9

ゑびす男選び@阪大坂:石橋商店街

 

 こんばんは、shieです。
 今回は前に書かせていただいた
 石橋商店街と関連した
 イベントについて紹介したいと
 思います。

 1/12(日)にゑびす男選び@阪大坂
 というものが開催されました。

 このイベントは
 石橋商店街と
 大阪大学経済学部松村ゼミとの
 共同企画による交流イベントで、

 阪大坂下交差点付近から裏門まで
 のきつい登り坂 (阪大坂)を走り、
 優勝者(ゑびす男)を決める
 イベントとなっています。

 私はこのイベントに
 出るぞ!と前日から楽しみに
 していたのですが、
 当日に胃腸風邪にかかってしまい
 悔しくも参加できませんでした。
 そこで、お母さんが
 このイベントに参加したので
 お母さんの話や写真を基に
 書かせていただきます。

 まず、AM7時までに
 エントリーを終え、
 AM7時半からスタートしました。

 スタート時には
 太鼓の音で、
 また、この大きな紙を
 破ってスタートしたようです。

1

2

 そして、この後姿は…?

3

 前に紹介した
 池田市のキャラクター
 ふくまるくん?ちゃん?です。
 (後姿からはどちらかわからない)
 ふくまるくん、ふくまるちゃんも
 参加していたようで。

 そして沿道には応援している人も
 いたそうです。

 また、仮装して
 参加している人たちも。

4

 ゴールし終わると
 炊き出し(豚汁)なども
 用意されていたそうです。

8

 また、キャラクターたちも
 ポーズをとってくれました。
 ふくまるくん。

6

 ふくまるちゃん。

7

 そして、
 ふくまるくん、ふくまるちゃん
 2ショット!

5

 走り終わった後は、
 ゴールした順番に
 順位カードが渡されて、
 その順位カードを使った
 抽選会が行われました。
 景品は、
 商店街で使える商品券や
 商店街のすし屋のすし券や
 パン屋のパン券、
 お菓子やカップラーメンでした。

 商店街が協賛なので
 その地域の人にとっては
 景品が豪華なのも
 嬉しいですね。

 石橋商店街の商売繁盛と
 地域・阪大のよりよい交流
 を目的としているこのイベント、
 地域との距離が近く感じられて
 とてもいいと思いました。

 来年こそは、参加したいです。

photo201

桜塚商店街と原田神社と古墳いっぱい@大阪岡町

 

 

こんばんは、shieです!
今回も前回と引き続き
阪急岡町駅周辺について
書かせていただきます。

前回のブログで
岡町・桜塚商店街を取り上げた際、
岡町駅周辺のMAPを見て
古墳が多いことが
少し気になったので
今回は古墳についてと、
また、商店街の中にある
原田神社について
紹介したいと思います。

阪急岡町の東口を出て、
まずは原田神社へ向かいました。
先に裏参詣道を見つけたのですが
せっかくなので
大鳥居から神社へ入りました。

これが原田神社大鳥居です。
photo2

有形文化財だそうです。
photo1

拝殿です。

photo6

お稲荷さんも。

photo7

原田神社のいわれ。

photo8

また、原田神社大鳥居の近くの
商店街の商店の間に
こんなものがありました。

photo4

実はこれ、この前来たときには
気がつかなかったのです。

photo5

説明を詳しく読んでみると、
この周辺にあるたくさんの古墳
についてのことや、
この地が桜塚と呼ばれた起源は
古墳が関わっていること
が書いてあります。
すごく興味深いです。

そして商店街にあったMAP上の
古墳へ行ってみました。

photo5

まずは御獅子塚古墳、大塚古墳。
岡町駅から約10分程歩くと、
このような道に行き着きました。

photo9

「はにわロード」。
なんどかこの道は通ったことが
あったのですが、
こんな名前がついていたことは
初めて知りました。
はにわっていうぐらいだから
ここらへんにありそう
と思ったら、
ありました!古墳!
右に御獅子塚古墳、
左に大塚古墳が見えました。

なんと御獅子塚古墳は
南桜塚小学校の敷地内に
ありました。
そのため、中には
入れませんでした。
photo10

photo11

photo12

次に大塚古墳。
大塚古墳は
大塚公園という
公園内にありました。
photo13

大塚公園はたくさんの子供たちが
遊んでいて、活気があり、
広い公園でした。

大塚古墳の説明書き。
photo14

そして、階段があり、
上に登れるようになっていました。
photo15

階段を登ると、
中間地点に行きつきました。
そこで上を見上げると
まだ高く登れそう。
photo16

そしてまた階段を登ると、
ざっと広い円形の空間が
広がっていました。

そこから見える眺めに
目が行きました。
なんと、先ほどの
御獅子塚古墳がよく見えます。
photo17
こう見ると古墳の形が
前方後円墳になっていることが
よくわかります。

