S__3309576

Cafe And~なんば駅近!待ち合わせカフェ~

 

なんば駅で友達と待ち合わせ。

遅刻してくるとのことなので、カフェでまったり待つことにしました。

今回待ち合わせカフェに選んだのは、

『Cafe And』@なんばウォーク2番街(1番街寄り)

(なんばウォークHP: http://walk.osaka-chikagai.jp/shops/detail.php?shopId=13)

~待ち合わせ場所に選んだ理由~

①真っ青な壁面をしているので分かりやすい!

②御堂筋線なんば駅・大阪難波駅近!
地下街なので、雨の日でも地上に出ずに済みます。

fdkjlk

そのままなんばウォークでお買いものもよし

 ③軽食~ご飯まで!パンケーキやカフェ飯がおしゃれ

メニューの一部を紹介します。

S__3309577 S__3309575 S__3309574

モーニング・ランチメニューも充実してますね。

店内で出されるメニュー本は、海外の絵本にそのままメニューの紙を貼り付けたもの。

粋なことしてやがるぜ…

S__3309572S__3309573

このお店の評判(看板?)メニューは、この「ふわふわスフレパンケーキ」(¥1000)。

雑誌のパンケーキ特集にも取り上げられたことがあるとか。おいしそう…

S__3309571

 

④注文すぐに座席で精算♪

注文毎に精算できるので、お会計がもたつかなくていいですね。

食べた後はすぐにお店も出れます。

ご飯メニューが食べたかったので、スフレパンケーキはあえてスルーして

ランチの日替わり十穀米パンケーキ「チョリソーとたまごのピザ風パンケーキ(スープとドリンク付)」(¥1100)を注文。

S__3309570

お昼2時で店内は8割ほどお客さんの混み具合。15分ほどでパンケーキ登場。

シンプルなパンケーキで、「特別おいしい!ほっぺがもげそう♡」

というほどではありませんが普通に美味しかったです。

(そもそも私はパンケーキブームに乗っかってこれなかった女子ですので、

パンケーキに関する食評はよくわかりません。小麦塊の円盤以上でも以下でもないかと…)

サイズも写真で腕時計と比較してみましたが、普通でサイズですが結構お腹いっぱいになりました。

個人的にセットのコンソメスープは美味しすぎてこれだけでご飯3杯いけそうでした。

ホットコーヒーはさらっとしてて、あんまり豆感がなかったので残念。

好みの問題ですが、飲みやすすぎました。

店内はポップな音楽がかかっていて賑やかでした。

窓際の席や入口付近の席を選べば、友人からも見つけてもらいやすいですね。

S__3309589

マクドやスタバなどのチェーン店で待ち合わせもいいですが、

たまにはカフェで優雅に待ち合わせもいいんじゃないでしょうか。

S__437862461

はじめての京橋でパンケーキ

 

皆さんこんにちは、chasobaです。

今回は地元の駅にあるパンケーキ屋さんを紹介
しようと思ってたんですが、、、
なんと閉店してました。無念。

行こう行こうと思いつつ、
結局一度も中に入りませんでした。
気になっていただけに、ちょっとショックでした。

あまりおしゃれな店がない地元にあった
めずらしい感じのカフェだったんですけど…

というわけで、代わりに
ちょっと前に行った別のパンケーキ屋さん
京橋にある「mog」というお店を
今回紹介したいと思います。

京橋って色々駅があるんですね。
JRに京阪に地下鉄?
ぶっちゃけよくわからなかったので、
とりあえずNAVIに出てきたJRから行きました。

多分初めて京橋に行ったんですが、
とても栄えてるんですね!
梅田程人はいませんでしたが、
お店とかは結構たくさんありました。

私がいつか行きたいと思っているお店もちらほら…
知らなかったのでびっくりしました。

お店まではほぼまっすぐ歩けばいけるので、
最初の方向を間違えさえしなければ大丈夫だと思います。

外装はこんな感じです。

S__43786248

お昼時に行ったので少し並んでました。

この窓からのぞき込むと、
中でパンケーキを作っている様子が見れるので
待機時間も退屈しません^^

内装はこんな感じ。

S__43786247

結構広めな感じでした。
カウンター席もあるのでおひとり様でもまあまあいけそうだと思います。
実際に何人かしていたので。

実は、事前にこれを食べようと決めていってました。
mogのスペシャルパンケーキ。
アイスと生クリームが乗っているシンプルながらもかわいらしくおいしそうな見た目…。

Special.jpg
(HPより画像参照)

これにしよう、と心に決めいていました。

しかし、お店についたらまったく違うパンケーキを頼んでました。
何故だろう…

今回頼んだのは、こちら。

S__43786246

モッツァレラチーズのとろけるオムレツパンケーキです!

