photo3 3

中山修一先生のこと@長岡京。

 

地元の長岡京市が大好きなmiyoです。

長岡京市ってまぁ地味な場所なんです。ほんとベッドタウンです。

京都駅までJRで12分、京都河原町まで阪急で13分、大阪梅田まで阪急で30分。都会に出やすい田舎です。だって夏にはメダカやホタルを見ることが出来る場所なんですよ。

私はそんな田舎で育ってきたので田舎大好きなわけですが、そもそも長岡京って都だったんですよ?いやー知らない人も多いと思います!

古墳時代→飛鳥時代→奈良時代→平安時代→鎌倉時代・・・・

「いつ、どこで長岡京に都なんてあったん?」そう思うのが当然のこと。でも奈良時代と平安時代の間、784~793年までの10年間、長岡京に都があったのです!

その長岡京発掘に貢献したのがこの方!

photo1 (3)

中山修一先生です。

長岡京市久貝にある中山修一記念館に行ってきました。

入口には、ありました!銅像が!!

photo1 (2)

こんな感じで・・・中に入っていきます。

photo2 (2)

入ってすぐに見えるのはきれいなお庭。立派な赤松が植わっていました。落ち着く空間です♡

中山修一さんは勉強のために使っていた部屋を市に寄付したそうです。

photo3 (3)

中山修一先生はすでにお亡くなりになられていますが、来年が生誕100周年だそうです。

長岡京発掘に尽力された中山先生ですが、なかでも会昌門の地覆石、乙訓寺講堂の根石、再利用した柱、井筒、木簡の発掘は印象に残っている発掘だそうです。

1200年前にあった都を発掘するとか、なんだか意味が分かりませんよね(笑) どういうこと??って感じで、はてなマーク飛びまくりの私でしたが、なかにはガイドの方がいらっしゃるので、分かりやすくご説明頂きました(*^^*) ありがとうございました。

photo4 (1)

 

photo5 (2)

右の地図は中山先生が書かれたものです。実際の地図と合わせて、どこに本殿があったのかなどを解明していったそうです。「蓮池」の跡が見つかったことがターニングポイントとなったようですが、「なんで土の乾き具合で蓮池があったのか分かるの?」って感じで、私はぽかーんという感じでした(笑)

 

長岡京の発掘に興味がある方はいらっしゃらないかも知れませんが(笑)、歴史には、歴史を解明していった人がいるわけで、その方は脚光を浴びることはほとんどありません。ただ、長岡京発掘に尽力し、人生を捧げた「中山修一」という人がいたことを、頭の片隅にでも覚えておいて頂けるといいなと思います。

 

アクセスはこちら。徒歩は厳しいと思うので阪急バスをご利用下さい。

photo1 11

明智光秀の三女ガラシャが嫁いだお城「勝竜寺城」へGO!

大河ドラマの軍師官兵衛では、明智光秀が反旗を翻し、本能寺の変で織田信長が亡くなりました。私は毎週かかさず軍師官兵衛を見ているので、「うわあぁぁ・・・」と思いながらテレビにかぶりついていましたが(笑)、今回はそんな謀反を起こした明智光秀の三女お玉(細川ガラシャ)が嫁いだお城をご案内したいと思います。

さてさて、JR長岡京駅東口を出て南に10分くらい歩いていくと見えてくるのが勝竜寺城です。

photo1 (1)

少し奥なので分かりづらいかも知れません。

この日は休日だったので親子連れや熟年カップル(?)もデートに来ていました\(^o^)/

【勝竜寺城のご説明・・・】

勝竜寺城は細川頼春が1339年に築いたと言われています。お城は京都西南に位置しており、西国街道と久我畷を同時に押さえることが出来る交通の要所にあります。その後、戦国時代に織田信長から勝竜寺城を与えられた細川幽斎が立派なお城にしたと言われています。ただ明智光秀が本能寺の変を起こし、その後山崎合戦(天王山)の際に、勝竜寺城は落城したそうです。

photo2 (1)

入口はこんな感じ。

本丸跡は東西約105m、南北約70mで周囲には堀が作られ、高く土を盛り上げた土塁を巡らせていたと言われています。

photo3 (1)

