石北会計(なぜか変換できない)。

 

SPAの記事にネット上の「意識高い系オヤジ」の記事があったんだけど、負け犬中年雑誌SPAが書くとただの「遠吠え」にしか聞こえないなあ。とりあえずSPAが展開した「意識高い系オヤジ」の類型についてそれぞれ再検討してみた。

Cursor_と_女子に聞いた“ウザい意識高い系オヤジ”の特徴。口癖は「先週、ブログで書いたんだけどさ」___日刊SPA_


◆女子50人に聞いた「意識高い系オヤジ」の特徴

<ネットで持論タイプ>
SNSで中身のない「オレ的社会評論」を長文で書き綴り、フォロワー数や「いいね!」の数を異様に気にする。「先週、ブログで書いたんだけどさ」も口癖
森町:そもそも意識高い系おっさんの問題というよりも、Facebookの社交辞令臭いつながりがうざいだけです。下手にフォローする(される)と、仕事上きれない相手のノーガキにプライベートでもつきあうはめになる。

<リアル説教タイプ>
「今の仕事でいいの?」「今の彼氏でいいの?」などとダメ出しを行う。やがて「俺も若い頃はさ~」などと自らの“武勇伝”にスライドし、気持ちよく語りだす
森町:これも一緒。現在のSNSが公私混同を許しているから「かまっておじさん」にターゲットにされてしまうのです。

<人脈強調タイプ>
「俺は○○にルート持ってるから」などと人脈を誇示するが、そのほとんどは“一度会っただけ”のレベル。「出会いに感謝、ご縁に感謝」など偽善的文言を好むのも特徴
森町:彼らの人脈の真偽は、文字通り彼らのフォロワーを見ればいいわけで、こんな人達は問題にすらならないかな。

<知性粉飾タイプ>
「コンセンサス」「スキルアップ」などの英単語を多用して知的レベルの粉飾を行う。学歴の高低や職歴を問わずまんべんなく分布し、自己啓発セミナーの類いを好む
森町:マスコミ、大学教員、宗教関係に多し。自意識過剰なわりに外国からの評価に無頓着なところが痛々しい。彼らの実像は、外国人観光客や国際市場を意識せざるを得なくなった現代のビジネスマンよりも小者です。早晩、日本の大衆社会崩壊と共に消えていくので問題ないです。

<社会運動家タイプ>
反原発、反レイシズム、LGBT、または街宣など社会運動を行っていることをモテに転用しようとする、運動家にあるまじきタイプ。思想信条は問わない
森町:そもそも群れている時点でモテません。っってゆーか、そんなやついるか? 石田純一以外にw

<男尊女卑タイプ>
自分の年齢を棚に上げ「女は20代まで」「早くしないと売れ残るよ」「女は○○じゃないとダメ」などと女性蔑視思想を開陳。同年代の女性に対しては強く出られない
森町:先の知的粉飾すらできない無教養なおっさんはベタな人生論でからんできます。まあアホなので、ある意味あつかいやすいかもしれません。


 

総じてSNS自体の問題だと思います。実際、私は全くSNSをやらないんですよねー。自腹きってサーバーを借りて、ただただブログでつぶやいていくんですわ。これぞ孤高の思想家の境地なり。ねーねー、かまってー。

Zen_Reaction@Facebook.

 

結局、Facebookには「よくないね」ボタンは実装されないそうで。その代わりに、感情に応じたリアクション・ボタンが登場するらしい。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1510/09/news053.html

Facebook、「いいね!」以外の共感ボタン「Reactions」のテストを開始 「悲しい」や「怒り」など6種類_-_ITmedia_ニュース

yu_reactions

しかしなんだろう、最近のFacebookって迷走しているような。喜怒哀楽を模した「表情」ボタンを設けたとしても、「Sad」や「Angry」は記事そのものの内容に対するものなのか、それともこの記事を書いた本人へのものなのかが曖昧なので、Facebook内の人間関係に思わぬ不協和をもたらしてしまうだろう。

また、ユーザーの身の上を記事の内容にするとき、その内容は謙遜を兼ねた自虐ネタが多いと思う。だが、あなたはこれへの返答は慎重になるべきだ。例えば、私が次のようなツイートをしたとする。

「ダイエットしてるはずなのに3Kg太った!ヤバい!!」

このコメントに対して、あなたの返答は「Haha 笑う」なのか、それとも「Sad 悲しい」なのか? いずれにしても、「笑い」は「上から目線の嘲笑」と解されるかもしれないし、「悲しい」は「マジメな哀れみ」と勘違いされるリスクをはらんでいる。感情を細分化することは、かえってあいまいな「表現のあそび」を失ってしまうのだ。このようなデリケートな謙遜や自虐ネタには、どのようにも解釈できるようなゼロ記号で応じることが適切である。これすなわち、無表情=禅なり。

先のダイエットの話に対して「無表情」で答えた場合、相手はそれを自由に解釈できるだろう。「禅」による「答えないという返答」は「本当にダイエットしてたの?とあきれている」ともとれるし、「ダイエット失敗という無慈悲な結末に対して祈っている=同情している」ようにもとれる。あるいはその両方の含みを持つかもしれない。または、「しるかぼけ(笑)」というスルーを意味しているのかもしれない(本当のスルーは、ボタンすら押さない。しかるにスルーボタンを押すこと自体が「かっこ笑い」を添えた冗談の意味合いを持っている)。

かつて「いいね」が一つしかなかった時代は、慣例としてそういう「表現のあそび」を持っていたのに、Facebookはみすみすそれを手放そうとしているんじゃないかなあ。少なくとも喜怒哀楽の表情を導入するなら、それらを超越した「禅」リアクションも入れるべきだね!

あなたの会社の佐野研二郎。

 

サノケンはなんで炎上したのか?

その主要な背景を並べてみる。

 

・オリンピックという国際舞台での不祥事だった

・その裏で動く巨額の金に利権の闇を垣間見た

・主題が視覚的内容だったので議論しやすかった

・サノケンの笑顔がうさんくさかった

・ウォーリーを探せ・間違い探しのようなゲーム性があった

・オデンブレムのような戯作やスピンアウトを誘発した

・みんな夏休みでヒマだった(STAP細胞騒動は春休み)

 

・・・といったところか。

もう一つ。サノケンというキャラが生理的にムリな人が多いのは、あなたの会社にもああいうヤツがいて、なんかマジメに仕事するのが嫌になっているからじゃないだろーか?

要領の良さばかりを追求してポンポン、表層的なプレゼンを連発して、まぬけな上司にとりいって、まぐれ出世するヤツっているじゃない。でも、そんなヤツらが上層部に占めるとやっぱり会社は傾くし、事実日本企業はそうなりつつある。

サノケンは日本企業のガンの象徴だったと思うね。

この「うちわ→扇子」のパクリがいちばんゾッとした。
bd217d01 www.dotup.org493614

94 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ 9416-E7MU) 2015/09/03(木) 12:24:43.77 ID:EsWuM+PA0

ふたば民が「どうせ扇子でパクるなら口の方じゃなくてさんずいの方を表現すればいいのに」
とか言って作ってたポスターの方がセンスあってワロタ
デザイナーという職業っていったい
hira086717