1608623_571181486303633_1312828422_n

野球ファン必見!えべっさんと福娘。と、遠山投手?@堺戎神社(Part2)

 

こんにちは。Venusです。
先日「戎神社」について記載しましたが、今年も参拝してきました。
1/9~1/11の3日間。今年も催されていました。
さて、今年は最終日の「残り福」を求めて…。

すると、周辺のお店にて、元阪神タイガースの遠山選手のサイン会が行われていました。

やはり人は多く、本殿へ参拝する際に、行列に並びましたね。(写真)
1608507_571181586303623_338711804_n
1552859_571151162973332_2106617352_n
1553008_571181306303651_1055779082_n

福笹は1本100円で授かり、「3000円で」、「5000円で」と福娘さんにお願いすると、金額に応じて、縁起物を笹につけてもらえます。
古い(去年の)笹は、「古笹納所」へ。

1608714_571180452970403_61955588_n

目安としてですが、縁起物は3000円で5体。5000円で7・8体ぐらいですね。
吉兆・大福帳は基本的につけてもらえ、あとは金の金槌や、鯛、サイコロや色々なものがあります。

また、戎様の御顔のついたものであれば、2800円ぐらいから30000円ぐらいするものまで、ピンキリであります。
そちらにも、縁起物がつけてもれえます。
1544018_571181086303673_501671982_n

◆◇縁起物の意味についてご紹介◇◆
・吉兆:商売に関した縁起の良いものが全てついています。「吉の兆し」から出世していくという意味合いがあります。
・大福帳(御神影):丸めた大福帳の中に戎様の御姿が描かれている。
・福幣:神様にお供えするお幣。
・鯛:めでたい。
・サイコロ:良い目が出ますように。
・的:的に当たる。商売などが的中し繁盛するようにという願いを込めて。
・わらじ守り:交通安全。わらじは昔、旅の必需品であった為。

神社の周辺は、屋台がずらりと並んでいました。
りんご飴を買おうと、周囲の屋台をぶらぶらしていると、物凄い人の量でした。
1528100_571444846277297_190737295_n

中でも、一際目立つ行列を発見しました。(写真は人が少なくなったタイミングを見計らい撮影しました。)

元阪神タイガースの遠山選手のサイン会でした(@大将)。そして、一緒に写真を撮ったり、食事をできるものでした。
外からも少し様子が見えましたね。
ポスターによると、1/11(土)の19:00~21:00の限定のものだったようです。

1533276_571444779610637_1419968362_n
1609007_571444749610640_1590937195_n

野球に疎い私なので、どれほど活躍されていた選手なのかは分かりませんでしたが、後から調べるとすごい選手のようでしたね。
このサイン会は、戎祭りにあやかり、設けられたものかもしれませんが、来年もあるかもしれないですね!野球ファンは必見だと思います!

福娘さんの笑顔と共に、たくさんの福を授かって帰れた気がします。
また来年、皆さんも参拝されてみてはいかがでしょうか?

1483550_566687773419671_1122053235_n

ええとこや”さかい”に寄ってって~!(其の弐)@是枝医院/洋風のお城仕立て

 

新年明けましておめでとうございます。
Venusです。
早くも年が明けて6日目。皆様、いかがお過ごしのことでしょうか?
今年の連休は長く、9連休を満喫された方も多いのではないかと思います。

さて、地域密着型の旅と称し、投稿に参加させて頂いた「NARA NEARBY COMMONS」。
終盤に差し掛かって来たわけですが、毎週1回の更新ということで、同時にネタが尽きてきました。
そこで、母親に相談。
何か、地元に密着したもの、地域独自のものはないかと…。

すると、発見。
灯台下暗しでした。
自宅周辺のものですが、今回は「是定医院」をご紹介したいと思います。

堺と言えば、最近話題になった、「百舌鳥古墳群」。
しかし、『古墳だけじゃないよ、堺!』。
少し歴史を勉強された方であると、茶道裏千家の千利休や、「君死にたまふことなかれ」で有名な女流詩人、与謝野晶子の出身地であることはご存知かと思います。

しかし、今回は「是定医院」。
何それ?聞いたことないよ。という方は多いでしょうか?