2階は展示室になっているので当時のものが展示されています(ちなみに無料です)。撮影禁止だったので写真は載せられませんが。

小学生の頃、写生大会のために勝竜寺城を訪れたことがあったのですが、幼かったので石けりをしていたら管理のおじさんに怒られたことを思いだし、何とも懐かしくなりました(笑)詩吟の発表をしたこともあったような・・・(笑)この勝竜寺城は私にとってもいろんな思い出の詰まった場所でもあります\(^o^)/

こんな銅像もあるんですよ!

photo4

細川忠興とその妻である玉(ガラシャ)の銅像です。長岡京市は細川忠興とガラシャの大河ドラマ化を進めていますので、もし数年後に大河ドラマが決まったら、ここ勝竜寺城もにぎやかになるかも知れません。

城内にこんなものまでありました。

photo5

「ガラシャおもかげの水」です!地下水100%の水道水なので美味しいらしいです(笑)

長岡京市にはいくつか地下水100%の水道水を自由に飲める場所がありますので、探してみるのも面白いかも!

ぜひ長岡京市へ立ち寄った際はお越しください\(^o^)/

IMG_0897

学問の神様!受験合格を祈願するなら長岡天満宮でしょ!

こんにちは。長岡京で21年過ごしてきたmiyoです。これまで長岡京にあるカフェレストランや古墳や和菓子屋さんをご紹介してきましたが、長岡京の観光地と言えば、やはり長岡天満宮かなと思います(*^_^*)

長岡天満宮は長岡京駅から西へ約10分、長岡天満宮からは西へ3分ほど歩くと着きます!鳥居が目印です♪

IMG_0887

この日は曇っていたのでちょっと映りが良くないかも知れませんが、長岡京駅、長岡天神駅から大通りを歩いていくと、この鳥居が見えてきます。

長岡天満宮は見返り天神とも言われており、菅原道真公をまつっています。昌泰4年(901年)に道真は左遷されて大宰府に向かう途中、かつて在原業平らと詩歌管弦を楽しんだ長岡京の地に立ち寄って、名残を惜しんだそうです。道真が大宰府に向かうお供をしたのが、乙訓の中小路宗則という人物でしたが、彼は道真が大宰府で亡くなったことを聞くと道真から贈られた木像をご神体としてまつったそうです。それが長岡天満宮の始まりなのです!

長岡天満宮はキリシマツツジで有名で、4月下旬から5月上旬には、濃紅色に色づきますので、春の季節は特にオススメです

境内に入りましょう(*^^*)

IMG_0891

石段をてくてく上っていくと・・・

IMG_0892

鳥居が見えてきました!この鳥居をくぐると・・・

IMG_0895

おおおおおおお!これがナガオカテンマングウなのかあああああ!!

お正月は大行列が出来るものの、普段は静かな境内で、私が行った時にも2~3人いた程度でした。

来年受験を控えている方はもちろん、受験生の子供を持つ親御さん、恋人が受験生の方もお参りに来てみてはいかがでしょうか?学問の神様と言われた菅原道真公を祀っていますので、きっとご利益があるはず★ 

私も高校受験の時にはこの長岡天満宮で合格祈願をしてお守りを買いました!

・・・と、手を合わせているとこんな貼り紙を発見!

IMG_0898

そして見上げてみると・・・

IMG_0901

ツバメが4羽ほどお母さんのツバメを待っていました\(^o^)/可愛いかった\(^o^)/

ちょっと心がほっこりする出来事でした

地図はこちら!

IMG_0886

古墳って興味あります?@長岡京

おはようございます\(^o^)/長岡京のカフェレストランをご紹介しているmiyoです

先日、地元の長岡京を自転車でぷらぷらしていたのですが、今日はその時に出逢った「恵解山古墳」についてお話したいと思います。

私の通っていた中学校のグラウンド(テニスコート)裏には恵解山古墳(いげのやまこふん)と呼ばれる古墳があると言われていました。もちろん、標識にも、恵解山古墳はコチラみたいなのがありました。でも、私はテニス部でもなかったので、恵解山古墳の正体をまったく知りませんでした。まぁ、古墳なんて中学生の私には興味ありませんでしたしね…(゜゜)

なんですが、何年かぶりに中学校の前を自転車で通ったら!