次に、南天平塚古墳です。
御獅子塚古墳から1分ほど
歩くと、
道路の間に島のように
不思議なものがありました。
これが南天平塚古墳です。
photo18

photo19

そして、最後に
大石塚・小石塚古墳へ。

この古墳は、岡町駅西口を出て、
「この先行き止まり」と
表示されている道に入り
photo21
まっすぐ歩くと、行きつきました。

photo22

photo25

大石塚古墳。
photo26

小石塚古墳。
少し薄暗いのと
落ち葉だらけなので
あまりよくはわかりませんが…
photo29

このように、
大阪の北摂でも
古墳が多く見られるというのは
北摂の意外な見どころでは
ないかと思います。

photo21

大阪北摂で下町を味わう:岡町・桜塚商店街

 

 

今まで阪急宝塚線沿線の紹介を
多くしてきたのですが、
今回も阪急宝塚線沿線です。

その中でも、
今回は阪急岡町駅です!

阪急岡町駅は住宅地のイメージと
豊中市役所や商工会議所など
豊中市の行政中枢の
イメージもある駅です。

そんな岡町駅、東出口を出ると
すぐに商店街となっています。

photo4

行った日が大晦日だったこともあって
シャッターが降りている店も
ちらほらありましたが、
これらのお店の並びを抜けるとすぐに
岡町商店街と書かれた
アーケード街へ行き着きます!

photo3

アーケード街入り口すぐに
岡町駅周辺を紹介した
このようなMAPを発見しました。

photo5

MAPを見たところ
この周辺、古墳がおおいですね!
少し気になった点です。

さあ、商店街に注目していきます。

前に紹介させていただいた
石橋商店街と比べると
岡町商店街は道幅が広いですね。

photo11

通りでは、
看板がユニークと思ったお店や

photo12

店員さんとの距離が近そうな
趣のあるおもちゃ屋さん。

photo2

石橋と同じ下町感溢れる
商店街となっています。

また、お店の並んでいる間に
原田神社の裏参道が!

photo6

ちなみにこれが原田神社の
正面の大鳥居です。

photo20

その近くには、
懐かしさを感じることのできる
駄菓子屋さんがあります。

photo13

途中道が交差している地点があり、
そのすぐに1000円カットのお店が。

photo8

このような新しい感じの
お店もあるんですね。

また、一つ気になったこと。

photo1

このように商店街の中では
自転車は降りて通りましょう
とのことですが、
みんなびゅんびゅん
自転車乗ってました。
ちょっと危ないですね。

そして、ずっとまっすぐ行き、
アーケード街を抜けると、
桜塚商店街と書かれています。

photo9

あれれ?
私が入ったの
岡町商店街じゃなかったっけ?
いつの間に桜塚商店街に??

と混乱したのですが、
最初に発見したMAPを
もう一度見返してみると、
能勢街道が交差して以降は
桜塚商店街という商店街に
実は名前が変わっているみたいです。

まあ、この二つは
岡町・桜塚商店街と一緒に
表されることも多いようですが。

アーケード街を抜けて
まっすぐ歩くと
まだまだ病院、居酒屋など
お店が並んでいます。
また、桜塚商店街にちなんでなのか
街頭も桜モチーフです。可愛い!

photo10

この岡町・桜塚商店街は、
原田神社の参道として
古くから栄えたところ
だそうです。

また次の機会に神社や
古墳についても
訪れてみたいと思います。

photo91

石橋商店街のちょっと違う見どころ!@大阪

 
 
こんばんは!shieです。

先週は石橋商店街について
書かせていただいたのですが、
今回は先週分に+@として
先週では紹介していなかった
商店街や商店街周辺の
ちょっと違った見所を
紹介していきたいと思います。

 

まずは、サンロードを
歩き、見上げると
街灯の近くで見られる
池田市のキャラクター。

おとこのこの、ふくまるくん。
photo5
おんなのこの、ふくまるちゃん。
photo4
まさかの、名前が一緒という…。

次に、ここ。
赤い橋通りの
パチンコ屋さんとお惣菜屋さんの
間に、駐輪場へ行く
細いみちがあるのですが、
その先には、なんと
お地蔵さんが!
photo2
このお地蔵さんについては
どのようないわれなどが
あるのかは調べても
わからなかったのですが、
商店街をふらっと歩いていると
なかなか気づくことのできない
見所です。