さて、「是定医院」とは?
その名も通り、病院です。
私は診て頂いたことはないですが、
内科,外科,消化器科を対象に、現在も診療は行われているそうです。

ここの病院は、一風変わっています。というのも、外観デザインに特徴があります。
初見であると、本当に「洋風のお城」に見えるのです。
1543192_566687280086387_355700393_n

夜になると、少し怖いですね。
コウモリなんて飛んでいると、まるでドラキュラハウスのようにも見えてしまうので、幼い頃は特に怖かったですが、この付近では「お城の病院」と言うと、「あ~!あの病院ね!」と通用するぐらい有名なところです。いわゆる、一種のシンボルのようなものでしょうか。

この建物は、建築に興味を持った医師が西欧の城の写真を参考にしながら図面を描いたものを宮大工が建てたものだそうです。一見すると石造風ですが、実は木造4階建てで、擬石が貼られた外観は4面が同じ立面です。
ドイツの絵葉書のコレクションをしていた医師の是枝近有の設計で、患者の宮大工 村田元蔵が建てたもの。とても昭和6年に建てられたとは思えない建物です。

かつては湘賀池という大きな池の、真ん中に張り出した土地の先端に立っていたそうです(写真)。
1558740_566886280066487_454059046_n

昭和6年頃工事にかかり、3年かけて建てたそうです。
池の周囲は田んぼと仁徳天皇陵などの古墳群、そして民家が点々と建つだけの中でこの木造4階建のひょろ長い洋館はものすごく目立ち、おそらくかなり遠くからでも見えたことが想像できますね。
昭和42年に、池は埋め立てられて、現在は住宅が密集しており、昔の情景は想像のしようがありませんが、洋館だけはそのままで今も建っています。

この建物を、周辺から私なりに観察していると、錯視か何かは分かりませんが、何か歪んで見える気がしました。正面から見ると傾いていないのですが、横側から見ると、前傾姿勢になっているようにも見えたりしました。《五叉路(ごさろ)の影響もあってだとは思いますが。》
1482059_566687253419723_763477934_n
1533354_566149256806856_1597247136_n

また、この建物に使用されている柱ですが、まるでギリシアの「パルテノン神殿」のような、太さの錯視が使われているように感じました。
p1490809_t
1600033_566687636753018_1211116274_n

ここの路地を少し入っていくと、三角公園に辿り着きます。
1544172_566148646806917_1777371483_n
視点を少し変えて、ここの公園からも少し撮影してみました。
このレポートを取りに行ったのはお正月で、人が誰もいなかったので、ブランコの辺りや、滑り台に上って撮影をしてみました。
1490980_566144826807299_1335270021_n

961251_566146183473830_513264632_n

1503741_566146283473820_1160346979_n

地元住民の私からすると、この様な景色(住宅街とお城のような建物が一体化された景色)には、特に違和感を抱くことはなく、見慣れた景色なのですが、これも地域の特色になるのかなと思います。

聞くところによると、池があった当時を偲ぶものはこの洋館以外にもあったそうです。
百舌鳥八幡駅を降りて西へ歩くとすぐ右手に「つり具」の看板がかかった店舗跡があったみたいで。(おそらく、最近の建て替えでなくなったものと思われますが。)これも湘賀池の名残であったのでしょうか。

今、私が住んでいるところも、昔は異なった地形で池があったと考えると、時の流れに思い浸ってしまいました。ここを船で渡っていた人もいたのでしょうかね…。

(詳細)
堺市百舌鳥梅北町にある、是枝医院。
〒591-8031
大阪府堺市北区百舌鳥梅北町4-185
072-252-2636
(予約制)
南海電鉄高野線の百舌鳥八幡駅下車、徒歩約5分。
  建築:昭和6年
  構造:木造4階建
  設計:是枝近有(施主)
  施工:村田元蔵

大山古墳(仁徳天皇陵)からも徒歩で移動できる距離ですし、古墳の散策と共に一度訪れられてみてはいかがでしょうか?

ebisu_0002

ええとこや”さかい”に寄ってって~!(其の壱)@堺戎神社

 

