこれなら大丈夫。週中の疲れも吹き飛びますよ。

時間が経つのもわすれて2時間も癒されました。

心なしか毒素が抜けて、肌もつるつる、体も軽くなった気がします。

(詳しい効果などは公式HPへ:http://www.nobuta123.co.jp/nobehatsuruhashi/yakuseki/index.html)

最後は2階でもう一度、ひとっ風呂浴びて終了。

※料金はバーコード付のロッカーキーで最後にお支払。私は入泉料(¥850フェイスタオル付)+韓国式着衣サウナ(¥1050バスタオル、フェイスタオル、貸サウナ着付)で合計¥1900でした。


22:30 『冷麺館』――庶民的な韓国料理店です――

せっかく鶴橋に来たのだけど、お風呂上りだし、腹は減ったが、焼肉って気分じゃない

・・・ということでやって韓国の冷麺食べにやって来ました。

(深夜24:00迄の営業で、「延羽の湯」から鶴橋駅に向かう通り道にありました。夜遅くまでやっているのが嬉しいですね!)

S__2629662

「夜の定食」があるのがいいですね!

友人と夜の定食からビビンバ定食AとBを、それぞれ注文しました。

韓国のフリ弁当も気になったけれどまた今度。

弁当振ってご飯ぐっちゃぐちゃにして食べるやつですね。楽しそう・・・!

S__2629659

会社帰りのサラリーマンや、同じ延羽の湯帰りでしょうか、若いお姉さん組がいました。
カタコト日本語の韓国人のお姉さんとお兄さん(料理長さん?)が接客してくれました。

しばらくして、まずはビビンバ定食のビビンバ(写真に写っているのは2人分)と、

セットのスープと、キムチがそれぞれ運ばれてきました。

S__2629660

銀食器!銀のお箸!お~。

ビビンバとキムチは辛すぎず、美味しかったです。野菜もたっぷりで健康的。

もうこれで結構、お腹いっぱいなのですが・・・冷麺!

S__2629655

正直、思ったより多いです。でも、すっきりしたスープと、しゃきしゃきのキュウリと林檎が美味しくってつい食べ過ぎてしまいました。冷麺はなかなか腹に重いですが(笑)

満腹で大満足ですが、小食の人は単品を注文するか、量少なめにお願いした方がよさそうですね。

S__2629661

デザートも充実。胃袋に隙間があれば、これを押し込みたかったのですが・・・無念。

お会計の時に、韓国のガムをいただきました。心づかいがありがたいですね。

※ビビンバ定食¥1200


23:30 解散

ひとり合計¥3000円で韓国気分を存分に楽しめました。

駅近なので、さくっと行って帰ることができます。

同じ3000円で居酒屋宴会コースを頼むのもいいですが、たまにはリラックスできて体も心も喜ぶプチプランを考え決行するのもいいですね。

明日からも頑張ろう!と思えるような、平日夕方からの、まち遊びでした。