また赤い橋商店街、
商店街側から赤い橋へ向かうと
このような「まち角の図書館」
の文字。
photo1
これは何かというと、
その先には、
このような本棚があるのです!
photo3
これは池田市の取り組みで、
まちの人たちの”善意の本”を活用して
無人、無施錠、無料で
自由に取って本を借りたり読んだり
できるんです。
池田市に13カ所あるそうな。

そして、
商店街からは
少し出てしまうのですが
先ほどのお地蔵さんの
一本赤い橋よりの角を曲がると
賑わっている商店街からは
ちょっと雰囲気の違う
居酒屋などが主な
飲食店いっぱいの
裏道になります。

その飲食店を何軒か見ていると
珍しい表示があります。
それは、
「チキンラーメンあります」
の文字。
photo7

photo8

お店でチキンラーメン…??
なんで??
とも思ってしまうのですが、
この理由に、実は
池田市はチキンラーメン発祥の地
なのです。
石橋商店街の中でも
「石橋倶楽部」に加入している
飲食店で、
その地域活性のためにも
チキンラーメンをおくという
取り組みを始めたそうです。

このように、
商店街のメイン通りだけでなく
ちょっと違った部分に
注目して歩くのも
面白いです。

 
 

photo30

大阪北摂で下町を味わう:石橋商店街

 

こんばんは、shieです。

今回は阪急石橋駅を
紹介したいと思います。

阪急石橋駅は阪急宝塚線沿線の駅で
急行・普通の両方と
ラッシュ時限定の
特急日生エクスプレスなども停車し、
梅田駅から約20分で
到着する駅です。

大学、高校の最寄り駅、
それに加えて石橋駅から
阪急箕面線が走っているため
乗り換えに利用される人も
多い駅なので、ラッシュ時は
人いっぱい!そんな駅です。

また、この秋ぐらいから
駅のホームにタリーズコーヒーや
ビアードパパがオープンしました。

photo6

最近ではより駅中の
充実も図っている駅なのです。

しかし、そんな石橋駅といえば、
有名なのが石橋商店街です。

阪急石橋駅を西改札から出ると
もうすでに商店街が見えています。

photo11

初めて来た時は改札を出るときに
下町!商店街!っていう雰囲気が
すごくて戸惑ってしまうぐらいの
驚きを感じたのを覚えています。

これは改札を出た時に
見える景色です。

photo22

ここから
まっすぐの道が「サンロード」
右手の道「赤い橋通り」
左手の道「阪大下通り」
と名前がついています。

まず一つ目に「サンロード」は
松屋やマクドナルド、
マツモトキヨシ、阪急オアシスなど
チェーン店が多い通り
というイメージが私にはあります。

photo8

二つ目、「赤い橋通り」は、
この3つの通りの中でも
下町感がある町並みではないか
と感じられました。

最も下町!っていう雰囲気に
驚かされたのはこちらの銭湯。

photo4

そして、果物屋さん。

photo2

この写真では、商店街の奥の方が
がやがやとしていて
賑わっている様子も見えます。

個人的に印象に残った、
看板が可愛らしい!お店です。

photo23

そして、通りをずっとまっすぐ進むと
赤い橋に行き着くのですが
その赤い橋は箕面川の上
にかかっている橋で、
「みのおがわばし」というそうな。

photo3

photo20

私は、初めてこの橋を見たとき、
「千と千尋の神隠し」に出てくる
橋を連想しました。

三つ目、「阪大下通り」では
和菓子屋さん、ケーキ屋さん
パン屋さんなどなどが並んでいる中、
一番印象に残ったのが、
はなまるマーケット。
洋服、かばんなど
ブティック系のお店です。

photo5

このお店、
お手頃な価格のものが
いっぱいなんです。
値段がどれも赤字で書いてあります!
お客さんがいっぱいで
にぎわっていることも多いです。

写真は雨の日だったので
外に商品を置いては
いなかったのですが
晴れの日ではお店の周りに
いっぱい商品を出しているため
もっと目をひきます。

面白いお店、
初めてなのにどこか懐かしさを
感じるお店も多いのが
石橋商店街の特徴です。

今時よく聞く
シャッター街なんて言葉とは無縁の、
いつ来ても賑わい、
人の多い商店街です。