こんにちは。Venusです。
一週間が経つのが早いですね。

Xmasも終わり、記載するネタが切れてきてます…。

さて、今回は「お正月の過ごし方」について書こうと思います。

お正月と言えば、寝正月…?
来年は土日を挟んだ大型休暇なそうな…。
近年は『安・近・短』は、安く近く短く楽しむレジャーを指し、つまり日帰り旅行がお財布にも優しく、人気が出ているそうです。
しかし、来年は『高・遠・長』。長旅を計画されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

レジャーを楽しまれる方も、そうでない方も…。
おせちに、お年玉に、新年のご挨拶。これはてっぱんでしょうか。
あと、忘れてはいけないものは、「初詣」ですよね。

私の地元の堺では、商売人が集う「初詣」のようなものをご紹介したいと思います。

大きな神社で有名なのが、今宮戎神社です。
知名度は低いかもしてませんが、堺にもありますよ!
堺は商売の町として栄えた歴史もある故に、今も尚、残っているものがあるのです。

堺戎神社として、「菅原神社」。
blog_import_529cccbe6b4c7

こちらの神社では、十日戎の1/9~1/11の3日間に戎祭りが模様されます。

その年の福娘の溢れんばかりの笑顔と共に、活気が湧いています。
「商売繁盛、笹持って来い~♫」という掛け声に商売人が集結!!
10時~22時まで堺戎神社にて、福娘が奉仕活動を行い、その時間外はスタッフの男性陣が番をする…。やはり、同じ福を授かるのなら、福娘からもらいたいという方が多いですね~!
寒さをもろともせずに、吹きさらしの中で立ち続ける彼女たち。
若さと、気合いと、笑顔で吹っ飛ばしていますね!
今年も福を授かりに行こうと思います。
422281_397335250354925_777721330_n

たくさんの縁起物と笑顔を授与して頂きに、いかがでしょうか??
「ようお参りを~!」

1484998_560670290688086_1822638824_n

3D・光の国へいらっしゃ~い!お猿とXmas@神戸イルミナージュ

 
 
こんにちは。Venusです。
光と3Dの国に行ってきました!
今回は「神戸イルミナージュ」。
こちらは、前の記事にも記載した「阿部野イルミナージュ」の神戸版です。

このイルミナージュというものは、3都市で開催されているそうで、
「神戸・阿倍野・富士」で開催されるもののようです。(富士は現在行われていないようです。)
1472240_560655264022922_1524458651_n

光のアーチや、3Dイルミネーションがあったりで、綺麗でした。
雰囲気で言うならば、「なばなの里」のような感じでしょうか?(←行ったことがないので、想像でですが…。)
そして、気になる混雑状況ですが、それほど満員ではなく、わりとスイスイ回ることが出来ました。
CMなどでも話題の「3Dイルミネーション」は初めて生で見たのですが、やはりテレビで見るのとは違いますね。
音楽や、躍動感、繊細な光までもが鮮明に見えるので、行って生で見る価値はあると思います。

「3Dイルミネーション」は所要時間は5分くらいでした。

992762_560656100689505_1300228067_n
1533554_560657117356070_1432702737_n
1503720_560656970689418_2088598598_n
1484935_560611840693931_1940596943_n
1484837_560611790693936_1408159470_n
1470580_560654380689677_71664616_n

そして、ここのイルミナージュは、光だけじゃない!!!!
私が推したいものは何といっても、そう。
「お猿さん」です。
何ででしょうかね…。
愛らしい顔に、愛らしいお尻。ふさふさの毛並に、クリッとしたお目目!
全てが可愛いです…。こんなにも可愛いお猿さんが、SHOWをしてくれるのです。

今回は『神戸モンキーズ劇場』が「無料」で見ることが出来ました。
公演案内

本来であると、入場料に大人(中学生以上) 1500円、 小人(3歳以上~小学生) 900円が必要であるそうなのですが、創立20周年を記念して特別に無料提供(平成25年4月1日~平成26年3月31日まで)のようです。←ご祝儀は絶賛受付中でしたが!!
ちなみに、この神戸モンキーズ劇場は、関西初のモンキーパフォーマンスショーを行う常設劇場なのです。全天候型の冷暖房完備。この日の気温は、【最高気温8.8度、最低気温5.6度】とされており、雨も降っていました。なので、ここの劇場は温かくで、温もれました。そして、最大キャパシティは約600名。