見てください、このふわとろオムレツ。

S__43786245

これは一目ぼれしてしまってもしょうがないですよね~。
お惣菜系のパンケーキは食べたことがなかったのですが、
とてもおいしかったです。

生地は結構あまめでしたが、チーズや卵との相性抜群でした。
3枚もあるのでボリューム満点で、
かなりおなかいっぱいになりました。

このお店、本当におしゃれで
お冷のピッチャーにはレモンが入っているし、
お手洗いには爪楊枝、綿棒、あぶらとり紙などが完備されていました。
普通に至れり尽くせりすぎて凄い。

今回はお惣菜系を食べたので、普通に甘い系のも食べてみたくなりました。
次に行く時こそは、スペシャルパンケーキの方を食したいと思います!

【店舗情報】
パンケーキカフェ mog(モグ)京橋店

大阪府大阪市都島区東野田町1丁目5−1
京阪 Kぶらっと

定休日 : 年中無休
営業時間 : 11:00 ~ 22:00 (LO. 21:15)
TEL:06-6352-3877 FAX:06-6352-3878
MAIL:info@cafe-mog.com
設備・サービス:全席禁煙

S__415170671

ふくろうが可愛いカフェpöllö@松屋町

 

皆さんこんにちは、chasobaです。

今回は、たまたま用事で松屋町へ行ったので、
前々から行きたいと思っていたパンケーキ屋さんに寄ってきました。

ふくろうカフェpöllöです!
ふくろうカフェと言ってみましたが、最近はやりのリアルなふくろうさんがいるカフェではありません。
ふくろう印のパンケーキと、かわいいふくろう雑貨が置いてあるふくろう尽くしのカフェです^^

松屋町駅から出て、徒歩3分ほどのところにあります。
お店の外観はこんな感じです。
S__41517064

外にはメニューが書いてある看板も。
S__41517065

お店の中は結構こじんまりしています。
私が行ったときは、16時というおやつ時でもなんでもない微妙すぎる時間だったので空いていましたが、
お昼時だと混んでいるかもしれませんね。

お店のいたるところにふくろうグッズが置いてあります。
S__41517066

席について、さっそくパンケーキを注文!
メニューがこれまた凄く可愛らしかったのですが、残念ながら撮影禁止でした。

ここのパンケーキは基本3枚の生地に(増減可能)2種か3種のトッピングを付けることができます。
本当にたくさんのトッピングがあって困りましたが、最終的にお店のおすすめのトッピングにしました。

私がチョイスしたのは、
オリジナルクリームソース、マカダミアナッツ、バニラアイスです。
S__41517061

ふくろうの焼き印がとっても可愛いんです!
思わずズームでパシャリ。
S__41517063

生地は少し小さめなので3枚でもぺろりと食べちゃえます。ふわっとした薄い生地に病みつきになりそうでした。
ぜひ最初はトッピングをつけずに、生地だけ味わってみてください。十分おいしいです。

クリームソースは甘すぎずとってもなめらかでした。
甘さがもっと欲しいと思ったときは、濃厚なアイスを食べたら絶妙なバランスになります。
これが700円で食べられるなんて、かなりお得だと思いませんか?