IMG_0879

平成26年10月「国史跡 恵解山古墳 完成予定」なんて書いてあるじゃありませんか!!

ほんとに古墳あったんだ…ぐらいのレベルの私でしたが、私が中学生の頃は鬱蒼としていた場所が、こんなことになっていました。

IMG_0881

おおお!なんか古墳ぽい\(^o^)/みたいな\(^o^)/ 10月に完成予定なので入ることは出来ませんでしたが…。

IMG_0883

なんだか小学校の歴史で習った古墳時代がキレイになった感じですよね。笑

 

ちなみに恵解山古墳とは、今から約1600年前の古墳時代に造られた前方後円墳で、大きさは全長128m、後円部の直径は78m、前方部の幅は76mで、乙訓地域では最大の規模を誇る前方後円墳だったと言われているそうです。乙訓を支配していた実力者のお墓のようです。

古墳好きな人って少ないかも知れませんが、完成したら一度行ってみたいな~と思います

古墳に興味がある方はぜひ行ってみて下さい\(^o^)/そして感想を私に教えて下さい(笑)

 

 

場所はこちら

 

IMG_0904

お取り寄せもOK!京都長岡京を代表する和菓子屋さん

おはようございます。京都の西南に位置する長岡京をご紹介しているmiyoです。

長岡京って京都駅から電車で12分、大阪梅田から電車で30分なので立地としてはすごくイイんですけど、知名度が低かったり、有名な観光地がなかったり…。どちらかと言えば地味ぃ~な町だと思います。

そこで、今日は長岡京に訪れなくてもOK!そんな和菓子をご紹介したいと思います。

みずは北川の蕨餅をご紹介!

長岡京のうぐいす台に本店を構える和菓子屋のみずは北川。創業20年を超えるお店で、長岡京では誰もが知っている和菓子屋さんだと思います。そんなみずは北川は、蕨餅(きなこ、抹茶、黒糖)やいちご大福はもちろん、若竹、ミセスガラシャ、西山がさねなど、長岡京の地名にちなんだ名前の和菓子も多くあります。冬の期間だけ発売されるいちご大福は大きくて甘く、イチゴと白あんが絶妙に絡んで美味しいですし、天井天鼓は天皇にも献上したお饅頭で、栗がまるまま1個入っている贅沢なお菓子です。

そんなみずは北川は、インターネット販売を行っているので、わざわざ長岡京まで足を運んで頂く必要はありません。今は「父の日」特集なども行っており、贈り物に使うのも良いかも知れませんね。

そんなみずは北川、外観はこんな感じです。

IMG_0902変わった形の建物なので、よく目立っています\(^o^)/

先ほど足を運ばなくても大丈夫だと申しましたが、ご案内しておきますね♪

阪急長岡天神駅を出ると、西に進み「文化センター通り」まで出ます。(長岡天満宮の鳥居が見えてきます♪)そのまま北方向へ歩きます。道なりを進むと、図書館や消防署などが見えてきます。そのまま直進すると、肉のしげくにというお店が見えますので、そのお店の裏(西側)にみずは北川があります。

詳しくは地図をご参照ください。



みずは北川の名物「蕨餅」をご紹介!

IMG_0914

7~8切れ入って税込565円也!ちょっと高めのお値段ですかね~。

家族で食べるとなると2箱必要ですし、そしたら1000円超えますしね。ちょっとお客様が来られる時などに出したい和菓子!って感じ。

中を開けてみると…

IMG_0915

全体にきなこがまぶしてあって、美味しそう\(^o^)/

お味は、甘すぎず上品な味 つるっと食べられるのでこれから夏の季節にも持ってこいですね!

お取り寄せしてみるもよし、本店まで買いに行くもよし!ぜひ一度食べてみて下さい。

みずは北川は長岡天神駅近くのイズミヤにも出店しているので、駅から歩くのは勘弁…(-_-;)という方はそちらを利用してみてはいかがでしょうか?