さて、ここからが本番!
劇を披露してくれたのは、「いろは」のコンビでした。
実は、私。この「いろは」のコンビに会うのは3回目!!!!
USJに行った際、ユニバーサルシティの駅前で行われていたのを、2度見たことがあったのです。登場前に、司会の方から説明があり、お猿さんの名前を聞いたとき、「あれ?」ってなりました!!
一度会うのは偶然。二度目は奇跡。三度目は運命。そんな気がしました…。

974264_560656394022809_471270355_n

行き方としては、「電車+無料送迎バス」か「車」の方法があります。
無料送迎バスは、最寄り駅の三田まで出ているようです。
私は車で向かいましたが、目安としては、阪急西宮北口から数えて、1時間ぐらいで到着の予定であったのですが。
行きの道でですが、今回も遭遇してしまいました。
そうです。渋滞です。

途中ほとんど、動かなくなってしまったみたいで、私はそんなこともお構いなしに、夢の中ですやすや眠り込んでしまいましたが…。

<詳細>
名称:神戸イルミナージュ
テーマ:希望のHIKARIを神戸から!
会期:平成25年11月1日(金)~平成26年2月2日(日)の94日間毎日開催
点灯時間:17時30分~21時30分まで
会場:神戸市立フルーツ・フラワーパーク園内(神戸市北区大沢町上大沢2150)
※9:00~17:00は別途パーク入園料が必要です。
観覧料:大人(中学生以上)1,000円、小人500円 3歳未満は無料
アクセス:●北摂から車で30分●神戸市内から約40分●姫路市内から約50分
●大阪市内から約60分●京都市内から約70分

まだまだ開催中!お猿さんの劇と共に、いかがでしょうか??

88067

ビリケンさんにも教えたい?混雑回避のXmas夜景@天王寺

 

こんにちは。
Venusです。今年も残すところわずか…。
カウントダウンが始まりましたね。

これまで、
いくつかのXmasの情報を取り上げてきましたが、
改めて「天王寺」について取り上げたいと思います。

さて、街はXmasモードに拍車がかかってきている今…。
いつも付き物なのは…。そう、混雑。
イルミネーションや、寺院のライトアップ、
ショッピングモールにプレゼントの買い出し。
どこへ行っても、人で溢れかえっていますよね。

電車の中での混雑は耐えれても、
行き先での混雑になると耐え兼ねません。
結局は混雑なところが嫌いだけど、
イルミネーションは楽しみたいたという方に、
おススメしたい場所があります。

「天王寺公園ゲート前」。
今回は、ここを取り上げる場所に選びました。
天王寺動物園の前に位置しているこの場所。
「無料で見られるし、結局混雑は避けられないんじゃないの…?」
と思われた方もいらっしゃいますでしょうか。

しかし、大丈夫です。
ポイントは「見る場所」なのです。
近くからではないのです。

選んだのは、そうです。ビルですね。
レストランの中から見てみましょう。
お店は「卵と私」。

tamago

Mioの10Fにあるものです。
席に案内される時、窓側の席が空いてれば、
是非そちらを希望されることをおすすめします。

私がここの場所を見つけたのは偶然でした。
天王寺の駅に着くなり、あまりにもの人の多さに、
人ごみをひたすら避けながらたどり着いた場所が
このお店だったのです。

10Fということもあり、景色はよく、
動物園前のイルミネーションも一望できました。
さらには、JRの電車も見え、
背後には阿倍野ハルカスも大きくそびえ立っていました。

IMG_8227

ご飯は少し少な目でしたが、おいしく頂きました。

IMG_8224

<イルミネーションの詳細>
【点灯場所】天王寺公園ゲート前 このイベント会場の地図を見る
【点灯期間】12/1(日)~12/25(水)
【点灯時間】17:00~23:00
【入場料】※無料
【問い合わせ】080-1525-4587 Welcomingアベノ・天王寺キャンペーン事務局
【URL】「Welcomingあべてん「光の音色」」の関連サイト

【スポット名】天王寺公園ゲート前
【住所】大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1