食べ終わった後は気になっていた雑貨コーナーへ。
ふくろうモチーフの雑貨がたくさん売ってあります。ピンやゴム、ピアスにネックレス、メモ帳などetc…
雑貨コーナーも撮影禁止だったので残念ながら写真はありません。
ホームページにいくつかのっているので、ぜひご覧ください。

代わりに私が購入したふくろうポシェットをのせておきますね。
S__41517068

カバンやポーチなども売っていたのですが、
すべてビンテージものの布を使った手作りの品で、世界に一つしかないんだそうです。
真剣に選んでいたら、お店の奥さんが色々説明してくれました。

1月にふくろう祭りというイベントがあって、
また新しいふくろう雑貨が入荷したりするそうなので、皆さん行ってみてはどうでしょうか。

私、家の近くにないパンケーキ屋さんは、
基本一回行ったら満足してしまうのですがここにはまた足を運びたいと思いました。
とてもおすすめです!

ちなみに、冒頭の写真はポイントカードです(笑)

★店舗情報★
大阪市中央区神崎町2-18 松田ビル1F
TEL:06-6761-4360
予約不可
営業時間
平日→ 11:00~19:30(L.O 19:00)
土日祝→ 11:00~19:00(L.O 18:00)
定休日:木曜日(月に何度か連休になります)
HP:http://pollo.p2.weblife.me/
facebook:Cafe&zakka pöllö(ポッロ)
twitter:pollo296

$RWEYJEE

絵本カフェ@梅田

 

こんばんわ、ちゃるです。

2回目の投稿ですね。まだまだ不慣れですが温かい目で見守っていただけると喜びます。笑

今回は前回の記事でも予告した絵本カフェをご紹介したいと思います。

前回の記事見てないよ(=^・・^=)という方はぜひ見ていただけると喜びます。笑

『大人にも読んで欲しい絵本の魅力』by ちゃる

はい、宣伝はこれぐらいにしておきましょう。

絵本カフェの紹介ですね!

というわけで、今回は「ぺんねんねねむgreen」にお邪魔しました。

ぺ、ぺぺぺ?ぺんねんねねむです。笑

ランチを食べようということで意気揚々と向ったのはいいものの・・・

地図が読めない私は泣きそうになりながらやっとの思いで辿り着きました(google Mapにお任せすればよかった)。

おなかぺこぺこなのでとりあえずパスタとサンドウィッチを注文

pasuta

トマトソースパスタ

こういうコンセプトカフェは料理の味が劣ると思われがちですが、なかなか美味でした。

サンドイッチ

サンドウィッチ

こちらも具だくさんで美味しかったです。

コーンポタージュが大好きな私にはどちらも嬉しいセットですね。

ちなみにガストのコーンポタージュも濃厚で好きです。

美味しいコーンポタージュが食べられるお店があればぜひ教えてください。

さてさて、メインを紹介する前に店内の様子も載せておきます。

なか

2なか

「きゃーかわいいー♡♡」

なんて言えたらいいのですが、無理でした。練習中です。笑

レトロな感じがとっても可愛いですよね。女の子ならみんな好きだと思います。

世の男性の皆さま、もう一度言います。

女の子ならみんなこのお店は好きだと思います(ただし20代前半までに限る)

ぜひぜひ好きな女の子を連れてきてあげてください。誘うネタにもしやすいと思います。

大変長らくお待たせしました。主役の登場です。

パンケーキ

じゃじーん!!!!!!!!

ぐりとぐらのぱんけーき!

可愛いすぎますね。食べるのがもったいなかったです。

一瞬で完食しました。笑

ふわっふわに焼かれたパンケーキにあまーいバターとメープル、そしてクリーム。

ここは極楽でしょうか・・・

梅田でした。

店内があまり広くないので長居するのは難しいですがおすすめのカフェです。

土日のランチタイムに行かれるのでしたら、開店と同時くらいをお勧めします(それ以降だとかなり混んでくるので)。

あ、そうそう!ちなみにこちらのぺんねんねねむさん、中津にも「ぺんねんねねむHAPPY」というお店があるようです。ぐりとぐらのパンケーキは梅田店にしかないので要注意です。

今回はわりと有名なお店を紹介したので、次回はもう少しマイナーなお店を紹介できたらなと思いいます。

次回ご紹介するお店は20代後半、30代の女性も喜んでいただけると思うので今回の記事にがっかりされた男性の方も期待してください!!

HP:ぺんねんねねむ

image

大人にも読んでほしい、絵本の魅力

はじめまして、ちゃるです!

ゆるーく私の好きなお店やおすすめのものを紹介していきたいなとおもっております。今回は「絵本」について書いていきたいと思います。

え!?絵本!?子どもか!!!!

まぁまぁそんなことおっしゃらずに。笑

子どもの頃よく読んでいた絵本、最近読んでいますか??あーそういえば最近見てないなぁという方が多いのではないかと思います。でも、絵本なんて子どものために作られたものしょ??まぁ確かに小さい子どもでもわかるように易しい言葉と絵で描かれているのが絵本の特徴ですね。でも絵本にも小説やポエムと同じように作者の「伝えたいこと」がたくさんこめられているのです。幼少のころには分からなかった作者の想いや新たな気づきが大人になったいま改めて読むことで発見できるかもしれませんよ♪

そこで、わたしのおすすめの絵本をいくつか紹介したいと思います。

今回は本屋さんですぐ見つかる有名な絵本を紹介するので読んだことがある方も多いかもしれませんが、そんな方にももう一度読んでほしい絵本たちです。

『パパ、お月さまとって!』 エリック・カール

パパお月さまとって

娘の「パパ、お月さまとって!」というお願いに答えて実際にパパがながーいながーいはしごを使ってお月さまを取りに行くお話です。「いや、物理的にも生物学的にも無理やわ!!!」なんてパパは言いません。笑私も小さいころから星が好きだったのでよく手を伸ばしたりしていました。もちろん、星を掴めたことはないですけどね。笑

現実では難しいことでも絵本のなかではできてしまう、そんな現実にはないわくわく感がいっぱい詰まった作品だと思います。

「スイミー」 レオ・レオ二

スイミー

これは名作ですね!小学校の教科書にも載っていました(今は載っていないところもあるようです)。大きな魚に食べられて仲間を失ったスイミーが新たに出会った仲間たちを救うためにみんなと協力して大きな魚に立ち向かうお話です。これはみんなで力を合わせれば何でもできるのだというメッセージを感じ取られがちですが、実は作者の違うメッセージも込められているようです。作者のレオ・レオ二はアメリカでの名声を捨て、故郷に戻りました。自分自身の役割や存在を模索するなかでこの小さい魚のスイミーを自分になぞらえたそうです。この物語はそんな作者の自己発見や自己実現をテーマにしているそうです。

小さな力が大きな力に立ち向かう、勇気がもらえるお話です。

『ミロとまほうのいし』 マーカス・フィスター

ミロとまほうのいし

なんだか写真がまぶしいですね、すみません。

こちらは私が1番好きな絵本です。なぜ好きなのかというと、この絵本は途中で2つに分かれていて「しあわせなおわり」と「かなしいおわり」 の2つのエンディングがあるのです。エンディングが選べるなんて珍しいですよね!内容は海の真ん中にある島に暮らしていたミロというねずみがある日岩の割れ目で綺麗な石を見つけます。その石を欲しがって他のねずみたちもその場所に行きたがるようになります。そこでふたつのお話に分かれます。

小さいころはお話として読んでいたこの絵本も大人になって人間に置き換えて読み返してみると、警告のようにも感じ取れる作品です。

『ぐりとぐら』 中川李枝子・大村百合子

guri

ぐりとぐら=かすてら という感じでしょうか。私の記憶ではパンケーキだった気がしますが、カステラのようです。料理をすることと食べることがすきなぐりとぐらが森で自分たちよりも大きな卵を見つけて悩んだ結果カステラにして森のみんなで食べるお話です。結局誰の卵だったのかは気になるところですが、そのへんのリアルなところはどうか目を伏せてください。笑

大好きなものをお腹いっぱい食べたい!小さいころに思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな子どもの夢がいっぱい詰まった心温まる作品です。

どうでしたか?

懐かしい絵本が出できたのではないでしょうか。

大人になった今でも絵本から学べることはたくさんあると思います。そんな絵本がこれからも子どもたちの夢であり続けられるように、このブログがみなさんと絵本を繋ぐきっかけになればいいなと思います。

次回は絵本がたくさん読める素敵なカフェをご紹介したいと思っています。なんと、そこではぐりとぐらのカステラ(パンケーキ)が食べられます!!では、また次回の記事でお会いしましょう。

下手な文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございました。